« 台湾料理:麗白@小倉 | Main | 登山:泉水山~黒岩山@九重 »

March 23, 2019

マンサクを見に九重佐渡窪へ

 九州の山では主な花の咲くのは、福寿草→マンサク→馬酔木→ミツバツツジ→アケボノツツジといった順であり、3月中旬からはマンサクの順番である。
 それでマンサクの群生地のある九重の佐渡窪へと行ってみることにした。ただ佐渡窪にだけ行ってもしかたないので、鳴子山経由で佐渡窪を訪れることにしてみた。

【一番水登山口】

1start-point

  一番水登山口、駐車場はほぼ満車である。やはりマンサク目当ての人が多いのか?
 正面に見える鳴子山は山頂には雲がかかっていて、全体は見えない。

【四千本桜】

2cherry-basin

 このルート上の名物、くたみわかれの四千本桜は、まだ蕾もつけていない。

【登山口】

3to-naruko

 四千本桜が終わってしばらく歩いたのち、鳴子山への登山口がある。トラロープが張っているけど、進入禁止というわけではない。

【稜線】

4ridge

 急傾斜の尾根をのぼりつめると稜線にと出る。すると風が強く、その風がたいへん冷たい。暖冬のシーズンだけど、本日九重の上空には寒気団が到来していたらしい。

【鳴子山山頂】

5summit

 冷たい風とともに粉雪も降るような、冬に逆戻りしたような天候のなか、鳴子山山頂に到着。寒い。

【山頂から】

6mountains

 鳴子山山頂からの見晴らしは良好。稲星山、白口岳、中岳、九重の秀峰が見渡せる。

【稲星山】

7inahosi

 稲星山まで来ると、標高もそれなりにあるので、霧氷を見ることができた。

【鉾立峠へ】

8rime-tree 

 稲星山から白口岳に行き、それから鉾立峠へ向かって高度を下げて行く。この山腹も霧氷が見事であった。

【大船山】

9taisen

 東方向はずっとガスがかかっていて展望がよくなかったけど、午後になってようやくガスが晴れ、本日初めて大船山の姿を見ることができた。

【鉾立峠】

11hoko-pass

 九重交通の要所、鉾立峠。下りてきた方向を振り返れば、高くそびえる白口岳の姿が見える。

【マンサク@佐渡窪】

121-flower

123

124

 鉾立峠から佐渡窪へはすぐに到着する。
 マンサクは佐渡窪では時期を過ぎていたようだが、山腹の高いところにあるものはちょうど時期のようであった。

【マンサク】

122

 マンサクは高い樹で、そしてその高いところに花をつけるので、近くで見ることはなかなかできない。そのなか、近接して見られたものを撮影。この花、「山の錦糸卵」とも呼ばれているけど、まさにそういう形である。

【登山道】

13southerneast-ridge

 佐渡窪からは鍋割峠を越えて下山。
 その途中、大船南西尾根への入り口が進入禁止になっていた。九重は崩れやすい山なので、環境保護のため、どんどんと登山道が閉鎖されていて、それによってルートの取り方が単調になってしまってきている。まあ、しかたないのだけど。

【鳴子山登山口】

14-vanished-rope

 鳴子山登山口、行きはトラロープが張られていたけど、帰りには撤去されていた。

【一番水登山口】

15look-back

 スタート地点に到着。出発時は雲にかくれていた鳴子山山頂は、いまはすっきりと晴れた青空のもと、その形良い姿を見せていた。

 ……………………………

Photo_2

 

|

« 台湾料理:麗白@小倉 | Main | 登山:泉水山~黒岩山@九重 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 台湾料理:麗白@小倉 | Main | 登山:泉水山~黒岩山@九重 »