« 映画:ゴジラ | Main | まずは光源。 @深夜の地震 »

August 24, 2014

ビーチパーティ (La soirée sur la plage ) @日南伊比井浜

 宮崎は北から南まで美しい海岸線を持っており、そういう海岸線で、宴会が出来るような砂浜使ってワインパーティをやりたいという希望を某氏が持っておられ、それを実現するための話がいつのまにかまとまり、今回開催の運びとなった。

 ビーチでのパーティは普通はBBQということになっている。
 風光明媚なところはたいていまともなレストランとかはなにもない。それで宴会をするには食料・燃料を持参する必要がある。そのなかでBBQなら食材、燃料等の準備が簡単だし、技術を持った調理者も不要で(これはいろいろ意見はあるだろうが)、そしてそこそこの値段がおいしいものも食うのが可能であり、だからビーチパーティはBBQが主体となっている。
 しかし主催者の某氏は食い物に関しては妥協のない人物であった。彼の主張によれば、不便なところでは真に美味しいものを食すのが困難なため、かえってそれを達成すれば、満足感はさらに増す。これをBBQなどやってはそれが体験できず、もったいない話となってしまう。

 というわけで某氏は宮崎市内のイタリアンレストランに強引にケータリングを要請して、日南の伊比井浜に臨時出張店が出来上がることになった。
 それに私も便乗し、いざ伊比井浜へ。

【臨時出張店】
0

 伊比井浜は宮崎有数の良い波の押し寄せる浜で、サーファーのメッカみたいなところであり、普段はサーファー達が波乗りを楽しんでいるはずだけど、日暮も近いなか、今は浜辺には宴会の準備をする人たちのみであった。

【浜辺 日暮前】
1

 浜辺にはタープのもとにテーブルがセットされ、シャンパングラスに、シャンパンが用意されている。
 …これって、南仏とかなら似合う風景だよなあとか思う。でも宮崎日南では、なにか無理があると思わぬでもない。

【調理器具】
2

3

 ケータリングはいわゆる仕出しとは違い、その場で調理をするものゆえ、こんな野外では大変である。
 それでも、それ用の様々の調理器具を持ってきて、うまく調理してくれたレストランスタッフに感謝。

【ピザ】
4

41

 この店はピザが最大の看板であり、経験豊かなシェフが高品質の小麦粉を用いた生地を上手に熟成させ、石窯で焼き上げるというのが売りである。
 しかしさすがに、仕込んだピザは持ってきたものの、ビーチに石窯を持ってくることは出来ず、移動式の器具で焼くことになった。
 オーナーは店の真のピザを出せずに悔しがっていたけど、十分に美味しかったです。

【ブイヤベース】
6

 ビーチサイドパーティゆえ、ブイヤベースはやはり出なければ。
 そして、これはプロの味。具材、出汁、全てがよい。
 浜辺の料理で、これほどあうものもない。
 さらにこれに加えて、この出汁を使ってのリゾットも〆に出てきました。じつに美味。

【日が暮れて】
5

 九州は終末は台風が来るなり前線が南下するなり、天気の悪い日が続いていたけど、本日は幸運なことに晴れであった。しかも新月だったので、日が暮れてからは闇が濃くなり、天空に横たわる天の川がクリアに見えて、人里離れた地での夜の宴会の魅力を満喫することができた。
 ただ、風が強く、ずっと浜辺を風が吹き荒れていた。
 そのうちタープが吹き飛ばされ、…結局タープを回収しての宴会となったけど、満天の星空のもとの宴会もたいへん趣あるものであった。

【花火】
7

 誰もが、イタリア料理を食べ、ワインを飲み、ということを楽しんでいたけど、それでもビーチパーティゆえ、花火もしようということに。
 周囲に明かりのないなか、こういう線香花火みたいなものは、かえって明かりがまし、夏の風情を楽しめた。

 このケータリング ビーチパーティ。
 ワイン会グループでは初めての試みだったそうだけど、この雰囲気での食事だけでもとても満足できた。
 そしてせっかくこういう美しい地で行うのだから、前後に野外イベントを加えればもっともっと楽しくなりそうなので、それを考慮し、さらに続けていきたいと、おおいに希望した次第であります。

|

« 映画:ゴジラ | Main | まずは光源。 @深夜の地震 »

イタリア料理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビーチパーティ (La soirée sur la plage ) @日南伊比井浜:

« 映画:ゴジラ | Main | まずは光源。 @深夜の地震 »