« 玉の湯旅館@由布院 | Main | コルク救出法@ベルエポック »

February 11, 2014

雪の行縢山

 祝日前の月曜日は一日中雨が降っていたが、天気情報によれば、山間部ではそれが雪であり、またもドカ雪になっているとのことであった。

 それで近場の行縢山へと出かけてみることにした。

【行縢山】
1

 延岡市郊外にある行縢山は、巨大な花崗岩の塊であり、たいへん姿のよい山である。ただし、標高がさほどないことと、その位置から雪は滅多に積もらぬ山なのであるが、今回の大寒波により、うっすらと雪化粧しているのが見える。

【登山道】
2

 登山道を登って行くと、標高700mを過ぎたあたりから、道に白いものが見られだした。

【登山道】
4

 渡渉部を越え、標高800mほどの高さになると、もう雪山の世界である。
 行縢山では滅多に見られぬ姿。

【山頂】
5

 雪道をのぼりつめ、山頂へ到着。
 今日は冬独特の、とても澄んだ大気で、見晴らしが大変よい。
 東を見れば、延岡市市街地、それから日向灘がくっきりと姿を見せる。

【北岳】
6

 雪は北斜面側のほうが深いようなので、北岳へも寄ってみた。

【登山道】
7

 やはり北側のほうが雪が深く、そして粉雪であり、これを踏みしめて歩くととても気持ちがよい。

【県民の森】
8

 県民の森まで下れば、東屋も雪化粧。いつもと違う、静かで趣あるたたずまいとなっていた。

 雪の行縢山は、美しく、楽しい山となっていた。
 世間では迷惑な大寒波であったが、それでもこういう置き土産も残してくれたのである。

|

« 玉の湯旅館@由布院 | Main | コルク救出法@ベルエポック »

登山」カテゴリの記事

延岡」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雪の行縢山:

« 玉の湯旅館@由布院 | Main | コルク救出法@ベルエポック »