« 映画:オリエント急行殺人事件 & 「名探偵」に対する私的考察 | Main | 雪の大船山@平成29年12月 »

December 16, 2017

凍える久住@平成29年12月

 九州の山は例年より1ヶ月早く雪山シーズン突入。
 牧ノ戸峠のライブカメラを見ると、この時期なのに雪がたくさんと積もっている。
 これは是非とも行かねば、とは思うものの、週末の土曜日の予報では、天気は悪く、山間部はずっと雲がかかっており、さらには寒波が厳しく、すでに真冬の寒さになっているとのこと。
 寒さは装備次第でどうにともなるが、雲がずっと滞在しているなら展望はきかないので、それで眺望が魅力の久住山には登らず、この時期の久住の名物の凍結御池、それに中岳に行ってみることにした。

【牧ノ戸登山口】
1

 登山口からすでに登山道は雪道である。

【登山道】
2

 ガスに覆われ、視界がきかないなかを進む。
 扇ヶ鼻分岐手前あたりは霧氷ができやすいところだが、本日もきれいな霧氷が見られた。

【西千里浜】
3

 西千里浜は風の通り道なので、降った雪はすぐに吹き払われ、雪が積もりにくく、それゆえ凍結したカチンカチンの道となっていた。ここはアイゼンを利かして慎重に歩こう。
 このあたりからさらにガスは濃くなり、風も強くなり、そして気温はマイナスなので、そうなるとどうなるかいえば、氷点下の水分が何かに吹き付けられると、そこで凍ってしまう。すなわち登山者の、登山着、帽子、ゴーグル、その他なにからなにまで白く凍り、パリパリになってしまった。
 前もよく見えぬガスから、ときおり人が姿を現すと、その姿はまさにパリパリの氷結魔人といった感じであり、この後何人もそういう魔人の姿を見た。

【御池】
4

5

 本日の目的地、御池に到着。見事に完全凍結である。
 しかし視界はきかず、狭い池の対岸さえ見えない。

【中岳へ】
6

 御池と中岳はセットみたいなものなので、御池に来たからには、凍った御池を渡ってそれから中岳に登ってみよう。
 ガスは濃く、視界のまったくきかないなか歩を進め、最初の少し開けたところで右に曲がり、中岳に向かっていったが、どうにも地形の感じが妙である。ここはぜったいに稜線上ではない。それでGarminGPSを見て現在地を確認すると、なんと全然違う方向である避難所のほうに向かっている。持ってて良かったGPS、ということで来た道を引き返し、それから正規の中岳への稜線ルートに入った。

【中岳】
7

 中岳山頂に着くと、稜線上でさえ風が強かったが、山頂はさらに風の速度が増している。そして気温も寒さの極みであって、とても長居できるところではなく、写真を撮ってさっさと退散。
 帰路も、天候が回復することはなく、ガスにつつまれたままの寒い道のりであった。

 駐車場に着くと、車もパリパリに凍っており、中に入ると窓全てが凍りついており、まったく何も見えない。暖房を全開で利かして解凍しようやく出発できた。


 そして長者原のホテルに泊まり、今シーズン初の雪見風呂で私自身も解凍。
 こうして寒い一日が終わったのであった。


171216

|

« 映画:オリエント急行殺人事件 & 「名探偵」に対する私的考察 | Main | 雪の大船山@平成29年12月 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 凍える久住@平成29年12月:

« 映画:オリエント急行殺人事件 & 「名探偵」に対する私的考察 | Main | 雪の大船山@平成29年12月 »