« 映画:47RONIN | Main | 河豚コースで忘年会@ふじ木 »

December 15, 2013

忘年会走行会@宮崎りんりん館チーム

 本日は宮崎の自転車仲間の忘年会走行会。
 この寒い時期にサイクリングは少々きついのだが、うまい具合に12月半ばにしては穏やかな天候となり、サイクリングにちょうどいい塩梅であった。

 佐土原の久峰公園をスタートして、北西方向へと走る。

【新田原基地】
1

 ちょっとした坂を越えて、新田原基地へ出て、その広大な敷地に沿って走行。

【尾鈴山】
2

 尾鈴山サンロードに入り、車の通行量の少ない、気持ちのよい道を走る。
 好天のもと、尾鈴山もくっきりとその姿が見える。

【ヒルクライム】
3

 今回のコースの目玉の、ループの坂。
 正面に見える高架橋の高さまで、約50m登る激坂である。
 走行会主催のAさんが動画を撮るために、先に橋まで登り、合図をしてからスタート。

【合図】
17

【ヒルクライム】
4

 高さはたいしたことはないものの、傾斜が急なので、それなりに苦労して登った。
 ついでながら、走行中のメンバーと、そして動画を撮るAさんも撮影。

【橋からの眺め+夢の工場】
51

 この橋は、小丸川と、木城の平地が見渡せる、いいビューポイントである。
 ところで、この風景のなか赤丸で囲ったところに工場がある。この工場、じつはAさんがかつて経営した「夢の工場」であった。
 以前に、今まで人工栽培の方法のなかったハタケシメジが、その栽培法が開発されたとき、これは受けると思ったAさんは、そのパテントを持つ企業と契約し、ン億円の大金をかけて、ハタケシメジ栽培工場を造った。
 Aさんの狙い通り、ハタケシメジはホンシメジなみに美味しく、また栽培品の品質も良かったので、一流の料理店でも購入されるほど人気が出た。
 しかしながら、工場運営を続けるうち、やがて重大な誤算が判明した。
 ハタケシメジは冬にはよく売れるのだが、夏にはさっぱり売れないのである。
 これは、「日本ではシメジは基本的には鍋の具材である」という認識を考慮しなかった、すなわち工場を建てる前のマーケッティングリサーチに問題があったわけだが、…宮崎人はだいたい気質がおおらかなので、この手の失敗は、よくあることではある。(典型例:シーガイヤ)
 この苦境に対して、Aさん夫妻は日本全国を股にかけた奮闘を行った。その笑いあり涙ありのプロジェクトXは、…とても面白いのだが、長くなるので割愛し、またの機会ということで。

 それはともかく、こういう新たな事業の企業って、内実は大変だったのでしょうけど、なんといっても男の夢であり、これを実現したAさんをうらやましく思う。

【川南】
6

 ヒルクライムののちは、川南から都農へ向かって行く。
 尾鈴山は、このサイクリングで常にいい風景のアクセントになっていた。

【四季の味 うたげ】
7

 昼食は都農の「四季の味 うたげ」にて。
 ロードバイクでの外出の場合、常に駐輪の方法が問題になるけど、この店では奥の店専用のスペースを開放してくれて、セキュリティのある場所に9台の自転車を止まらせいただき、自転車乗りにとってとても有難い店であった。

【昼食】
8

 昼食は、お決まりの定食で。
 洋と和が混在した、手間のかかった料理である。
 これで1000円なのは、CPよしである。

【Sさん】
9

 私が料理の写真を撮っていると、隣のSさんが、「自分もブログに載せてくれ」と要望するので、撮影しUPいたしました。
 このブログ、基本的には顔出しNGでやってるので、顔出しは珍しく、他の顔出しは寿司店店主ばかりなので、初めての一般人参加であります。
 まあ、だからなんだというわけではないのだが。

【川南の坂】
11

 都農からは川南駅前を走る県道302号線を走行。この道は自転車乗りにとっては、よく知られた道であるけど、国道10号線に合流する前に激坂があることでも知られている。
 その激坂を走らない裏道ということで、Aさんが先導してその道を行ったが、(ルートラボ参照)、…やっぱりそれなりの坂ではあった。

【国道10号線側道】
10

 県央のサイクリングでは、交通量の多い国道10号線をいかに避けて走るかが問題になるのだが、このように10号線に沿った脇道を使って走行。
 車は地元民しか走らないような道であり、狭いながらも、自転車にとってはたいへん走りやすい道であった。

 今回の走行会は、裏道、脇道を駆使しての、マニアックなコースであったが、面白く、珍しい風景や光景を見ることができた、楽しいものであった。

【忘年会】
12

 走行会ののち、夜は「ワイン食堂geeks」で忘年会。
 この店、新しくできたばかりなのだが、ワイン仲間からの評判もよく、気になっていたが、年内に訪れられてよかった。
 雰囲気はビストロ風で、アットホームに、みなで盛り上がれるいい店であった。


|

« 映画:47RONIN | Main | 河豚コースで忘年会@ふじ木 »

自転車」カテゴリの記事

Comments

喜んで頂き嬉しいですね。
また温かいご紹介、誠にありがとうございます(笑)
次回、ご一緒出来るまで・・・

Posted by: itijouji1969 | December 18, 2013 07:56 PM

地元の人しか知らないルートってのは、やっぱり走っていてワクワクします。楽しいルートありがとうございました。機会があれば、県北でもこういう走行会やりたいです。
それと、ハタケシメジの物語は、新たな食文化の開発と広報の苦労が混ざった、たいへん奥深い話ですので、これは一冊の本にする価値もあるのでは、と思いますよ。

Posted by: 湯平 | December 18, 2013 10:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 忘年会走行会@宮崎りんりん館チーム:

« 映画:47RONIN | Main | 河豚コースで忘年会@ふじ木 »