« すっぽん料理:やまさ旅館@宇佐市安心院 | Main | 真木大堂@国東半島 »

January 12, 2015

昭和の町@豊後高田市

【昭和の町地図】
Syouwanomachi


 「昭和」という時代はずいぶんと長いので、その時々によってとても違う姿を見せている。しかし「昭和」といって一般の人たちが思い浮かべる時代は、おそららく映画「三丁目の夕日」で描かれたような、敗戦の混乱からようやく日本が復帰して、高度成長に入り現代の日本の礎を造った、あの日本人が元気で活気あふれていた時代のことだと思う。

 今では、それこそ映画のなかにしか残っていないような世界を、しかしきっちろ保存して、そのトーンで街並みを保存しているところがあり、それが豊後高田市の「昭和の町」である。

 「きっちりと保存」と書いたが、ようするに、かつてはおおいに栄えた町が、郊外大店舗化が始まってからそれに対応できずに、町の衰退のテンポが速すぎてしまった。それで町の中心部の建物を、建て直すなり、廃棄するなりの処置が間に合わずに、そのままの町が残ってしまったというのが実情なのであるが、それを逆手にとって、現代人からはそこに行けばタイムスリップしたかのような昭和の風景が広がる世界を喧伝し、そしてそれがじつにいい味を出していることが伝わり、人気の観光地となっている。

【昭和ロマン館】
1

 ここは入り口部に当たる、観光館。
 ここに入れば、昭和の時代の、売り物、車、駄菓子、人形、飲み物、等々、あの時代にありふれていた、しかし今は見ることもないものを、たっぷりと見ることができる。

 そして、それからは昭和の町の商店街を散策。
 このレトロな町が、いまだ生きているというのが面白く、また感心させられる。
 その町のなかから、いくつかの風景を紹介。

【商店街】
2

 昔の商店街って、こういうふうになんでか万国旗が掲げられていたようなあ、とつい思い出してしまった。
 写真からはシャッター街に見えるかもしれないが、かなりの店は開いておりました。

【看板】
3

 昭和時代、というか、永遠の名作「ローマの休日」の看板。
 描かれている女優が、ヘップバーンに全く似ていないのは、著作権の関係からなのか?

【ガソリンスタンド】
4

 昭和の時代のガソリンの値段。
 安かったけど、あのころはたぶん燃費もとても悪かっただろうから、あんまりお得感は感じない。

【昆虫館】
5

 昭和の子供たちは、昆虫を追いかけるのに熱心だったわけだが、今の子供たちはこういうのに興味はあるのだろうか。


 その他、旧札をたくさん展示してる旧銀行とか、昭和の衣服をたくさん置いている衣服店とか、昭和の電気器具(Sonyのベータマックスとかもあったりした)を置いた電気屋とか、いろいろと訪れて、あの昭和時代のノスタルジーにおおいに浸ることができた。


 私はあの昭和の時代に幼少期と若年期を過ごした、昭和世代の人間であるからして、感慨にふけることしきりであった。私とプラスマイナス10年の世代は、ここを訪れると、思うことおおいにあるであろうと思う。

 しかしながらあの時代は、懐かしいことはたしかだが、良かったとは思わない。
 今の時代は、なにより便利すぎて、これはなによりありがたい。
 あの時代に比べ、今は、全自動洗濯機、エアコン、パソコン、インターネット、DVD、スマートフォン、便利なものがありすぎる。これらなくては、もう生活はできない。

 だから中島みゆきの歌ではないが、「あんな時代もあったよね~♪」と、この町を訪れて、私としては、ただ懐古の念を持つのみなのであった。

 ……………………………………

【Résumé(まとめ)】

 ≪Showa≫ est l’époque le japonais vit de 1950 à 1970. Le durée correcte de Showa est de 1926 à 1987. Mais il est trop long. Puis on pense Showa de durée limité.
  Le Japon a été complètement detruit à la deuxième Guerre Mondial et a devenu ruines. Aprés environ 10 ans, Japon fait la reconstruction, et a progressé.
 Cette époque est ≪Showa≫. Les japonais sont jeunnes et actif le plus.

 ≪Showa≫ est déjà le temp trés anscie.
 La plupart de gens a oublié.

 Mais. En Bungo Takada ville, on coserve les bâtiments – magasin, banque, restaurat, salon de coiffeure, cinema etc de Showa époque. Si on visite, on peut voir la village de Showa époque.

 Si on qui passe l’époqu Showa visite, on doit se sens la nostalgy. Et si on qui ne sait pas visite, on peut s’interésser à les paysages anscins et etrangers.

 A showa J’ai passé dans mon enfance et jeunesse, bien sür je me suis senti la nostalgie. Mais je ne pense jamais l’époque est bon. Le temp moderne est trop pratique. Nous avons les apareil civilisé come marcher à laver, climatiseur, ordeinature, Internet, DVD, portable etc. Je affirme que je ne peux pas vivre sans les chose.

 ……………………………………
 
 La village de Showa → web page

|

« すっぽん料理:やまさ旅館@宇佐市安心院 | Main | 真木大堂@国東半島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昭和の町@豊後高田市:

« すっぽん料理:やまさ旅館@宇佐市安心院 | Main | 真木大堂@国東半島 »