« 雪の三俣山 | Main | 牧ノ戸峠~久住山~御池~星生山@平成27年冬 »

February 08, 2015

雪の指山@九重

 寒波到来にて、朝から気温が低い長者原。
 そのおかげで湯気もうもうの温泉を朝から楽しむ。

【露天風呂@九重観光ホテル】
01

 さて、本日は久住山に登るつもりだったけど、天気は良くない。

【朝食】
02

 とりあえず朝はがっつりと食うが、外の景色は吹雪だ。
 予報によれば午前中山間部は大荒れで、ところによっては雷も落ちるとか怖いことを言っている。午後からは回復傾向とのことで、午後まで条件は良くなりそうだが、午後から登る気もしない。

 外を眺めても、1500m以上は過酷なことになっていることは想定でき、それならそれより低めの山にさっさと登って帰ることにしよう。
 ならば指山(1449m)が適切だ。指山は春のミヤマキリシマの季節には賑わうが、冬の指山なんて登る人はいないだろうから、ふかふかの新雪も楽しめるに違いない。
 というわけで、指山へGo.

【長者原登山口から】
10

 長者原から。
 こういう天候ゆえ、九重の山の姿はほとんど見えない。
 前にぼんやりと見える山が指山である。

【登山道】
2

 雨ヶ池への道からベンチのあるところから別れた道に入り、指山へと。
 先行者のトレースがあったのは意外であった。

【登山道】
3

 林間の雪に埋もれた道を行く。

【登山道】
4

 山頂に近づくころには道の傾斜はゆるくなり、そしてミヤマキリシマの間の道となる。
 ミヤマキリシマには雪がどっさりと乗っている。

【指山山頂】
5

 指山山頂に到着。
 山頂奥の風の当たらぬ岩陰で、先行者2名が昼食中であった。本日の指山登山者は計3名だったようである。
 ここから眺める奥の三俣山は、上のほうはガスに覆われている。

【指山山頂から】
6

 平治岳方面を見ると、平治岳は山頂まで見渡せ、本日平治岳に登ったひとはいい登山ができたようだ。

【指山山頂から】
21

 さらに北方面を見ると、涌蓋山も山頂まで見渡せる。
 昨日も涌蓋山方面のみはガスが晴れていたので、冬の涌蓋山は気候条件が良い地域なのかもしれない。

【長者原から】
7

 下山して指山を振り返れば、予報とおり天気は回復し、三俣山もしっかりと見えた。
 もう少し天候の回復が早ければよかったのだが、どうも先週に引き続き、登山運がない日が続いている。


 ……………………………………
【本日の登山ルート】
 Photo

|

« 雪の三俣山 | Main | 牧ノ戸峠~久住山~御池~星生山@平成27年冬 »

温泉」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/61125898

Listed below are links to weblogs that reference 雪の指山@九重:

« 雪の三俣山 | Main | 牧ノ戸峠~久住山~御池~星生山@平成27年冬 »