« サイクリング:延岡~北浦~蒲江~佐伯~臼杵~大分市 | Main | 霧のなかのミヤマキリシマ@由布岳 »

May 25, 2014

サイクリング:大分市~犬飼町~三重町~延岡市

 本日の帰りのルートは、昨日が国道388号線を使っての海岸線沿いだったので、それとは違う国道326号線をメインに使っての山間部を通るルートを採用。地図を見れば分かるように、延岡大分間はこれが最短距離なので、本来は主ルートみたいなところだ。

【出発】
1

 自転車を組み立て、さて出発。
 大分市の繁華街のホテルの玄関前、通行人が多い中、ロードバイクを組み立てるのは、どうも違和感ある光景ではあった。

【ボートレース】
2

 うららかな天気のなか、大分川を越えるとき、20艘以上の一人乗りボートが大分川をレースしていた。
 コックス担当みたいな人が自転車で走行しながら、叱咤激励している姿が、なんだが新鮮。

【国道10号線】
3

 大分市から犬飼町に至る国道10号線は、自転車用の通路も整備されており、走りやすい道である。

【国道10号線】
4

 犬飼町から三重町に至るルートは、自転車専用道みたいなところがあり、自転車で行くには少々道が分かりにくい。

【道の駅 三重町】
5

 三重町の道の駅で、休憩。

【国道326号線】
6

 三重町から国道326号線への分岐に入り、しばらく走ると三国峠への坂の始まりである。
 昨日のルートはいくつもの坂をひたすら越えていくルートであったが、本日採用したルートは、大きな坂はこの一つのみだ。

【国道326号線】
7

 国道326号線は、険しい山の中に無理やり高規格の道を通した道路なので、橋とトンネルばかりだ。
 そして橋はたいてい赤く塗られている。

【国道326号線】
8

 この道は傾斜もけっこうあり、そのいったんのトップがトンネルとなっている形式が多く、登行車線が終わることにトンネルが現れることが続く。
 国道326号線は比較的新しい道なので、トンネルには全て自転車用の通路が用意されている。ただし、それは片側であり、これが左だったり右だったりと固定されておらず、トンネルまで行かねばどっちに道があるのか分からない。

【三国峠へ】
9

 国道326号線の峠は、3つのトンネルでつながっており、三重町からはこのトンネルがその最初であり、実質的にここで登りは終了。
 地図上は三国峠はここより離れたところにあるが、一般的にはこのあたりを三国峠と称すことが多い。

【天狗山大橋】
10

 以前の三国峠越えの旧道は、こちらの三国灰立線。先のトンネルのすぐ横にある。
 面白そうな道が続きそうであり、ここを行けば国道10号線に出るが、そうなると今度は宗太郎峠を越える必要があり、使用は却下。

【三国トンネル】
11

 宇目町側から見た峠は、この三国トンネル。
 1kmを越える長さのトンネルであるが、ここも自転車用の道があるので、走行にストレスを感じることはない。

【国道326号線】
12

 ここからはずっと下り。
 よく整備された道を、気持ちよく下って行こう。

【道の駅 宇目】
13


 
 唄けんか大橋が名物である、道の駅宇目で休憩。
 ここはいろいろな食べ物も名物であり、休日であることもあって、賑わっていた。

【宮崎大分県境】
14

 道の駅から下って行くと、県境の標識がある。
 普通、県境というものは、峠とか川とかで区切られているのだが、国道326号線においては、坂の途中にあり、なんか中途半端な印象を受ける。
 本来なら三国峠のところが県境であってしかるべきなのだが、なんか理由があるのでしょうね。

【国道326号線】
15

 道を下りきってしまえば、あとは北川沿いのフラットな道が続く。

【国道10号線】
16

 国道10号線に合流し、道の駅北川の坂の前のところ。
 ここは国道10号線に沿って行くと、そのまま道の駅に至るけど、国道10号線のなかではこの部位は路側帯が極端に狭くなり、車の交通量も多いことから、自転車ではとても走りにくくなる。
 それで自転車では、この道の駅の登りに入る前の交差点で左の道に入り、道の駅を迂回するのがよい。

【迂回路】
17

 北川に沿って行く、この迂回路は眺めも良い。
 高速道路と、可愛岳が前方に見える。

【パラグライダー】
18

 北川町は、いい風が吹いているのか、全国的にもスカイスポーツで有名なところであり、パラグライダーが準備している姿を見ることができた。

【国道10号線】
19

 国道10号線は、和田越トンネルを越えると、延岡の町が見渡せ、シンボルの旭化成の煙突も見え、ゴールが近いことが分かる。

【国道10号線】
20

 煙突の姿もくっきりとしだしてきた。

【いむら酒店】
21

 ここは延岡市の有名な酒屋「いむら酒店」。
 よく行く居酒屋からの情報で、ここに日本酒「山ユ」が入荷したことが分かったので、帰るついでに買っておこうと思って寄ったのである。
 しかし、人気の酒なのですでに完売されていた。残念。

【田中サイクル前】
22

 延岡でもう一つ用事を済ませておこう。
 サイクリングの途中で気がついたのだが、リアのタイヤがすり減っていて次の層が見えていた。それで田中サイクルに寄ってタイヤを購入。

 「高千穂ヒルクライムの帰りですか?」と店主に聞かれたが、…そうか今日は高千穂ヒルクライムであったのだ。しかしこんな暑い時期にヒルクライム大会を開くのも、どうかと思うが。

 用事を済ませ、国道10号線を南下。
 走行中、居酒屋前で外に出ていた店の人たちが手を振ってきた。
 車で出勤中、自転車で走っている私を見つけ、私がロングライド中であるという情報を知っていたため、応援のため先で待っていたそうだ。
 そういうサプライズがあったのち、無事に自宅に到着。

 本日の走行距離は112.5km。二日あわせて275km。
 以前からやりたかった大分市への周回サイクリング。好天のなか、気持ちよいサイクリングであった。
 暑かったけど。



|

« サイクリング:延岡~北浦~蒲江~佐伯~臼杵~大分市 | Main | 霧のなかのミヤマキリシマ@由布岳 »

自転車」カテゴリの記事

Comments

326は怖くなかったですか?

延岡市は以前B-pal誌上でシェルパ齋籐氏も書かれていましたが自転車が走る環境にない、まさに発展途上市です。
特に北延岡は車の事しか考えられていませんね!
迂回したのは大正解でしょう^^
2日間、ハードなツーリングお疲れさまでした!!

Posted by: ポンキャット | June 08, 2014 06:47 AM

326は高速の開通もあったせいか、車の交通量がさらに減ったので、意外と走りやすかったです。数あるトンネルも、側道が確保されていましたし。

延岡から日向にかけては、幹線道路は自転車はとても車道は走れない状態ですね。
でも、幹線道路を外れると、自転車専用のような、高規格道路がけっこうあるのも県北の面白いところです。

県北は、山あり、川あり、海ありの、自転車資源豊富なところでありますので、さらに開拓していきたいと思っております。

Posted by: 湯平 | June 09, 2014 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サイクリング:大分市~犬飼町~三重町~延岡市:

« サイクリング:延岡~北浦~蒲江~佐伯~臼杵~大分市 | Main | 霧のなかのミヤマキリシマ@由布岳 »