« 映画:ゼロ・グラビティ | Main | 映画:バックコーラスの歌姫たち »

December 22, 2013

サーラカリーナでクリスマスディナー

 福岡市に来たので、サーラカリーナでディナー。
 この店ではアラカルトで頼むことが殆どなのだけど、今はクリスマスシーズンなので、メニューはクリスマスディナーコースしかなく、久しぶりにコース料理を。

【アミューズ】
1

 アミューズは、一口で食べられるようにスプーンに載せたものが3つ。黒米ピラフ、キャビアと冷製カッペリーニ、リコッタのパンケーキなど。いつものプレートで出されるものとよく似た感じだけど、これがスプーンに載るとまた新鮮な印象を受ける。

【スープ】
2

 店の実力をよく示す、澄み切った味のコンソメスープに、小さな詰め物パスタ。

【前菜】
3

 生ハムは蝦夷鹿と牛。山羊のチーズと野菜のサラダ。

【メイン1】
4

 メインの魚料理は、鰆、平目、鮪、タラバガニ、紫ウニの食材を使って、丁寧に手を加えて、小さくまとまった、美しい料理が皿に並ぶ。
 サーラカリーナならではの、一枚の水彩画のような、芸術的な料理である。

【パスタ1】
5

 最初のパスタは、オマール海老のラビオリにトマトとバジリコソース。

【パスタ2】
61

6

 続いてのパスタは、白トリュフとブラウンマッシュルームのラグー。
 トリュフをかけているところから、濃厚なトリュフの香りがテーブル中に漂う。

【トリュフ】
9

 白トリュフ、置いているだけでもじつはいい香り。
 このトリュフ料理がパスタだけなのももったいないので、追加でリゾットを頼んだ。

【リゾット】
8

 香ばしいチーズのリゾットに、さらに香りを高めあうトリュフが合わさり、なんとも豊かな香りを楽しめるリゾットの出来あがり。

【メイン2】
7

 メインの肉料理を、ここはストレートに尾崎牛の炭火焼。
 とても上手な火の入れ方であり、尾崎牛の良さが十二分に味わえる。

【デザート】
10

 デザートはクリスマスケーキとのことらしい。
 ホワイトチョコレートは雪に見立てているようだけど、円筒形のケーキはサンタの煙突?


 久々のフルコースであったが、いずれの皿も繊細にして丁寧なもの。
 サーラカリーナの醍醐味を味わえた、素晴らしい料理の数々であった。

|

« 映画:ゼロ・グラビティ | Main | 映画:バックコーラスの歌姫たち »

イタリア料理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サーラカリーナでクリスマスディナー:

« 映画:ゼロ・グラビティ | Main | 映画:バックコーラスの歌姫たち »