« 割烹旅館 海喜荘@国東 | Main | 登山:大船山岳麓寺コース@今年初冠雪 »

November 12, 2017

中山仙境@国東半島

 低山紅葉探索2日目は国東の山で。
 国東半島は複雑な地形をしており、奇岩、怪石が林立する個性的な山がいくつもある。
 本日は、そのうちの一つ「中山仙境」に登ってみた。
 ここは標高300m程度の低山であるけど、稜線はずっと岩峰の登り下りであり、そして登山道は時に狭いナイフリッジとなり、体力と技術を要する山である。

【前田登山口】
1

 まず車を夷耶馬公園の駐車場に止め、それから舗装路を前田登山口まで行き、ここから登山。

【稜線】
2

 低い山なので、すぐに稜線へと出る。
 紅葉の奥の山もまた奇岩を空に突き立てた面白い形をしている。

【無明橋】
31

32

 石仏がいくつもある稜線を通るうち、この山名物の「無明橋」に着いた。
 岩の割れ目に平石を渡したもので、ここを渡る。
 この平石、じつは一枚でなく、二本の石をつなげたものである。
 乱暴に渡ったりすると、二つにぽっきり折れそうな気がして、ちと怖くなる。

【夷耶馬】
41

42

 やがて、稜線からよく見えていた石碑のある、山頂へと。
 高度316メートル。
 中山仙境の全体と、そして周囲の山々を眺め渡すことができる。

【稜線】
5

 山頂を過ぎると、尾根はさらに険しくなり、かなり崩落もしている。
 注意深く進んでいく。

【登山道】
6

 やがて稜線は切り立った岩で行き止まりとなり、それから急傾斜の道を下ることになる。要所要所には鎖がかけられており、整備はよくされている。

【坊中下山口】
7

 そして、険しい道を下りたのち杉林に入り、しばらくして下山口に出る。
 ・・・下山口?
 世の中には、数え切れないほどの坂があるけど、上り坂と下り坂の数はぴったり一致している。それは坂というものが、全て上りと下りが兼用だからであって、それと同様に登山口というのも、登山のみに使うものでなく、下山にも使うので、登山口は下山口も兼ねている。
 それゆえ「下山口」というものは、ふつうに使われる言葉でなく、じっさい初めてみた。
 それをわざわざ使っているのは、何か意味があるのだろうけど、おそらくは中山仙境の登山道が、基本的には一方通行になっている、ということなのだろうな。
 そういう注意書きはどこにもなかったけど。

【夷耶馬駐車場】
8

 下山口からはしばし舗装路を歩いて、スタート地点の駐車場に到着。

 紅葉はまだ3~5分といったところであったが、周囲は山水画のごとき風景であり、晴天のもとその絶景を眺めながら2時間ほどの山行をじゅうぶんに楽しめた。


Chuuzan_map

|

« 割烹旅館 海喜荘@国東 | Main | 登山:大船山岳麓寺コース@今年初冠雪 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中山仙境@国東半島:

« 割烹旅館 海喜荘@国東 | Main | 登山:大船山岳麓寺コース@今年初冠雪 »