« 大崩山落水林道整備 | Main | サイクリング:東九州道佐伯IC~蒲江IC間開通プレイベント タイムトライアル and 祝 東九州道宮崎大分間全面開通 »

March 09, 2015

寿司:光洋 東京チャレンジ鮨

0

 鮨を食いに光洋に訪れると、庭にはイワツツジが咲いていて、季節がもう春になっていることを知らせてくれる。
 酒、ツマミ、鮨をいつものようにおまかせで頼む。

 ところで、光洋は3月11日から東京のデパートで「大九州展」なるイベントで鮨を出すとのこと。鮨の激戦区九州から選ばれたのは、たいしたものではある。
 そして宮崎から東京に出店するからには、そこで鮨を食べる人たちへは、東京では出ないような鮨を握らねば、といろいろメニューの工夫を重ねていたようだ。

【甘海老キャビアのせ】
1

 宮崎には、「宮崎前寿司」なるものはないので、結局は光洋独自の鮨を出さねばならないのだが、それでも「いかにも宮崎」という鮨も必要である。
 そこで選ばれたのが、いちおう全国区レベルの知名度を持つ「宮崎キャビア」。
 「宮崎キャビア」は本場ものと比べると、淡泊なので、鮨に合わせやすいといえば合わせやすい。その試作品が甘海老のキャビアのせ。ネタはどちらもいいのだけど、あんまりマリアージュはよくないみたい。

【宮崎キャビア】
2

 私はどうやら不満顔を浮かべていたらしく、キャビアそのものがツマミとして次に出てきた。
うむ。普通に美味しい。

 宮崎キャビアは本場ものよりは鮨にも合うところはあるので、うまくいじれば、いい鮨は出来そうである。
 ただし単価が高いから、いずれにせよ使いにくい素材ではあろう。
 いつの日が量産体制が確立され、もっとCPのよい素材となることを願います。


 さて、大九州展は、お決まりの鮨は8貫ということで、海老・キンメといった光洋のスペシャリテに、コハダ、玉子、鮪等の光洋流の仕事を使った鮨を出せば、十分に個性ある鮨は出せると思う。
 それで、質は問題ないとは思うけど、なにしろ勝負は水物。光洋東京デビューは、さてどうなるのだろう。ちょっと、どきどきしますな。


|

« 大崩山落水林道整備 | Main | サイクリング:東九州道佐伯IC~蒲江IC間開通プレイベント タイムトライアル and 祝 東九州道宮崎大分間全面開通 »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寿司:光洋 東京チャレンジ鮨:

« 大崩山落水林道整備 | Main | サイクリング:東九州道佐伯IC~蒲江IC間開通プレイベント タイムトライアル and 祝 東九州道宮崎大分間全面開通 »