« イタリア料理:ラ ピッコラ ポエズィーア La piccola poesia@鹿児島市 | Main | 紅葉登山:竜門峡ダム~後黒髪山~黒髪山~竜門峡ダム »

November 18, 2018

紅葉巡り:蘭牟田池外輪山@薩摩川内

 鹿児島の紅葉の名所、蘭牟田池。
 この池は火口湖であり、火口である池をぐるりと外輪山が取り囲んでいる。
 紅葉を愛でながら、その山を歩いてみることにしよう。

【案内図】
9

 このように、池を6つの山が囲んでいる。一番高い片城山で標高508mであり、いずれも低山であるが、登山道はそれなりの高低差を持っているので、6つ全て登るとかなりの獲得標高となる。

【飯盛山登山口】
0

1_2

 ルートは時計周り、反時計周りどちらでもいいのだが、飯盛山はこれのみ独立峰みたいになっているので、最初に片づけておこう。
 飯盛山の登山道は案内図に載っている自然歩道とは異なっており、登山口は知らないと見つけられない。
 上の図の赤印をつけているあたりが登山口であるが、ここへの道はないので、斜面を適当に歩いてたどりつく。

【飯盛山山頂】
2_2

 急傾斜の道を、150mほどの高さを登り、飯盛山山頂に到着。
 飯盛山は蘭牟田富士の別名を持つ、円錐形の美しい山なのだが、この山からは当然見られない。
 向かいに見える山、竜石から、この山を見るのを楽しみにしておこう。

【紅葉】
3_2

 飯盛山~愛宕山にはカエデが植樹されており、光を透かしてみると、万華鏡みたいできれいである。

【登山道】
4_2

 飯盛山を離れると、カエデは少なくなり、登山道は自然林や杉林となる。

【飯盛山風景】
50

 外輪山の登山道は林のなかなので展望は利かないが、ときおり林の切れたところがあり、そこから蘭牟田富士と蘭牟田池を望むことができる。
 蘭牟田富士の姿もよいが、それが池に写る逆さ富士もまたいいものである。

【竜石山頂】
5_2

 外輪山で最も展望のよい竜石山頂。
 ここには遠目にも目立つ「竜石」という巨岩があり、蘭牟田富士、蘭牟田池とともに独特の風景を形成している。

【愛宕山山頂】
6_2

 6つの山の終点、愛宕山に到着。
 「愛宕山」という名前の山は、日本中たくさんあるけど、だいたいは京都の愛宕神社と関連あるものである。
 だから山頂にある、この小さな祠は、たぶん愛宕神社。

【蘭牟田池自然公園】
7_3

71

72

73

 外輪山登山を終え、それから紅葉の名所の本丸である蘭牟田池自然公園に寄ってみる。
 カエデの染まり具合は5分といったところだったのに対して、湖畔のメタセコイヤはほぼピークを迎え、美しいたたずまいであった。
 このメタセコイヤの奥に見えるリゾートホテル。設備はまだ新しいけど、まったく人の気配がなかったので不思議に思っていたが、あとで調べると今年の春に廃業になっていたのであった。

【蘭牟田温泉】
8

 登山のあとは、温泉ですっきりしよう。
 蘭牟田池の近くにある、蘭牟田温泉「下ノ湯」は、おもに地元の人たちに使われている共同浴場であり、入浴料150円という安さ。
 湯は蛇口から滔々と弱アルカリの柔らかいお湯が流れる、源泉かけ流しの、極上の湯。
 山あり、池あり、花あり、紅葉あり、そして温泉あり。蘭牟田、いいところだなあ。

 ………………………………

Photo


|

« イタリア料理:ラ ピッコラ ポエズィーア La piccola poesia@鹿児島市 | Main | 紅葉登山:竜門峡ダム~後黒髪山~黒髪山~竜門峡ダム »

温泉」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/67405024

Listed below are links to weblogs that reference 紅葉巡り:蘭牟田池外輪山@薩摩川内:

« イタリア料理:ラ ピッコラ ポエズィーア La piccola poesia@鹿児島市 | Main | 紅葉登山:竜門峡ダム~後黒髪山~黒髪山~竜門峡ダム »