« 雨の週末 ミヤマリシマ@九重 | Main | 花菖蒲@神楽女湖(別府) »

June 04, 2016

由布院は大変:由布岳、狭霧台、玉の湯など。

 雨のなか、県道11号線を走っていると、由布岳正面登山口の駐車場には一台も車が止まっていなかった。いくら雨とはいえ、ミヤマキリシマの季節に由布岳への登山者が一人もいないということは有り得ないので、???と思った。
 不思議に思い、車を止めて、登山口を偵察してみたら、「登山禁止」の標識と、それにロープが張られていたので納得。

【由布岳正面登山口】
102

 これを読むと、落石が危険とのことで登山禁止になっているのだが、由布岳って頂上近くまでは岩場などないので、何故?とは思った。
 ただよく考えると、頂上あたりは崩れやすい岩の積み重なりなので、そうとう緩んだ岩場が、また大地震が来ると一挙に崩れるだろうし、そうなると登山道全般に岩が襲ってくることになるので、今の由布岳は全体が危険地帯になっているのだろうなと納得。
 地震が収まるまで、由布岳登山は無理のようだ。

【狭霧台】
101

 今度の地震は相当に大きかったらしく、由布院盆地の展望所の狭霧台が、基盤が崩れたらしく、立ち入り禁止になっていた。
 ここは狭霧台全体を強化しないと立ち入りは不可能だろうから、復旧には日がかかりそうだ。

【玉の湯駐車場】
5

 由布院の宿は「玉の湯」で。
 駐車場に車を止めると、なんだかふてぶてしい猫が車を見守っていた。
 玉の湯専属の門番猫? じつに風情がある猫だ。

【玉の湯旅館】
0

 玉の湯旅館、全国有数の人気旅館で、予約はとるには相当前から申し込まないと無理なのだが、今回は一週ほど前にネットを見ていたら空きがあり、容易にGetできた。
 滅多にない出来事。

【フロント前の庭】
3

 玉の湯の特徴は、由布院の昔ながらの自然の姿を演出しているところ。
 ドクダミ、ツワブキ、シロツメクサ等々、雑草の生い茂る庭であり、でもその雑草の茂り具合は絶妙に手が入れらており、それゆえいっそうに「自然の美」をいうものを感じさせてくれる。

【大分川】
4_2

 今回の宿泊では、6月初旬ゆえ、大分川に飛び交うホタルを期待していた。
 しかし残念ながら、雨が降り、風が吹きすさぶ気候では、とてもホタルは無理であった。まあ、こういう時もある。
 ちなみに、大分川はけっこうな清流であり、クレソンが生い茂っている。
 玉の湯では、どの料理にもふんだんにクレソンが使われているが、これ使っているのかなあ、といつも思ってしまう。(もちろん違うのだろうけど)

【部屋】
1

2

 部屋は素朴な和風。
 床の間に飾られたヤマボウシが美しい。

【夕食】
7

8

9

10

11

 玉の湯の料理は美味いけどとにかく量が多い。
 最初の前菜は、素朴でありながら、どれも手のこんだ繊細なもので、この宿の料理のレベルの高さを教えてくれる。
 刺身は関アジと鮎であり、盆地の宿とはいえ、新鮮な良い食材を使っている。
 メインのシリーズは、すっぽん鍋に、豊後牛焼き。それから定番の野菜煮しめ、鮎の塩焼き、揚げ出し豆腐、等々。
 主要な料理は、十年一日のごとく、同じものばかりなのであるが、どれも見事なものである。

 料理同様に、部屋、温泉、庭、接客等々、全て同じようなものであり、玉の湯って、ワンパターンな宿だと、来るたび思う。
 でも、それは「偉大なワンパターン」とでも言うべきもので、守るべきもの、伝えるべきものが、確固として存在しており、それを維持し続ける努力、信念は素晴らしいものであり、それがこの宿を日本を代表する名宿に築きあげたのだろう。


 ところで、全国有数の観光地由布院は、地震のおかげで大変なことになっているそうだ。
 とにかく客が来なくなっているのであり、地震後、由布院の街なかを歩く人の数はぐっと減ってしまった。そして当然宿泊客も減るのであり、玉の湯でさえ、当分は閑古鳥が鳴いていたそうで、キャンセル率90%を越えるというハードな状況が続いていた。
 創業50年を越える宿で、こんなことは初めてです、と女将は嘆いていたそうである。

 まあ、でも阿蘇と違って、温泉が枯れたり、建物が崩壊したりというほどでもないので、やがてはまた元の賑わいをみせる日も近いのでは。
 それだけの観光地の底力を十分に持っている地ゆえ。

|

« 雨の週末 ミヤマリシマ@九重 | Main | 花菖蒲@神楽女湖(別府) »

和食」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

旅館」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/63750380

Listed below are links to weblogs that reference 由布院は大変:由布岳、狭霧台、玉の湯など。:

« 雨の週末 ミヤマリシマ@九重 | Main | 花菖蒲@神楽女湖(別府) »