« 秋の虹 | Main | 映画:ウルヴァリン :SAMURAI »

October 20, 2013

高千穂ヒルクライムレース@記念すべき第一回大会

 宮崎県県北は、リアス式海岸あり、大きな山系ありで、地形がとても複雑であり、面白い自転車コースを設定できる地なのであるが、今まで本格的な大会は開かれたことがなかった。
 今回、神話の里高千穂の山岳コースを用いて、県北で初めてのオフィシャルな自転車レースが開催されることになった。レース中は、公道に交通規制を行い、自動車を通行止めとする本格的なものである。
 これは県北のサイクリストとしては、やはり参加するべきであろうと、申し込みをした。

 高千穂ヒルクライムレースは、岩戸神社近くからスタートし、尾平越トンネルの手前がゴール。距離は14.8km、獲得標高は619mであり、高さにしろ勾配にしろ、たいしたことはないなと安易に考えていた。…しかし、ヒルクライムレースって、ただ完走できればよいというものとは全く違っていたことを、あとで思い知らされる羽目となった。

【開会式】
0

 総合公園を使っての開会式。大会マスコットは、アマノウズメにちなんでの「ウズメちゃん」。日本全国、こういうゆるキャラって、いったいどれくらいあるんだろう?
 本日は予報では曇りのち晴れということであったのに、朝から小雨が降り、だんだんと雨粒が大きくなってくる。本降りになるようだったら、DNSしようと思いながらパレードラン走行開始。

【パレードラン】
1

 総合公園から天岩戸神社まではパレードラン。徐々に高さを増していくルートで、ウォーミングアップにはちょうどよい。

【スタート地点】
2

 スタート地点。このときに雨が上がり、そして1時間後の皆がほぼゴールするまで雨が上がっていた。その後、また雨が降りだしたけど、レースのときだけうまい具合に雨が降らなかったわけで、大会参加者に中途半端な晴れ男(or女)がいたようである。

 各クラスごとに出発。
 私は40人くらいの集団での出発であったが、みな速い、速い。最初からトップギアに入ったような全力走行。なんとか集団に入っていようと思いつつも、重いペダルを速く回すうち、心拍数がたちまちmax近くにはね上がって、体力がもたなくなり、500mもいかぬうちに脱落。田中サイクル組のPさんの背中がはるか彼方に去ってしまった。この人、こんなに速かったんだ。
 それでもなんとかペダルを回し走るのだが、後続スタートの年長者組や、それから女子にも次々と抜かれ、実力不足を実感。まあ、ヒルクライムレースの練習なんてしてなかったからしょうがないといえばしょうがないのだが、やはりみっともない。
 そういうみっともない走行を続けるうち、コースを登り切り、ゴール。達成感はなにもなし。
 タイムは55分台。1時間は切ったから、これはこれでよしということにしておこう。

【ゴール風景】
6

 ヒルクライムは己の限界に挑戦するゲームゆえ、なかには限界を突破してしまって脚が攣って回らなくなってしまった人もいる。そういう人たちは普通はサポートカーが回収するわけであるが、なかにはそれでも登りつづける人たちもいて、なかなかの根性ぶりである。いい絵になるので、地元テレビ局にて撮影中。

【ゴール地点】
3

 私がゴールしたあとくらいから、雨がまた降り出した。そして、ここは標高1000m近い高さにあるので、かなり寒い。
 雨やどりのため、交通規制されたトンネル内で休む人たちもいたが、ここは風の通り道になっているので、余計に寒くなり、逃げ出す人も多かった。

【ゴール地点】
7

 予想を超える寒さに、いろいろな防寒対策が為されていたが、面白いのがこれ。
 透明ゴミ袋を使っての、臨時防寒具である。容易に応用が利くので、私も覚えておこう。

【下りへ】
4

 最終走者がゴールしたのち、全参加者の下りが始まる。
 雨のなか、濡れた路面を走っての集団の下りだから、慎重に慎重を重ねて下って行く。
 登りのときはたいしたものと思わなかったが、下ってみるとゴールからしばらくはかなりの急傾斜なので恐いものがあった。田中サイクル組のT氏は、カーボンホイールだったので、特にブレーキの効きが悪く、悲鳴をあげながらの走行であった。

 標高500mくらいになると霧が晴れ、雨もあがり、ようやく快適に走行できるようになった。このコースは本来なら抜群の景色がずっと楽しめるところなのだけど、本日は写真程度。遠方から来た人たちには、是非ともまた来て、本来の高千穂~尾平の絶景を知ってもらいたいものである。

【表彰式】
5

 全員無事に総合公園まで下って、それから表彰式。
 ウズメちゃんがまた活躍だ。
 成績上位者が壇上に上がり、賞品賞状をゲット。
 トップの成績はどれくらいかといえば、14.8kmを36分40秒。平均時速はなんと24.2km。なにをどうやったらこんな速度だせるんだろう、と16.1km/hの私としては嘆息するしかない速さである。

 にぎやかな表彰式、高千穂名物満載の多くの賞品、それから沿道の人たちの応援、高千穂町が町の力を込めて行っている、いいイベントであった。
 最初の話に戻るが、県北は自然豊かな地なので、こういうサイクルイベントがどんどんあってよいと思うし、そうあるべきだと思う。

 そして、1ヶ月後には、延岡市初めてのサイクルイベントが北方町ETOランドで開かれるわけで、やはり県北サイクリストとしては参加するべきであろう。
 …しかし、これがまたヒルクライムレースなんだよなあ。さてどうしたものか。


【Résumé(まとめ)】
 La région du nord de Miyazak préfecture est riche de nature. Utilisant ces terrain complexe, il doit étre possible de tenir un bon vélo construire.  Cependant, un grand rallye vélo ne s’est jamais tenu jusqu'à maintenant.
 Cette fois, course cycliste de bon a eu lieu à Takachiho dans la préfecture de Miyazaki pour la première fois.
 Takachiho a apparaît depuis le commencement de la mythologie du Japon. Ainsi Takachiho est un village du mythe.
 C'était une course que on monte la hauter de 619m et courst une distance de 14,8 km. 
 Le temps était pluie ce jour-là, par les participants enthousiastes, le course était pleine d'air chaud. J'ai également participé, je m’suis déçu de mauvais enregistrement.  Il est par un manque de pratique.
 Les encouragements des gens du bord de la route, cérémonie été très animé, beaucoup de prix de spécialié local. Cette maifestation a été un succès, je crois.
 Je veux participer lequel de l'année prochaine.

|

« 秋の虹 | Main | 映画:ウルヴァリン :SAMURAI »

自転車」カテゴリの記事

Comments

高千穂 お疲れ様でした。
佐伯で190km 時間内完走した湯平さん
でさえ苦しんだこの大会って一体?!
ETOランドヒルクライムでお会いできる
事を楽しみにしときます。

Posted by: キヨシ | October 21, 2013 09:21 PM

高千穂ヒルクライムがハードというわけでもなく、私の認識不足でした。
センチュリーとヒルクライムレースを比べると、陸上の長距離と短距離みたいなもので、走り方がまったく違います。そういう走り方のトレーニングをしてないと、とてもついていけません。なにせ、参加者の半数程度が、あのコース20km/h以上で登っているわけで、普段から相当に鍛えているはずです。
ETOランド前に、愛宕山か六峰街道使って、心拍数90%で登るトレーニングを何本かやってみようと思います。まあ、今の所思っているだけですが。…中年族には心拍数90%はきついですからねえ。教科書的にも、「中年は、心拍数90%以上で運動するな」と書かれてますし。

Posted by: 湯平 | October 22, 2013 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高千穂ヒルクライムレース@記念すべき第一回大会:

« 秋の虹 | Main | 映画:ウルヴァリン :SAMURAI »