« 登山:対馬竜良山 | Main | 登山:賤ヶ岳@滋賀県長浜市 »

May 06, 2019

対馬の神社

 日本の神社は古来は神々の宿る地を信仰の対象として、それ全体を「神社」として敬っていたのだけど、時代が経るにつれて、神道の洗練化とともに、今ある鳥居、参道、拝殿、本殿を持つ、一般的な「神社」となっていった。
 対馬の神社も、一応は鳥居、参道、社殿を持つ形が多かったけど、しかしなお古来のアニミズムを伝える、その空間全体が厳かさを持つ、そういう神社がまだ残されていた。
 対馬を訪れたさい、対馬の代表的な神社をいくつか行ってみたので、それらを紹介。

【多久頭魂神社】

41

42

 これは豆酘の多久頭魂神社。
 対馬特有の神である、多久頭神を祀る神社であり、のちに対馬の天道信仰と結びついて、近くに聳える竜良山を御神体とした遥拝所となっていた。だから初期には神殿を持たない神社であった。
 この神社一帯は自然が多く残されており、特に御神木である大樟が神秘的かつ荘厳な印象を与える。

【天道多久頭魂神社】

31

32

 多久頭魂神社は上対馬にもあり、朝鮮半島に正対する国境の要衝の地にある。
 この神社は神殿を持たず、御神体はやはり奥に聳える天道山であり、その遥拝所となっている。
 そして対馬特有の石積の塔が独特の雰囲気を醸し出している。これは結界との仕切りを意味するもので、この先が神域となる。

【和多都美神社】

11watatumi

12watatsumi

 海に囲まれた島である対馬には、当然海の神様を祀る神社がいくつかあり、そのなかで最も有名なのが和多都美神社。海神である豊玉彦尊がこの地に宮殿を造ったことに由来する伝説を持つ。
 海に立つ二つの鳥居は、本殿への水路の道を示すようでもあり、この神社が竜宮城を連想させる、と言われている。

【海神神社】

21

22

 先の和多都美神社と同じ流れを引く、豊玉姫命を祭神とする神社。長い石段を登って行き、ようやく神殿に到る。
 古い歴史を持つ神社であり、この一帯は聖域視されていて、自然林がよく保護されており、その自然と古い建物が相まって、荘厳な雰囲気を感じとることができる。
 この神社は、韓国人グループに仏像を盗まれ、それがいまだに返ってこないことでも有名になってしまった。

 

 対馬の神社には古代神道の雰囲気がまだ濃厚に残っているところが多く、そのため神社研究家、あるいは神社マニアがよく訪れるそうだ。あるマニアは毎年訪れて神社ばかり訪ね歩いているそうで、「このような土地は他にはない」と絶賛していたそうである。
 その話を聞いたときは、話半分に聞いていたが、いざ自分で訪れてみると、たしかにそれもよく分かる、そういう魅力のある神社ばかりであった。

|

« 登山:対馬竜良山 | Main | 登山:賤ヶ岳@滋賀県長浜市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 登山:対馬竜良山 | Main | 登山:賤ヶ岳@滋賀県長浜市 »