« アケボノツツジの宴@大崩山 | Main | サイクリング:延岡~北浦~蒲江~佐伯~臼杵~大分市 »

May 17, 2014

シャクナゲを見に尾鈴山へ

 九州の山の春の花は、まずはアケボノツツジ、次がシャクナゲ、その次がミヤマキリシマというとこである。
 先週はアケボノツツジを見に大崩山に登ったので、今週はシャクナゲにしよう。
 それで、シャクナゲが有名で、かつ今まで登ったことがなかった尾鈴山に登ってみることにした。

【林道】
1

 白滝コースの登山口のある第一駐車場に車を止め、尾鈴山登山口までは林道を1時間ほど歩かねばならない。
 尾鈴山は滝の多い山であり、林道傍にもいくつも滝を見ることができる。

【林道】
2

 林道歩きは退屈なものであるが、それでも新緑が美しい。

【登山口】
3

 だらだらした傾斜の林道歩きを終え、尾鈴山登山口へ。
 ここで登山届を書き、尾鈴山山頂を目指す。
 ところで、登りながら途中で気がついたけど、登山届は下山して、下山の日時を書いて終了となる。しかしこの尾鈴山における甘茶滝~白滝コースでは、下山するところは第一駐車場なので、ここに来ることはもうない。
 だから、ここには書きっぱなしの登山届が残ってしまうことになり、なんか気持ちが落ち着かないけど、まあしょうがないか。

【甘茶滝】
4

 この登山道は、甘茶滝コースであり、これはその甘茶滝。

【登山道】
5

 林道から離れ、ようやく登山道へ。
 尾鈴山までの尾根を一挙に登って行く道で、傾斜が強い。
 登り始めると、やたらにペースが良く、いつもの1.5倍くらいのスピードで登っていける。林道歩きで、1時間ウォーミングアップしたようなものなので、そうなったみたい。

【登山道】
6

 尾鈴山甘茶滝コースは、案内が豊富であり、1合ごとに標識がある。
 6合目まではきつい傾斜だったが、6合を過ぎると傾斜は緩やかになった。

【展望所】
7

 尾鈴山は樹が生い茂っていて、眺めは悪く、展望が利くところはわずかしかない。
 ここはその一つで、九合目の展望所。
 天気が良ければ、都農の町なみや、日向灘が見えるはずだが、本日は曇りのため展望は悪い。

【尾鈴山山頂】
8

 展望所からすぐとのところに、尾鈴山山頂。
 ここで一休憩したいところだが、本日はアブが多く、休んでいると周囲のアブが全て集まってくるようなひどい状況で、とても立ち止まっておれず、縦走を続けた。

【登山道】
9

 この山々の稜線が縦走路。
 見えている山は、長崎尾と矢筈岳のはず。

【馬酔木】
10

 目当てのシャクナゲにはまだ出会えないが、まずは馬酔木の花を見ることができた。

【シャクナゲ】
111

113

 縦走路をしばし歩くと、稜線上にはシャクナゲが現れ出した。
 ただし、旬は過ぎているようで、シャクナゲの多くは色褪せており、また散っていた。
 そのなかで、美しい花をつけていたシャクナゲを紹介。

【シャクナゲ】
112

 登山道には、シャクナゲの花びらが散っていて、ちょっとした花の絨毯状態となっていた。

【尾鈴山】
12

 尾鈴山縦走路は樹々が多く、眺望は悪いけど、一部樹の切れ目から眺望の利くところがあり、そこから眺めた尾鈴山の姿。

【ヤブレガサ】
13

132

 登山道わきにはヤブレガサが多く茂っていた。
 この草、若芽は、じつは食べると美味しいそうだが、あんまり食欲がわく姿ではない。

【矢筈岳】
14

 長崎尾を過ぎ、矢筈岳へ。
 今にも消えそうな標識である。
 私の持っている地図(分県登山ガイド 宮崎の山 旧版)からは、ここが矢筈岳でいいはずだし、標識もそうなっているけど、尾鈴山の現地にある地図では、矢筈岳はこのもう一個先の山となっている。
 どちらが本当なのであろうか?

【南矢筈岳(?)】
15

 地図では矢筈岳の次のピークは南矢筈岳であり、ここの手前で北側に回れば、白滝へと下山することになるが、とりあえずこのピークに登ってみた。
 しかし、山頂にはなんの山名の標識もなく、次に見えているピークが南矢筈岳みたいだったので、さらに縦走を続けた。

【登山道】
18

 南矢筈岳(?)から先の登山道は、あんまり人の入った形跡はなく、今までの整備された登山道とはあまりに雰囲気が違う。どうも道を間違えたらしいが、とりあえず次のピークまでは行ってみる。

【ミツバツツジ】
16

【ツバキ】
17

 南矢筈岳(?)からは、植生が少々異なっており、満開のミツバツツジや、椿を見ることができた。

 さて次のピークにたどり着いたが、ここにも山名の標識はなし。どうしたものかと思いながら、ついでばかりにもう少し進むと、熊鈴の音が聞こえてきた。
 登ってくる登山者がいるらしい。そうなるとたぶん白滝からの登山者だろうから、そこで会ったときに道の確認をしてみようと思い、下っていくことにした。
 しかしいくら下れども、登山者の姿が見えてこない。音はすれども、姿は見えず。
 これはひょっとして物の怪のたぐい? と不安に思い、頭のなかの妖怪辞典をめくってそのような妖怪を検索するが、そのたぐいの妖怪が九州の山中にいるという情報はなく、安心して進んでいくことにした。

 やがて、熊鈴の音が強くなり、ようやく登山者の姿が見えてきた。
 …って、その登山者は下山中なのであり、そりゃ、なかなか出会えないわけだ。

 その人に追いついて挨拶し、白滝はこっちでいいんですね?と尋ねると、驚いたような表情をして、「いえ、こっちは全然違います。木城への道です。白滝へは矢筈岳の手前の三叉路まで戻らねばなりません」とのこと。
 その三叉路については記憶はあるが、全然三叉路になっていなかったような…。とにかく道を見落としたらしい。私は礼を言って、戻ることにした。

【矢筈岳(?)再掲】
15_2

 こうして戻ったピーク。
 再掲するが、先ほどの登山者はここを矢筈岳と言っていたので、そして駐車場とかにある地図からもここが矢筈岳らしい。
 ここを少々過ぎたところに三叉路があるのだが…

【三叉路の手前】
119

 こういうものがあったなあという記憶の通り、この標識があった。
 ただし、この標識は分かりにくい。
 まず、ここは分岐点なのではない。さらに、〇城(たぶん木城と書かれていたのであろう)方面の矢印先はロープは張っていて、通行禁止となっており、いかにも「木城方面は廃道になりました」と言いたげであり、誤解をまねきそうな状態になっている。

【三叉路】
20

 で、三叉路は、先の標識から20mほど歩いたところにある。
 白テープの張っている方向が白滝方面である。いちおう、ここに道案内の標識もあったが、分かりにくい。

【三叉路】
2011

 先ほどのところを少し、拡大したところ。
 〇で囲ったところに標識があるが、小さいし、草に隠れている。

【三叉路】
202

 さらに拡大すると、一応コースがきちんと書いていることがわかる。
 ちなみに、この標識に従うと、先ほどの名無しのピークは矢筈岳のようではある。

【登山道】
21

 三叉路から先の白滝コースは、よく整備されていて、分かりやすい。
 要所要所に、文字の消えかけた標識もある。

【白滝】
22

 白滝コースの名物は当然白滝。
 75mの高さを流れる迫力ある滝である。

【登山道】
23

 白滝の滝壺まで行く分岐まで下りると、そこからは旧トロッコ道を使った道になり、緩やかな道となる。

【登山道】
25

 この道も新緑が美しい。

【登山口】
26

 トロッコ道を道なりに歩くと、やがて登山口に出た。
 本当はここに出る予定はなく、第一駐車場傍の登山口に下りる予定だったのだが、その下り口を見つけることなく、通り過ぎてしまっていた。
 どうも、今日はなぜかは知らぬが、全体的に登山のカンが鈍っていた。

【登山口】
27

 少々余分な舗装路歩きをしたのち、元の駐車場へ。
 本当はここの登山口に下山する予定だったのである。

【地図】
28

 駐車場での地図。
 これによれば、白滝コース分岐の奥の山は「矢筈岳」のようである。
 ならば、途中の「矢筈岳」の標識のあった山はなんだ? ということにもなるのだが。
 そして、私は結局黒原山まで行ったようであった。
 
 今回で尾鈴山のだいたいのところは分かったので、次回は紅葉の時期にでも、反対周りで登ってみようと思った。

|

« アケボノツツジの宴@大崩山 | Main | サイクリング:延岡~北浦~蒲江~佐伯~臼杵~大分市 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シャクナゲを見に尾鈴山へ:

« アケボノツツジの宴@大崩山 | Main | サイクリング:延岡~北浦~蒲江~佐伯~臼杵~大分市 »