« 行縢山雌岳直登ルート&アケボノツツジ | Main | 田中サイクル走行会@平成27年春 »

April 11, 2015

双石山@宮崎市

 金曜日に宮崎市にワイン会に行き、1次会、2次会と回り、宮崎市泊。
 翌日の土曜は午後は天気が良いとのことで、気になっていた双石山に登ることにした。

 双石山は宮崎市中心から近く、市民に親しまれている山である。標高が509mと低山であり、ハイキング目的のような山に思え、あまり興味はなかったのであるが、ある時宮崎市の某寿司店に行ったとき、メタボ対策のために店主兄弟一同が双石山に登ろうとし、あまりの険しさに撤退したという話を聞き、どういう山なのだろうと、一回は登ってみよかなと思ったのである。

【登山口】
1

 塩鶴登山口から登ってみる。
 ここには駐車場はないので、少し歩いたところにある小谷登山口に車は止めておいた。

【登山道】
2

 しばらくは植林のなかを歩く。
 伐採中につき注意との看板があり、そしてたしかに伐採中であった。

【伐採場面】
3

 伐採している人はプロなので、登山道に樹を倒すことはないけど、それなりに注意は必要であろう。

【針の耳神社】
4

 双石山は岩がもろく、形が特徴的になっている。
 そういう岩をバックに神社がある。

【登山道】
5

 針の耳神社からは岩をロープを使って登って行く。

【登山道 針の耳】
6

7

8

 針の耳神社あたりからは、巨岩がゴロゴロとしだし、そしてこの岩の隙間を通ることになる。
 ここ、けっこう狭い。
 もしかして某寿司店兄弟は、このスペースを越えられずに撤退したのだろうかと思ったりした。…今度聞いてみよう。

【岩場】
9

 針の耳をくぐると、神秘的な雰囲気のある、巨岩のスペースに着く。
 こういう低山に、このような魅力ある場所があることに感心。

【大岩展望所】
10

11

 双石山は、樹の生い茂っている山ゆえ、あんまりどこも展望がきかないけど、ときどき展望のきくところもある。
 最初のその展望台が、この「大岩展望所」。ここから宮崎市街と日向灘を一望することができる。

【登山道】
12

 大岩展望所からはしばらくは急登が続くが、すぐに稜線にたどりつく。
 そこからは気持ちよいなだらかな登山道になる。

【山小屋】
13

 やがて立派な山小屋が見えてくる。
 この山小屋の奥からの眺めもまたよい。

【双石山山頂】
14

15


 山頂から歩くうち、山頂に到着。
 標高509m。
 ここからも良い眺めを楽しむことができる。

【姥ケ嶽神社】
16

17

18

19

20

 山頂からは少々のアップダウンを繰り返しながら、下山。
 やがて姥ケ嶽神社への入り口があり、ここに参拝してから下山しよう。
 神社からは立派な参道を下って行き、やがて九平登山口にと出る。

【県道27号線】
21

 九平登山口からは県道27号線を使って、もとのところに戻ることにする。
 ここから見る双石山の姿はなかなか迫力ある。

【ルンゼ登山口】
22

 県道27号線を歩いていると、双石山のヴァリエーション用の登山口があるのを見つけた。このルート、検索して調べたら、かなり複雑で変化に富んだルートのようであった。

 そして、このルートに限らず、双石山は低山ではあるけど、とても複雑な地形の山であり、面白そうな道がふんだんにある山ということも分かった。
 また近いうちに登ってみようと思った。

|

« 行縢山雌岳直登ルート&アケボノツツジ | Main | 田中サイクル走行会@平成27年春 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 双石山@宮崎市:

« 行縢山雌岳直登ルート&アケボノツツジ | Main | 田中サイクル走行会@平成27年春 »