« カオスな秋の宴@光洋 | Main | 京都の紅葉@平成26年 »

November 21, 2014

寿司:多田@北新地

 このごろ大阪を訪れる機会が増えている。
 大阪の食文化は独特であり、それにならって私も大阪を訪れたときは、「餃子の王将」とか「蓬莱」で一杯やることがパターン化していたけど、…大阪の寿司もじつは美味しいということが分かりだし、近頃は寿司店に行くことが多い。

 今回は、大阪の北新地の「多田」を訪れてみた。

 「多田」は江戸前寿司店と聞いていたけど、酒によくあうツマミがふんだんに出て、それから鮨に行くという形態であった。
 まずはツマミがどれも秀逸。
 関西での自慢らしい明石産の平目は、旨さが一番分かる、塩と山葵で食する。
 白甘鯛は昆布に載せて焼いていて、昆布をミックスさせての重奏的な香りと味を楽しめる。カワハギの白身は丸々太った肝を載せて一緒にいただく。今が旬の脂のたっぷり乗った鯖は、生と炙りで。

【明石焼き】
1

 この店の名物料理「明石焼き」
 といってタコ焼きではなく、明石産の蛸の桜煮なんだけど、それに蛸の粉末で出汁をとったスープといっしょにいただくスタイル。「蛸+スープ」なので、「明石焼き」と称しているのが面白い。
 さらには蛸を煮るのに使った大根が、おでん風に味を調えて使われていて、これも独自の美味しさ。

【セコ蟹】
2

 時期限定の「セコ蟹」。
 北陸名物「セコ蟹」って、全国的な肴になってきたのだなあと感心。もっとも、「多田」では秋には定番料理となっているそうで、「セコ蟹」のシーズンは仕込みが大変だそうだ。

 今までのツマミで相当に食って飲んだのち、鮨へと。

 白身は明石の平目。
 次に変化球で大阪風の鯛の棒寿司。ただし、シャリが甘目でないところが、この店の流儀。

【イカ】
3

 剣先烏賊は錦ゴマと泡塩を振って。
 見た目に美しく、また食せば複雑な味の広がり。

【ウニ・イクラ丼】
5

 豪華なミニ丼。味がとにかく濃厚。

 〆ものはコハダ、鮪は大間の蛇腹、それに〆の穴子。

【玉子】
4

 丁寧に焼かれた厚焼き玉子は、店の焼き印を入れているけど、「Krug」の焼き印バージョンもある。この店がKrugと関係が深いそうで、それでシャンパンを準備しているのかと気付いた。


 寿司は白身、鮪、〆ものは純江戸前風だったけど、そのほかは店主独自の工夫の入った創作系であり、いわゆるハイブリッド系であった。
 いずれもネタが良く、また工夫も良く、たいへんレベルの高い鮨を楽しめた。
 大阪の鮨、いまままでさしたる理由もなく敬遠していたけど、もっと通うべきだったと痛感いたしました。

 そして「多田」は一見お断りの店であり、私の知人に出禁になった人もいたので、頑固店主の厳しい店なのかなあと思っていたら、…なんのなんの、いかにも関西風の乗りのよい、にぎやかで親切な店主が仕切る、at homeな店でありました。
 そして、たぶん野球シーズンのさい、阪神の調子のよいときは、もっと盛り上がっていることも想定されました。

|

« カオスな秋の宴@光洋 | Main | 京都の紅葉@平成26年 »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寿司:多田@北新地:

« カオスな秋の宴@光洋 | Main | 京都の紅葉@平成26年 »