« 寿司:月の木@大分市 | Main | 映画:キックアス2 »

March 09, 2014

雪の三俣山

 大船山に登った翌日は、今シーズンまだ登っていなかった三俣山に登ってみることにした。

【大曲】
1_2


 
 三俣山の代表的登山口である大曲から登ってみる。
 ここの駐車場の雪は全て溶けており、駐車にまったく問題なかった。

【登山道】
21

 雪のもう無くなってしまったコンクリの道を、三俣山目指して歩いて行く。

【登山道】
3

 砂防ダムを越えて、黄色ペンキがたくさん塗られた登山道を、すがもり越えに向けて歩く。
 ここで女性登山者とすれ違い挨拶するが、よく見ると昨日坊がつるで会って、会話した山ガールである。朝駆けして大船山に登ったのち、すがもり越え経由で下山している途中とのことであった。
 「今日もまた登るのですか、たいへんですねえ」と言ってきたので、「この寒いなか坊がつるでテント泊するほうが、もっとたいへんでしょう」と返したら、「2週前に雪がたくさん積もったときのテント泊に比べれば、ぜんぜん大したことなかったです」との返事。あの大量降雪のときに、雪に埋もれた坊がつるでテント泊ですかあ。
 さらに歩いているのが一人だったので、他のメンバーは後から来ているのですか、と尋ねたら、みんな個別に来て、坊がつるで集っていただけとのこと。
 昨日のは雪中単独行の山ガールの集団だったのか。今の山ガールって、昔の山岳部なみに鍛えがはいっているようである。おみそれいたしました。

【すがもり越え】
4_2

 すがもり越えの小屋跡。
 数週間前までは雪で満たされていたであろうけど、今はだいぶ溶けている。

【三俣山へ】
5_2

 三俣山への登山道は、雪はなかば溶けていた。

【北千里~久住】
6

 三俣山に取り着けば、北千里から久住にかけての雄大な姿を見ることができる。
 こちらは北面になるので、まだまだ雪が残っている。

【三俣山西峰】
7_2

 三俣山は複雑な形をしているが、すがもり越えからはまず西峰へと出る。
 このあたりには雪は乏しかった。

【登山道】
8_2

 標高1600mを越えると、雪も豊富になってくる。
 そして稜線上だと、風も強かった。その風がたいへん冷たく、目が開けられなくなり、ゴーグル装着。それから
アイゼンも装着し、冬山仕様で登って行った。

【登山道】
9_2

 小ピークに出てからは小鉢に沿って歩いて行く。
 まずは本峰に登る予定だったが、途中で立ち入り禁止の看板が出ていた。三俣山は自然保護のため、立ち入り禁止区域がいろいろと指定されているが、本峰が立ち入り禁止になっているとは初めて知った。(あとで勘違いであることが分かった)
 それで、南峰へと向かった。

【南峰へ】
10_2

 南峰への取り着き。
 登山道が雪で底上げされているので、ミヤマキリシマがたいへん邪魔になり、歩きにくかった。

【南峰から】
11_2

 南峰から本峰方向を振り返る。
 …トレースが出来ているので、べつに立ち入り禁止というわけではなかったようである。

【南峰から】
12

 南峰から大船山、坊がつる方面を眺めてみる。
 少々霞んでいるが、いい風景だ。
 昨日は向うのてっぺんからこちらの風景を見ていたのである。

【小鉢】
13

 南峰から下りて小鉢に入り、ここを横切ることにする。
 小鉢の中心を過ぎたとこからは足跡はなく、ラッセルしながら進むことになる。

【小鉢】
14

 小鉢からは、小ピークへのガレ場にいい具合に雪が積もり、登りやすそうになっていたが、最後のところでミヤマキリシマの藪こぎになりそうなので、ここを進むのは止めておいて、正規の登山道を使って登りつめた。

【本峰へ】
15

 小ピークからいったん元来た道に戻り、「立ち入り禁止」の看板をよく読んでみたら、この道への立ち入り禁止ではなく、雨ヶ池と指山へのルートが立ち入り禁止とのことであった。
 それで三俣山の最高峰、本峰へと登ることにした。

【本峰】
16

 本峰に到着。標高は1744m。
 三俣山の本来の登山ルートは、西峰→本峰→北峰→南峰なのだが、またあらためて北峰に行く気にもならず、このまま下山することにした。

【登山道】
17

 西峰を越えたあたりから、天気が崩れ出し、雪が降って来た。
 3月なのにまだまだ雪が降っているのである。

【大曲から】
18

 すがもり越えから元来た道をたどり下山。
 振り返れば、三俣山は雲のなかである。
 あそこでは雪が降っているので、また三俣山には雪が積もるであろう。
 九重の雪山シーズンは、まだ終わらないようである。

 (じっさい、翌日は積雪のため、大分道や、やまなみハイウェイは通行止めとなっていた。今年の九州の降雪は、記録的である。)

Mimata


|

« 寿司:月の木@大分市 | Main | 映画:キックアス2 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雪の三俣山:

« 寿司:月の木@大分市 | Main | 映画:キックアス2 »