« 邪馬台国は何処にあったのか? 統計学的手法で考察した記事の紹介。 | Main | 六覺燈@大阪市 »

October 31, 2013

USJ@ハロウィン

6

 大阪USJに行ってみた。
 休日は激コミであろうから平日を選んで訪れたが、駅を出た頃からどうも様子が変である。周囲の若い人たちの多くがコスプレなのだ。USJという所はそういう慣習があるのだろうかとも思ったのだが、そのコスプレが魔女、囚人、お化け・・・と通常のコスプレとは異なるものが多く、そうか今日はハロウィンなんだと気付いた次第。
 このコスプレは、手の込んだものも結構あり、眺めていて楽しく、行列の待ち時間などこれらを眺めていて時間を過ごせたのは幸運であった。

 さて、とにかく園内の有名アトラクションを回ってみよう。

【BTF】
7

 BTFはデロリアンに乗っての追いかけ劇。
 空飛ぶデロリアンがヒルバレーから異次元的世界を駆け巡り、この飛翔感は素晴らしい。ただし、そうとう振り回されるので、三半規管にはこたえる。

【ジュラシックパーク】
1

 ロストワールドで恐竜と出会いながら、ボートでの遊覧。
 最後はお約束の脱出劇で、高所より全速で川へのダイブ。

【ジョーズ】
8

 ジョーズは巨大鮫の暴れまわる海をボートで探索。
 鮫の襲来とともに燃料貯蔵庫も爆発したりして、けっこうな迫力。

【T2】
10

 T2は赤いスーツを着た高ピーなお姉さんの案内で始まる。毒舌で客いじりをするスタイルはいかにも関西風。
 3Dと現実の大型バイクを使っての、緊迫感あふれるショーであった。

【ウォーターワールド】
9

 映画自体は駄作であったウォーターワールドであるが、ショーはなかなか面白い。
 火だるま、10mの落下などものともせぬ、役者の身体を張った演技がよろしい。

 アトラクションは、このほか「シュレック」を見て、4Dスタイルの映画のリアルさを実感。

【ホラーナイト】
2

 この期間限定で行われる「ホラーナイト」が日が暮れてから行われた。
 ゾンビがぞろぞろ出て来るという説明だったので、ゾンビの群れがスリラーダンスを踊るようなものを想像していたけど、照明を落とした園内で、ゾンビが個別に出現し、客を驚かせるというものであった。
 どうせだったら、普通のパレードのほうが好きだなあ。

【I’ll be back !】
4

 USJで個人的に最もツボにはまったのは、入り口近くのゲストサービスにあったシュワルツネッガー直筆の「I’ll be back !」の額。
 これ見て、よしまた来ようと思った人も多いのでは。

【ユニグローブ】
3

 USJの象徴ユニグローブは夜はこのようにライトアップ。かっこいい。

【大阪夜景】
5

 USJのライトアップも良かったが、大阪梅田の街もずいぶんと近代化されており、夜景が美しかった。

|

« 邪馬台国は何処にあったのか? 統計学的手法で考察した記事の紹介。 | Main | 六覺燈@大阪市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference USJ@ハロウィン:

« 邪馬台国は何処にあったのか? 統計学的手法で考察した記事の紹介。 | Main | 六覺燈@大阪市 »