« 登山:九千部岳のヤマボウシ@雲仙 | Main | 音楽:N響宮崎公演 »

June 17, 2018

登山:今年最後のミヤマキリシマ@扇ヶ鼻

 ミヤマキリシマの時期は梅雨と重なっているので、週末登山できる日は限られていることが多いけど、今年は梅雨入りしたのち、週末のみ天気が良いことが続き、運よく毎週のように登山ができた。
 そしてミヤマキリシマも最終章の、6月中旬の日曜日も晴れの予報であったので、名残のミヤマキリシマを見に九重へと行った。

 向かう山は、3週前に来て、蕾ばかりで残念な思いをした扇ヶ鼻とした。

【扇ヶ鼻と肥前ヶ城】
1

 牧ノ戸からの登山道からは、九重南側の二峰、扇ヶ鼻と肥前ヶ城は、どこが山なのかさっぱり分からないけれど、赤川登山口から登ると、特徴ある形の山であることが分かる。
 で、肝心のミヤマキリシマは、ほとんど見えず南面のミヤマキリシマは既に終わったようである。

【扇ヶ鼻】
2

3

4

 登山口から600mほどの高さを登り、扇ヶ鼻山頂に到着。
 ここでのミヤマキリシマの群落は、盛りはとっくに過ぎていたが、それでもまだ美しさを保っていた。


【星生山】
5

 扇ヶ鼻からは、西千里浜に下りて久住山を目指す。
 そこから見える星生山は、山頂付近のミヤマキリシマがちょうど時期のようで、この界隈のミヤマキリシマが今回一番美しかった。

【西千里浜から】
6

 本日は雲の流れが早く、久住はガスに覆われては、また払われていく、といった感じであった。
 そのガスが払われていた時に現れた、久住山と星生崎のツーショット。
 九重を代表する風景である。

【久住山山頂】
7

 久住分れから久住山に向かうころからガスが流れて来て、眺めは悪くなる一方であった。
 山頂に着いても、大パノラマはまったく望めず、赤川登山口に向かって下山した。


 今年は、当たり年であった昨年以上に、ミヤマキリシマの花の咲き具合が見事であり、1ヶ月近く、夢幻郷のごとき風景を週末ごとに楽しめることができた。
 平成最後の6月は、ミヤマキリシマを大いに堪能できた、記憶に残る月であった。


Ougi

|

« 登山:九千部岳のヤマボウシ@雲仙 | Main | 音楽:N響宮崎公演 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/66854638

Listed below are links to weblogs that reference 登山:今年最後のミヤマキリシマ@扇ヶ鼻:

« 登山:九千部岳のヤマボウシ@雲仙 | Main | 音楽:N響宮崎公演 »