« 映画:エリック・クラプトンー12小節の人生ー | Main | 香港 音楽と食の旅 »

February 23, 2019

早春の行縢山 南面崖下コース

1view

 2月というのに気温は高くなる一方で、山々に雪は期待できない。
 もう早春といってよい気候になり、そうなると例年よりも花の咲くのが早くなっている。
 それでは好天の休日、花を観に山に登ってみよう。

 近場の山では、行縢山の山麓に椿の群生があるので、それを目当てに登山。

【南面崖下コースへ】
2cross

 雄岳への正規登山道は造成林が多いので、雑木林のなかを行く南面崖下コースを行く。このコース、以前は台風による落石で通行止めになっていたけど、今は復旧されている。

【登山道】
3way

 崖下コースは名前の通り、行縢山名物の屏風のような崖に沿って高度を上げて行く、分かりやすいコースである。 ただし、道自体はけっこう荒れている。

【椿の落花】
4camellia

 椿目当ての登山であったが、もう時期は過ぎていたようで、花がいっぱい散っていた。

【椿の花】
5flower

 それでも幾輪かは枝に残っていた。

【椿】
6camellia_tree

 まともな椿の樹を探しているうち、行縢神社からの雄岳直登コースに一本まだ花を多く付けている樹を見つけ、崖下コースを外れ、しばし尾根を下った。
 この登山道、踏み跡はほとんどなく、もはや廃道になっているようであった。

【山頂】
7summit

 花をつけた椿の樹を見たことに満足し、それから山頂。いい眺めである。

【渡渉部】
8brigde

 下山は正規道で。
 この道、一ヶ所渡渉部があるが、いつのまにか丸太の橋がかけられていた。

【行縢の滝】
9fall

 行縢山にはいろいろ名物があるが、そのうちの一つが行縢の滝。梅雨時に来ると、流れに迫力がある。

【舞野神社】
10shrine

101_shrine

 行縢山の近くにある舞野神社は、ちょうど菜の花の旬であった。
 菜の花に鳥居が埋もれる姿は、なかなか趣がある。

 今日は椿を目当ての登山であったが、菜の花のほうが印象的であった。

 ……………………………

Mukabaki1902

|

« 映画:エリック・クラプトンー12小節の人生ー | Main | 香港 音楽と食の旅 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 早春の行縢山 南面崖下コース:

« 映画:エリック・クラプトンー12小節の人生ー | Main | 香港 音楽と食の旅 »