« 歌劇:タンホイザー@香港芸術節2019年 | Main | 広東料理:龍景軒@香港中環 »

March 01, 2019

潮州料理:創発@九龍城

 かつての魔窟、現在もあやしい雰囲気を残している街、九龍城にある潮州料理の名店。尖沙咀でタクシーの運転手に店の名前を告げると、あっさりと店まで行けたので、地元でもけっこう有名な店と思われる。
 有名店であれど、店の外観と中は、もっぱら地元民の使う中華大衆食堂という感じであり、知らないとまず訪れない店ではある。

【創発】
2front

 店の前には、潮州料理のシンボルである生鮮魚介類の水槽。
 客はこれらの素材を選んで、料理してもらうことが可能である。

【店内】
4table_2

 店内入ってすぐには、このように料理が並べられている。これらは温めるだけで、すぐにテーブルに運んでくることができる。

【店内】
1menu

 店内にはこのようにずらりとメニューが書かれてある。
 中華料理の特徴として、これらは一品だけで4~6人前はあるので、本場の中華料理を食べに行くときは、人数をそろえて行く必要がある。そうでないと、一皿だけで満腹、ということになってしまう。

【鶏のスープ】
0

 いろいろなメニューを頼んだけど、最初に出て来たスープでみな感嘆。
 鶏の出汁は濃厚なのに、くどくなく、旨さだけを取り出したような感じのもので、この店の料理の技術の高さがよくわかった。
 なかの具材の、茸、野菜、それにフカヒレも上質なもの。

【料理】
3shrimp

5

6chiken

7

8liver

 頼んだ料理をずらずらと。
 巨大蝦蛄の唐揚げは、蝦蛄そのもの自体が見事。鶏肉は無駄な味付けを抑え、鶏の味そのもので勝負している。鵞鳥の肝はまったく臭みやえぐみがなく、とても上品な味に仕上げている。貝と野菜のスープ、豚肉ローストも素材の味重視の立派なもの。
 どれも美味であったが、ただ料理によっては日本人にとっては塩味が強めなものがあり、その手のものが苦手な人にはちょっと困るかも。

 この店は前評判通り、潮州料理の名店であって、まだまだ注文できていないメニューがたくさんあることから、ぜひともまた来てみたい。

|

« 歌劇:タンホイザー@香港芸術節2019年 | Main | 広東料理:龍景軒@香港中環 »

香港」カテゴリの記事

中華料理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 潮州料理:創発@九龍城:

« 歌劇:タンホイザー@香港芸術節2019年 | Main | 広東料理:龍景軒@香港中環 »