« 紅葉探訪サイクリング@国道388号線 | Main | 見立の紅葉 »

November 08, 2014

秋の行縢山(2)

1weathermap

 11月になり、天候が悪いサイクルに入ってしまっている。
 天気は全体的には良いのだが、週末になると天気が崩れるというパターンが続き、今週末もそれである。
 天気図で示せば、せっかく高気圧が日本を覆っているのに、大陸側にもう一つ高気圧ができたため、そのあいだが気圧の谷になってしまって、それが雨雲の通り道になってしまっている。

 とりあえず、土曜日の午前中は曇りであり、雨は降らないとのことなので、短時間でさらっと登れる行縢山に登ってみることにした。

【行縢の滝】
1

 行縢の滝を見上げると、周囲の紅葉はくすんだ色である。

【行縢山山頂】
2

 登山道にはちらほらと紅葉も見かけ、そして頂上へ到着。
 先着者が一人居て、その人は外人さんであった。そして私に「お疲れさまです」と日本語で挨拶してきた。外人さんに「お疲れさまです」と返事を返すのも何か変と思ったので、Oh you speak Japanese very well!とまずはこういう場合の定番の返事をした。それからThank you. And I am surprised to see a foreigner at such a local mountain. とか言おうと思ってたら、その前に、「私、日本語大丈夫です」と答えてきた。会話をすると、なんでも日本在住20年というキャリアの持ち主。ま、そういう人でないとこういうローカルな山には登りに来ないでしょうな。

【山頂から】
3

 山頂から望む風景は、先々週に比べて紅葉もなかなかの染まり具合。
 しかしどんよりした天気のなかなので、あんまりさえないのが残念。

【北岳手前】
4

 雄岳からいったん下りて、北岳へ向かう。
 北岳手前の雑木林は紅葉の美しいところなのだが、今年の染まり具合はあまり良くない。この楓の樹もこれくらいの染まり具合で、もう散っていく雰囲気である。

【登山道】
5

 行縢山の紅葉は、赤よりも黄に染まる樹のほうが染まりが良かった。

【県民の森】
6

 県民の森は、紅葉は終わりかけだったが、それなりにいいコントラストで染まっている。

【展望台から】
7

8

 行縢山の祠の奥の展望台から眺める風景。
 やはり赤よりも黄がよく目立っていた。

【登山道】
9

 行縢山は延岡のシンボルタワーのようなもので、小中学生の遠足によく使われているけれど、本日は幼稚園生たちの遠足に遭遇した。さすがに山頂までは行かなかったそうで、行縢の滝までだったそうだけど、それでもけっこうな急傾斜を登ってこないといけないわけで、ずいぶんと鍛えられたことであろう。彼らから、さてどれくらいの逞しい山男、山女が誕生してくるのであろうか。

 下山すると、ちょうど雨がパラパラと降りだしてきた。
 この雨は明日の午前中いっぱいまで断続的に降るみたいなので、やれやれな週末である。

|

« 紅葉探訪サイクリング@国道388号線 | Main | 見立の紅葉 »

登山」カテゴリの記事

延岡」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 秋の行縢山(2):

« 紅葉探訪サイクリング@国道388号線 | Main | 見立の紅葉 »