« 五足のくつ@天草下田温泉 | Main | 阿蘇大橋崩落に唖然@熊本地震 »

April 10, 2016

登山:太郎丸嶽・次郎丸嶽@上天草

 天草五橋を渡り松島町に入ったとき、すぐに見えて来る山。その砂岩の岩塔を屹立させた勇壮な姿でたいへんに目立っている。
 天草登山シリーズの二日目は、その二つの岩山、太郎丸嶽と次郎丸嶽に登ることにした。

【登山口】
1

 登山口からしばらくは民家のなかの舗装路を歩いて行く。向かいに見える山のうち、右側が太郎丸で左側が次郎丸。

【登山道】
2

 登りは沢筋の道を行く。途中までは段々畑があったけど、上のほうはもう耕作は放棄されており、荒れるがままになっていた。

【分岐部】
3

 道はやがて太郎丸と次郎丸の分岐に出る。
 まずは太郎丸に登ることにした。

【岩塔から】
4

 太郎丸への登山道はいったん岩が積み重なったピークに出る。一瞬、ここが山頂かと思ったが、なんの標識もないし、また奥にここより高そうなピークがあるので、いったん下ったのち、そのピークを目指す。

【太郎丸嶽山頂】
5

51

 さきほどのピークから5分ほど歩いて、太郎丸嶽山頂に到着。
 ここからは西は有明海、東は次郎丸嶽の雄々しい姿が見られ、たいへん景色がよい。

【登山道】
6

 山頂からもと来た道を引き返し、さっきの分岐点から次郎丸嶽を目指す。
 羊歯の生い茂った、天草らしい道である。

【スラブ】
7

8

 次郎丸嶽への急登を進んでいくと、やがて大きな一枚岩に出る。この岩に登ると、次郎丸嶽の姿を見ることができ、山頂まではすぐである。

【次郎丸嶽山頂】
92

 次郎丸嶽山頂に着くと、人で大賑わいであった。
 登山口にバスがとまっていたが、その団体さんたちにかちあってしまった。
 山頂からは、昨日登った倉岳が見え、さらには竜ヶ岳、観海アルプスの山々を望むことができる。

【亀次郎岩】
91

 山頂からは、次郎丸嶽名物の「亀次郎岩」も見える。
 この岩、亀の頭のような形で突き出ており、そこから名前がつけられたそうだ。

【亀次郎岩から】
10

 下りに亀次郎岩に乗って、下をのぞきこんだ。
 本来ならもう少し先まで行ってさらに下をのぞきこむところなんだけど、いったんこの岩の姿を見てしまったら、あまり先に行くと、岩がグラっときそうに思え、とても進めなかった。

【ミツバツツジ】
11

 下りは元来た道を引き返し、途中で沢筋と尾根筋への分岐点から尾根筋へと入った。こちらの登山道はいたるところミツバツツジが咲いており、きれいであった。

【登山口近く】
12

 そのまま下りて行くうち、この廃社のような建物に出て、登山はほぼ終了。

 標高397mと、低い山であったが、変化に富んでおり、また眺めもよく、登って楽しい山であった。

 …………………………………

 本日の登山コース
Taromaru


|

« 五足のくつ@天草下田温泉 | Main | 阿蘇大橋崩落に唖然@熊本地震 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 登山:太郎丸嶽・次郎丸嶽@上天草:

« 五足のくつ@天草下田温泉 | Main | 阿蘇大橋崩落に唖然@熊本地震 »