« 登山:高千穂峰(1) 高千穂河原~二子石 | Main | 登山:久住山@ミヤマキリシマ »

May 20, 2018

登山:高千穂峰(2) 皇子原~高千穂峰

 高千穂峰下山後は、高千穂温泉郷で一泊。
 曇りの土曜日と異なり、日曜は好天の予報。当然、登山をしよう。
 昨日は高千穂峰だったので、本日は霧島のもう一つの主峰韓国岳に登りたい感じではあるが、霧島は現在新燃岳の噴火のせいで、登られる山は高千穂峰のみとなっており、ならば登山口を変えて高千穂峰に登ってみよう。

【皇子原登山口】
1_2

 登山口より高千穂峰を望む。見事な好天である。

【登山道】
2_2

 陽光が降り注ぐ自然林のなかの快適な登山。

【登山道】
3

 高度を増していくうちに、稜線の登山道に近づく。そうすると、昨日ミヤマキリシマが見事であった二子石が視界に入って来る。

【登山道】
31_2

4_2

 稜線に出ての二子石方面と、高千穂峰方面の写真。
 昨日と異なり天気がよいので、ミヤマキリシマの花の色も、いっそう映えている。

【登山道】
6_2

 高千穂峰へ登って行くと、御神体である高千穂峰を祀る、〆縄が現れる。
 ここで外国人カップルが休憩しており、しばし会話。ベルギー人とフランス人のカップルであった。なんかちかごろフランス人とよく遭遇するなあ、とちょいと不思議に思った。
 どうしてこんな辺鄙なところの山へ?と尋ねると、活火山が好きなので、わざわざ日本の九州まで来たとのこと。ヨーロッパには火山が少ないので、日本がうらやましいと言っていた。
 私のような九州人にとっては、噴煙噴き上げる火山は珍しくともなんともないものであるが、ただたしかに火山って、地球が生きていることをじかに感じさせる、迫力ある存在であり、貴重なものではあるなあ。九州にはいっぱいあるけど。

【高千穂の峰へ】
7_2

 木段を登りおえると高千穂峰頂上である。

【高千穂峰山頂】
8

11

 山頂は、ミヤマキリシマ目当ての人でにぎわっていた。

【韓国岳方面】
101

 山頂から韓国岳方面を望む。
 新燃岳は、相変わらず噴煙をのぼらせ、そして韓国岳、大幡山の山麓には、満開らしいミヤマキリシマ。
 新燃岳の斜面の一番下の平地には、これもミヤマキリシマの大群落がちょうど満開の鹿ヶ原。
 これらのミヤマキリシマの花園は、今年は誰も近寄ることができない。

【登山道】
13

 山頂からは元来た道を下山。昨日とちがって、今日は登山道もよく見える。


Photo_2

|

« 登山:高千穂峰(1) 高千穂河原~二子石 | Main | 登山:久住山@ミヤマキリシマ »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/66779730

Listed below are links to weblogs that reference 登山:高千穂峰(2) 皇子原~高千穂峰:

« 登山:高千穂峰(1) 高千穂河原~二子石 | Main | 登山:久住山@ミヤマキリシマ »