« 「鮨匠のむら」で至福のウニを食う | Main | 秋のETOランド周回 »

September 27, 2014

ソムリエ秋葉@鹿児島市

Vin


 「鮨匠のむら」のあとは、酔ったいい気分で天文館を歩き、それからワインバー「ソムリエ秋葉」へと。
 「鮨匠のむら」はバイザグラス方式で肴・鮨の流れに合わせて延々と日本酒が出てくるので、相当な量を飲むわけであり、店を出たあとはお酒はもういいやという気分にはなるのであるが、しかし日本酒と赤ワインとは別腹なのであり、気分的には赤ワインならまだ入るので、以前から気になっていた「ソムリエ秋葉」を訪ねることにした。

 「ソムリエ秋葉」の店主は、鹿児島隋一の名ホテル「城山観光ホテル」で長くソムリエを勤めていていた。店主はワイン、とりわけブルゴーニュワインを激しく好んでおり、この素晴らしいワインの世界を自分流のやりかたで鹿児島に伝えたいということで、当時は珍しかったワインバーを開店したとのこと。

 店の規模はそれほどでもないのだが、入ってすぐ分かるワインセラーのなかの膨大なワインの品ぞろえからも分かるように、古きも若きも、良さげなワインをたくさん揃え、どのような人にもその好みにあうワイン揃えている。

 ワインリストをみると、食指をそそるワインがいっぱいあるのだけど、さすがにのむらの後ではワイン一本開けるわけにもいかず、店主のお勧めワインを何杯か飲むことにした。

 ちょうど客がいなくなった時間帯だったので、いろいろと店主と雑談をするけど、やはり鹿児島は寿司の美味いところであることに意見が一致。
 店主は、江戸前の寿司には、ワインが合うことにいち早く気が付き、そういう啓蒙運動もしてきた、和食+ワイン文化の樹立の先駆者でもあったのだ。

 この店は予約もすれば、きちんとしたコースとワインのディナーも楽しめるとのことで、いつかはそれらを楽しみたいと思った、鹿児島の一夜であった。

|

« 「鮨匠のむら」で至福のウニを食う | Main | 秋のETOランド周回 »

ワイン」カテゴリの記事

Comments

真ん中のボトルはなんとメオカミュぜのクロドヴージョ!しかもグレートヴィンテージの1999じゃあないっすか(°▽°)これってボトルいくら?まさかグラス売りとか。。。
メオのクロドヴージョは1993から品質が向上しましたが15年前は一万ちょっと超えぐらいで、今は3倍以上です。(パリでは5倍)(>_<)このお店で25000円なら、飲むべし!20000円ならテークアウトも考えますよー!

Posted by: 天ちゃん | October 10, 2014 09:34 PM

一応、今回飲んだのがこの3つのグラスワインだったと記憶しています。どれも、美味しかったです。
そして、店主との会話で、「ブルゴーニュ愛!」の情熱には、感心いたしました。
ブルゴーニュ、奥がとっても深い!

さて、宮崎市と鹿児島市は近いんだから、ワイン探訪の旅の過程での東京・京都をいったんどれか休んで、せめて一度は鹿児島市のソムリエ秋葉を訪れることをお勧めいたします。
どう考えても秋葉氏と天ちゃんは似た者どうしですので、ぜったい、盛り上がりますから。

Posted by: 湯平 | October 10, 2014 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ソムリエ秋葉@鹿児島市:

« 「鮨匠のむら」で至福のウニを食う | Main | 秋のETOランド周回 »