« 秋の美山荘界隈 | Main | 縄屋@京都丹後市 »

November 02, 2013

京都北部の紅葉

 美山荘ではまだ紅葉は始まったばかりであった。それで、より標高の高い場所へとドライブ。府道38号線を北へ向けて走行。くねくねと峠道を登って行き、標高735mの高さに佐々里峠がある。

【佐々里峠周囲】
1

 佐々里峠を少し下ったところ。
 まずまずといった感じの葉の染まり具合。

【佐々里峠周囲】
2

 さらに下っていったところ、造成林にはさまれた雑木林のところが紅葉していた。
 造成林の緑とのコントランスがおもしろい。

【佐々里】
3

 佐々里峠を下ったところが、佐々里。
 スキー場もある京都の奥座敷のようなところである。

【佐々里川】
4

 佐々里川に沿って走っていると、ここも紅葉が。
 渓流と紅葉はいい組み合わせであり、絵になる。

【美山茅葺の里】
5

51

52

 府道38号線をずっと進んでいくと、美山の名所「茅葺の里」。
 ここはまだ標高が低いせいか、紅葉はまだであったが、柿の実やススキのおかげでよい秋の風景となっていた。

 茅葺の里からは舞鶴方面に出て、それからは海岸線に沿って国道178号線を走行。
 途中には日本三景「天橋立」があったが、遠目に眺めるだけで通過して、丹後半島へと入った。

【伊根】
6

 丹後半島の目的は伊根の船屋。

【伊根の船屋】
7

8

 伊根の船屋は江戸時代から続く、独特の漁師町。
 家から直接船が出せるように、家は海岸に接して建てられている。その家屋が湾を取り囲むようにずらりと並んでいて、ここにしかない情緒ある町の風景をつくっている。


 伊根の次は経ヶ岬へ寄る予定だったが、日が暮れて来たので寄るのはやめて、本日の宿へと向かった。
 今日はけっこうな距離を移動したため、思いのほか時間がかかってしまった。
 地理的には京都市から京都の北の端までであり、京都府内を移動したに過ぎないのだが、…京都って広い。

|

« 秋の美山荘界隈 | Main | 縄屋@京都丹後市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京都北部の紅葉:

« 秋の美山荘界隈 | Main | 縄屋@京都丹後市 »