« 宮崎キャビア1983 | Main | 映画:キックアス »

January 29, 2014

東京都知事選で脱原発が争点になっているそうだ。なら、そうしてみれば?

Lection_du_tokyo

 猪瀬都知事の突然の知事辞任により、都知事選が行われている。
 大都市東京には解決すべき様々な問題がある。それらの問題に順位をつけ、対応すべき手法を考えて行く、それがトップの仕事であり、選挙の争点にもなる。
 当然、候補者たちはそのことについて己の考えを述べ、選挙公約にもしているわけだが、…有力候補の一人細川氏は「脱原発」を主な争点としている。さらに細川氏応援団の小泉元首相はそれをワンイシューの大問題として、都知事戦の最大のテーマとして持ちだしている。そして一部のマスコミも、都知事戦で脱原発が争点になるのを当然のこととして報道している。


 しかしながら、例えば福島県知事選なら脱原発がテーマになるのは分かるけど、東京都が脱原発をテーマにしてどうするのであろうか?
 東京には原発は一基もないし、地理的条件からこれからも造るはずもなかろうから、自身の原発設置については問題になりようもない。
 それで、あくまでも東京都が脱原発を叫ぶなら、それは他県の原発の停止の要求ということになる。現在日本では原発は全部運転停止しているが、今年夏以後は順次再稼働する予定になっている。東京と関係するところでは、新潟の柏崎原発がそれであり、政府の東電再建計画でも柏崎原発の再稼働は前提条件となっていた。

 柏崎原発は新潟県知事がトンデモ系の人なので、ゴタゴタはするだろうけど、法律に基づいて柏崎原発は再稼働をするであろう。
 そして、もしその時脱原発派が東京都知事になっていたとする。脱原発が公約だったのだから、都知事は原発停止を新潟に要求するのだろうが、…どういう理由で停止を要求するのであろうか? 「原発は危ないから」くらいしか理由は思いつかないが、規制委員会で厳重にチェックされたあと政府が責任もって再稼働させた原発に、他所者が難癖付けてきても、新潟県は大きなお世話と言うしかないだろうし、だいたい原発の電力の最大の恩恵を受けている東京都が何を文句言ってくるのだろうと、普通は怒るであろう。
 あるいは新潟県に文句を言うのでなく、東京電力の大株主である権利を利用して、東京電力に直接ねじこみ、原発を再稼働させないという荒技は出来るかもしれない。しかしそれをやると、今でも高くなっている電気代はさらに大幅値上げとなり、さらには計画停電なども必要になりかねず、無理を強いられた都民から直ちにリコールされるのは必定であろう。
 どうやったって、都知事に脱原発など無理なのである。

 と書いたものの、今脱原発を主張している候補者も、じつのところ自分が都知事になったところで脱原発が出来るなど思ってもいないだろう。いくらなんでも彼らはそこまで馬鹿ではない。
 要は、脱原発を主張し、その支持を集めることによって、原発稼働の権限を持つ政府に脱原発をアピールする。そのことが目的であろう。すなわち都知事選を、自らの脱原発主張の道具としているのだ。

 彼らにとっては、都知事戦は「脱原発を問うアンケート調査」であり、彼らの脳内では、脱原発賛成票が過半数を占めたアンケート集計があり、それを武器に政府に脱原発を迫る予定なのだろう。


 よろしい。
 アンケート調査おおいに結構。
 日本の選挙は透明性が高いから、そこに不正ははさまれる余地はない。脱原発イエスかノーかは、都知事戦の票数ではっきりと示されるであろう。
 そしてその結果が出たあとは、もうゴタゴタ言わないでほしい。負けたときは、自分の主張に民意はなかった、自分の主張に道理はなかったときちんと認め、何が間違っていたか、しっかりと考えてほしい。それが真っ当な政治家の務めだと思う。

 原発事故以来、原発の再稼働を争点として、国政選挙、あるいは原発立地県の地方選挙はいくつも行われたが、いわゆる脱原発派は全て惨敗している。それでもゾンビのように幾度も蘇って来る彼らに対し、今回の都知事選が止めの一撃となってもらいたいものだ。


 …………………………………

【Résumé(まとめ)】

 Élection du Tokyo gouverneur est en cours.
 Arrêtez l'énergie nucléaire est devenue un problèmes impotante dans l'élection au poste de gouverneur pour le moment
 La phrase « Arrêtez l'énergie nucléaire » signifie de stopper les tous la production d'énergie nucléaire.
 Ils réclament que par elle Japonaise purrent échapper à la peurt de l’accident nucléaire.
 Mais centrale nucléaire est la course s'il ya un sens imoportant.
 Le Japon est un besoin de grandes quantités d'énergie, la centrale nucléaire a produit de l'électricité de 30%.
 Maintenant ils sont arrêté, l'énergie thermique est produite électrique plutôt. Comme le frais de carburant, le Japon a versé ¥ 3 billion supplémentaire par an. De plus l'essence de l'énergie et du pétrole lampant sont également en flèche.
 En ignorant ce fait, ils ont juste crier arrêt principal sans les mesures à cette probléme.
 Pour leur réclamation stupide, le jugement est faite en le 9 Février.

|

« 宮崎キャビア1983 | Main | 映画:キックアス »

雑感」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

Comments

「規制委員会で厳重にチェックされたあと政府が責任もつこと」があなたが思い付く「原発は危なくなんかない理由」なんでしょうね。福島第一も「原子力安全・保安院で厳重にチェックして政府が責任もってた」はずが事故起こしましたね。

Posted by: Name:(必須) | December 04, 2014 11:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京都知事選で脱原発が争点になっているそうだ。なら、そうしてみれば?:

« 宮崎キャビア1983 | Main | 映画:キックアス »