« 酷暑のサイクリング@田中サイクル定例走行会+ビアパーティ | Main | やかん落とし@大崩山山系 »

August 22, 2015

下赤―祝子川林道サイクリング&「焚き火と星空のビアガーデン」@祝子川温泉美人の湯

 祝子川温泉美人の湯で、「焚き火と星空のビアガーデン」というビアパーティが開かれるのでそれに参加することにした。
 ビアパーティを真に楽しむには、その前に汗をぞんぶんに流す必要がある。普通に考えれば、祝子川温泉での宴会なので、大崩山に登って汗を流すのが一番正道であるけれど、まだ8月で日中の気温が30度を越えるなか、大崩山に登る気もしない。
 それで、登山よりは暑くないであろうサイクリングをすることにした。

 宿泊の都合で、起点は祝子川温泉になるゆえ、コースは北川ダム近くの下赤往復とした。下赤へ行く道は二つあり、どれも峠越えがあるので、二つの道を使って往復すると獲得標高1000mくらいになる、けっこうなタフなコースであり、しっかりと汗はかけるであろう。

 とにかく、祝子川温泉第二駐車場に車を止め、そこから自転車を下ろしてGo。

 往路は祝子ダム横の林道から下赤へ向かう。

【長野トンネル】
1

 往路の峠はこの長野トンネル。
 ここまでで相当に汗をかいたので、もういいやという気分にもなったが、そういうわけにはいかない。

【林道】
2

 下赤祝子川の新林道は、高度感が良く、こういう素晴らしい風景を楽しむことができる。

【下赤】
3

 林道を下りきると、国道326号線につきあたり、ここからまた引き返す。

【三叉路】
4

 しばらく登ったところで、この旧林道と新林道の三叉路にぶつかる。
 往路はまっすぐからの道だったので、復路は右の旧林道を使おう。

【三叉路2】
5_2

 三叉路からはずっと激坂が続く。激坂がゆるんだところに人家の集落があり、そこでひと休憩。
 するとそこの人が「どこまで行きますか?」と聞いてくるので、「祝子川温泉です」と答えた。すると、「それは大変ですねえ。若い人は元気でいいなあ」と言う。いや、私、ぜんぜん若くはないんですが。

 人家からしばし登るとこの三叉路。ここはまっすぐ行く。

【展望台広場】
6

7

 さきほどよりは緩い、しかし一般的には十分にきつめの傾斜の坂を登って行くうち、駐車場スペースのある小さな展望所がある。ここを少し行くと、小さな祠のある広場があり、そこが旧林道の峠にあたる。
 そこからはずっと下りとなる。

【旧林道】
8

 峠を越えると、大崩山山系が見えてくる。
 眼前には特徴的な、まんくら山が見えてくる。

【祝子川温泉前】
9

 旧林道を下りきったところが、ここの三叉路。
 祝子川温泉のほとんど正面に位置する。


【祝子川温泉 美人の湯】
10

 暑いなか、温泉のたどり着いたからには、ともかく温泉に入って、汗を流そう。

【焚き火と星空のビアガーデン】
11

12

13

14

15

 午後6時から、ビアパーティ開始。
 登山者、沢師、釣り師、サイクリスト、その他いろいろ、大崩山マニアの人々が20人以上集まっての宴会である。
 宮崎県北は、海産物も豊富なことから、名物の岩牡蠣などもBBQの材料となっている。そして、鹿のスペアリブも焼かれ、これが私は一番気に入った。
 今夜は空も晴れており、望遠鏡を使っての星空観賞も行われた。

 それやこれやで、夜遅くまで楽しい宴会は続くのであった。


 ……………………………………
 
 下赤ー祝子川 旧林道

 

|

« 酷暑のサイクリング@田中サイクル定例走行会+ビアパーティ | Main | やかん落とし@大崩山山系 »

自転車」カテゴリの記事

延岡」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 下赤―祝子川林道サイクリング&「焚き火と星空のビアガーデン」@祝子川温泉美人の湯:

« 酷暑のサイクリング@田中サイクル定例走行会+ビアパーティ | Main | やかん落とし@大崩山山系 »