« 第4回落水林道整備@大崩山 | Main | 京都の秋@平成27年 »

November 14, 2015

大分の紅葉@平成27年

 山の紅葉はほぼ終わったので、それでは平地の名所を訪れてみよう。
 大分の紅葉の代表的名所である耶馬溪へとGo。

【青の洞門】
0

1

 耶馬溪は範囲がたいへん広い。その耶馬溪の入り口みたいなところにある青の洞門。
 菊池寛の「恩讐の彼方」で有名になった、手彫りの岩のトンネルである。今あるトンネルはさすがに機械を用いて作ったものであるが、それでも一部に昔のトンネルが残っている。

【耶馬溪ダム】
21

23

22

 ここも観光スポットの耶馬溪ダム。
 ダム湖には噴水があり、さまざまに形を変えて、水を噴出している。

【深耶馬溪】
31

32

 耶馬溪のうち、最も人気のある深耶馬溪。そこの名勝の「一目八景」。
 特徴ある奇岩がそびえたつなか、紅葉がいろどり鮮やかに染まっている。
 本日はあいにくの天気で、ずっと小雨が降っていたけど、それでも道路にはみだすほどの人の列ができていた。

【裏耶馬溪】
41

42

43

 裏耶馬溪は屏風のように聳える岩群が特徴。
 それぞれの岩峰にはいろいろと名前がつけられている。

【メイプルロード】
51

 深耶馬溪と裏耶馬溪を結ぶメイプルロード。
 ここは街路樹に楓が植えられており、もう時期は過ぎていたが、どっさり落ちた紅葉が独自の光景をつくっていた。

【龍門の滝】
61

62

 耶馬溪の次は九重方面に向かい、龍門の滝へ。
 天然の巨大な滑り台を持つ滝で、夏はそれを楽しむ人たちでにぎわう。
 本日は雨のせいで、滝の流量が多く、なかなか迫力ある姿である。

【慈恩の滝】
71

72

 龍門の滝からは天瀬に向かい、次の滝「慈恩の滝」へ。
 この滝も水の流量が多く、迫力あり。
 雨のせいで、どこも紅葉の映えぐあいはよくなかったが、滝ばかりは姿がよくなっていた。

【天瀬温泉】
8

 慈恩の滝のあとは本日の宿泊地の天瀬温泉へ。
 ここの紅葉をじつは一番期待していたのであるが、まだ時期は早かったようで、美しく紅葉するにはあと1週間以上はいるようであった。

 紅葉というもの、なかなかそのピークに遭遇するのは難しい。

|

« 第4回落水林道整備@大崩山 | Main | 京都の秋@平成27年 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/62703378

Listed below are links to weblogs that reference 大分の紅葉@平成27年:

« 第4回落水林道整備@大崩山 | Main | 京都の秋@平成27年 »