« アケボノツツジ@夏木山:大崩山山系 | Main | 宮崎大分県境峠越えサイクリング:日之影温泉駅→岩戸神社→尾平越トンネル→上畑→大白谷→梅津越→杉ヶ越トンネル→日之影温泉駅 »

May 04, 2015

アケボノツツジ(?)@尾鈴山

 四月から続いたアケボノツツジシリーズの最後の〆は尾鈴山へ。
 尾鈴山もアケボノツツジの名所であるけど、ほぼアケボノツツジの南限に近いところに位置し、アケボノツツジはたぶん終わりかけているであろう。その終焉を観察したい、という目的。
 それと同時に春の尾鈴山はアケボノツツジとともに、シャクナゲでも有名であり、その開花状況を調査するのもまた目的である。

【林道から】
0

 駐車場に車を止め、林道を歩いて登山口へと。今日はいい天気だ。

【甘茶谷登山道】
1

 林道を1時間ほど歩いて、登山口に到着。 
 登山道に入ってからは道は急峻となり、高度を稼げる。

【展望所】
2

3

 尾鈴山は標高があまり高くなく、樹々がよく茂っているので、展望はどこもあまりよくない。そのなかで、九合目あたりに数少ない展望所がある。ここで、ミツバツツジがお出迎え。そしてここからは日向灘方面の風景が展望できるのだが、その方向には雲が出てきて、あまり見晴はよくなかった。

【山頂】
4

 そうして山頂へ。
 ここは展望はまったくないので、そのまま登山道を進んでいく。

【アケボノツツジの花びら】
5

 尾鈴山は、山頂からの稜線ルートに、アケボノツツジやシャクナゲが生えていて、その花の盛りは、花のロードとなるわけだが、すでにアケボノツツジは散っており、その名残の花びらが登山道にちらほらとあった。

【稜線から】
6

 尾鈴山山頂が見えるスポット。
 この中央の樹がアケボノツツジであるが、もう葉が出ていて、花はほとんど散っていた。
 一週ほど前なら、美しい風景であったろうけど、まあしょうがない。

【ミツバツツジ】
7

 アケボノツツジは終わっていたけど、ミツバツツジはところどころ残っていた。
 このミツバツツジは、花は萎れており、終わりかけているけど、樹にしがみつくような形でまだ咲いていて、妙な趣があった。

【シャクナゲ】
9

 これから旬を迎えるシャクナゲは、まだぽつりぽつりと咲いているところ。
 全体的に花芽が少ないのが気がかりだが、それでもあと2週くらいすれば、稜線上いたるところでシャクナゲの咲く姿が見られるであろう。

【ヤブレガサ】
8

 今日は、花よりも目立ったのがヤブレガサ。
 ヤブレガサはその姿も面白いけど、大、中、小、様々な大きさのものが、所かまわず生えており、それがリズミカルな印象を与え、なんだか絵画的世界を思わせる。

【白滝】
10

 滝の多い尾鈴山で、一番のスターが白滝。
 昨日の雨のせいで水量も増しており、勢いがあった。
 そしてまわりの新緑もまた美しい。

【旧トロッコ道】
11

 白滝からは、旧トロッコ道を歩いていく。
 この道も新緑の季節を迎え、どこかしこ、鮮やかな緑を楽しむことができた

 ……………………………………

 本日の登山ルート
Osuzuyama


|

« アケボノツツジ@夏木山:大崩山山系 | Main | 宮崎大分県境峠越えサイクリング:日之影温泉駅→岩戸神社→尾平越トンネル→上畑→大白谷→梅津越→杉ヶ越トンネル→日之影温泉駅 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アケボノツツジ(?)@尾鈴山:

« アケボノツツジ@夏木山:大崩山山系 | Main | 宮崎大分県境峠越えサイクリング:日之影温泉駅→岩戸神社→尾平越トンネル→上畑→大白谷→梅津越→杉ヶ越トンネル→日之影温泉駅 »