« タイスキ COCA @バンコク | Main | 創作系インド料理: Gaggan@バンコク  »

May 04, 2018

バンコク(1) ワット・ポー、ワット・アルン

 バンコクのことをSNSに書くと、「癖になるほどいい国だけど、暑さで萎える」「12月がいいと言われけど、それでも暑かった」「タイならチェンマイがいいですよ」「自転車でまわると面白いです。暑いけど」などとレスポンスをもらった。
 なにはともあれ、バンコクは「暑い」そうだ。

 バンコクの観光名所は、旧市街の一地区にかたまっている。そこはバンコクの一般的ホテル街より6kmくらい離れている。普通に歩いて行ける距離なので、歩いて行くことにした。

【シーロム通り】
1

 旧市街にはシーロム通りを一直線に歩けば着くので、まずはシーロム通りへと出る。
 巨大な歩道橋を渡ると、日タイ友好の標識が。おそらく日本の経済援助で建てられた歩道橋と思われる。

【ワット・フアラムポーン】
2

 仏教の国、タイにはあらゆるところに寺院がある。そのどれもが派手な外観なので、どれも目立つ。
 ……しかし、歩いていると、ひじょうに暑く、汗が出てたまらない。
 バンコクにはなぜかセブンイレブンが豊富で、冷たい飲料水が容易に手に入るのは幸いであったが、適宜水分補給して歩かないと、熱中症になりそうな厳しい暑さである。

【ワット・ポー】
3

 この暑さのなか歩くのもいやになり、途中でタクシーにでも乗ろうとも思ったが、歩いていないとじっくり見られない風景もあるので、とりあえず一度は歩ききることにして、ようやくワット・ポーの前に。

【ワット・ポー】
4

 寺院の敷地内に入ると、いくつもの鋭い仏塔が立ち並んでいる。
 日本の仏教文化にはない、エキゾチックな風景。

【ワット・ポー】
5

 回廊には、ずらりと黄金色の仏像が並ぶ。表情や、手のしぐさが、やはり日本のものとは異なっている。

【寝釈迦仏】
6

 ワット・ポー名物の、巨大寝釈迦仏。この寝姿で、悟りを表しているそうであるが、あまりに大きすぎて全体像がよく分からない。

【ワット・アルン】
7

 ワット・ポーをだいたい観たのち、対岸のワット・アルンへ。
 多くの陶器をまとった白く輝く大仏塔は高さ75mという巨大な塔である。

【ワット・アルン】
8

9

10

 ワット・アルンは細部まで精巧な細工をほどこした、巨大な美術品であり、素晴らしいものであったが、写真で見てのとおり、入道雲まで湧いてくる天気であり、歩いていると暑くて体力が消耗するばかりであった。

 時刻的にはまだ他の名所に行ける余裕があったが、もうこれ以上、この暑さのなかを行動する気にはなれず、空調の利いたホテルに戻ることにした。
 帰りはもちろん歩く気はしない。地図を検討すると、ワット・アルンからはチャオプラヤー川のフェリーでタークシンまで行って、それから駅でモノレールを使うとホテルの近くまで行けるので、そういう交通機関の使いかたで戻った。

 バンコクの、まずはの感想。やっぱり暑い。


Bangkok


|

« タイスキ COCA @バンコク | Main | 創作系インド料理: Gaggan@バンコク  »

タイ」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/66702334

Listed below are links to weblogs that reference バンコク(1) ワット・ポー、ワット・アルン:

« タイスキ COCA @バンコク | Main | 創作系インド料理: Gaggan@バンコク  »