« 読書: 島田清次郎 誰にも愛されなかった男 (著)風野春樹 | Main | 邪馬台国は何処にあったのか? 統計学的手法で考察した記事の紹介。 »

October 27, 2013

ETOランド@延岡市北方町

 11月17日にETOランドヒルクライム大会が行われる。
 人工芝スキー場、ゴーカート、バンガロー、大浴場等が設備され、県北の観光地の目玉となるべく期待されたETOランドであるが、不便な地がわざわいしたのか、あるいは元々のコンセプトに問題があったのか、来園者は右肩下がりであり、近年は寂れる一方である。
 それに活を入れるべき新たな魅力として、北方町の関係者がETOランドへの長い登り道を利用して、ヒルクライム大会を開くことにした。ヒルクライムレースって、まずは交通規制しないといけないので、手続が大変なのであるが、既に交通規制は広報された。さらにETOランド自体が知名度が低く、この大会は集客力に問題あるので、実績ある自転車プロをよんで、集客力を高めようとしている。かなり気合の入ったイベントである。

 県北の自転車乗りとしては、延岡市初の記念すべきサイクリングイベントにはやはり参加しないといけないだろう。
 …ただし、ヒルクライムって結構特殊な分野のスポーツなのであって、それなりの力がないとやってて楽しくない、というのが難である。
 坂さえ登れればいいやという安易な考えで参加すると、日頃から鍛えている人に横をすいすい抜かれ、甚だみっともない思いをするということを、先日私は高千穂ヒルクライムで知った。

 というわけで、ETOランド大会前に少々のトレーニングをしたいのだが、あいにく11月の週末はだいたい予定がつまっており、トレーニングする余裕がない。
 どうやら使えるのは10月末の週末だけみたいだ。

 今はちょうど九州の山々の紅葉のピークであり、そちらのほうがたいへん気にはなるけれど、今年ばかりは目をつむることにしよう。
 まあ、それにETOランドだって山のなかにあるんだから、紅葉くらいはあるであろう。

 まずは土曜日に愛宕山、2.6kmで高さ220mを4本、全力でヒルクライム。心拍数を高めて登るのが目的である。3本目からはさすがに飽きたが、それでも筋肉が悲鳴をあげるまでペダルを回した。
 翌日は筋肉痛が残るなか、ETOランドへ。7月に登ったときは暑さで疲れ切ったが、この日は肌寒いほどの気温で、ヒルクライムにはもってこいであった。ETOランドは8.8kmで高さ750m。今回は心拍数を高めで一定に保つことを目標にし、なんとかそういうペースでゴール。

【ETOランド】
Eto

 ETOランドでは、いつもの風景を写真に。
 空は見事に澄んだ青空で、ほとんど晩秋から冬にかけての空の色となっていた。
 あれほど暑かった九州の夏はついこの前去り、秋は早足で駆け抜け、そしてすでに冬の気配が漂っている。

 ま、とりあえずETOランド大会前の本場を使っての練習は終了。残り20日間ほどは近場の山を登ったり、そして風邪をひいたりしないよう、健康管理に努めることにしよう。


 …それと結局、ETOランドには紅葉はなかった。


【Résumé(まとめ)】
 Il y a un grand parc sur la montagne appelée des ETO terre au nord de Miyazaki préfecture.
 En utilisant ce, le 17 Novembre la concurrence Hill Climb sera ouvert.
 Je n'ai pas mis une bonne performance de la dernière fois à Takachiho  concurrence, alors Je éspere que je gane la performance un peu de bien qu’elle. Dans ce but, je suis allé à pratiquer en ETO terre.
 La saison devient automne. Le ciel bleu s’est clarifié magnifiquement、la température a été fraîche Dans ce climat, monter de montagne en vélo, c’est trés amusant.
 Je veux essayer les résultats de cet exercice dans la concurrence prochaine.

|

« 読書: 島田清次郎 誰にも愛されなかった男 (著)風野春樹 | Main | 邪馬台国は何処にあったのか? 統計学的手法で考察した記事の紹介。 »

自転車」カテゴリの記事

延岡」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ETOランド@延岡市北方町:

« 読書: 島田清次郎 誰にも愛されなかった男 (著)風野春樹 | Main | 邪馬台国は何処にあったのか? 統計学的手法で考察した記事の紹介。 »