« 光洋、最新作 | Main | 蛮人の内戦  not civil but barbarian war »

September 10, 2013

映画:ワールド・ウォーZ

Wwz

 今年の夏はハリウッドの大作の上映が多く、そしてそれらが秀作ぞろいであったという、映画ファンにとってはありがたいシーズンとなった。
 しかしながら、その大作群の一つである「ワールド・ウォーZ」は、人気小説を原作として、ブラッド・ピットがプロデュースした話題作であったのだが、…この映画は微妙な出来であった。

 人をゾンビ化する新種のウイルスが世界規模で感染を起こし、次々と世界中の都市が崩壊していき、人類を救うためにブラッド・ピットが世界と飛び回って奮闘するという物語。
 ゾンビものは、ホラー映画の一大分野となっていて、毎年のように趣向を変えたゾンビ映画が作られている。
 そして「ワールド・ウォーZ」は、巨額の予算をかけて作られたわけだから、数あまたあるゾンビ映画のなかでも、独自の位置を占めるべき新機軸が加わっているはずが期待できる。

 しかし、映画をみると、どうも既視感を覚えるシーンばかりが出て来る。
 俊敏な動きをするゾンビ、ゾンビが集合して行動する巨大な群れ、ゾンビ化へのカウントダウン、ウイルスのあまりに速い蔓延による人類絶望の危機等々、なにやらバイオハザードシリーズでやり尽くされたテーマばかりが出て来る。

 結局、新機軸らしきものは、ゾンビへの対抗策として、「ゾンビに反撃するのでなく、人類側に新たな防御方法をみつけること」らしかった。
 ただこの方法は、映画のなかでも科学者から指摘されていたが、論理的に無理があり、論理を無視した行動をゾンビがとっているためたまたま有効であったとしか思えなかった。

 脚本的にはいろいろと納得いかないところもあり、ゾンビ映画としては中級レベルだなと思いはしたが、けれども、さすがに巨額の予算をかけただけあって、映像的には見ごたえあるところが多かった。
 特に、安全な地であるはずだったイスラエルが、大量のゾンビの攻撃にて鉄壁の壁が無効になり、崩壊してしまうところは迫力満点。この映画は、あんまり3Dにする必要を感じなかったけど、ここのシーンばかりは3Dを使う価値がおおいにあった。


 ワールド・ウォーZ 公式サイト

【Résumé(まとめ)】
 C'est le film sur le thème du zombie.
 Les gens sont devenus zombies par virus infection. Le virus se répand rapidement dans le monde entier.
 Sombies sont trés fortes et les villes dans le monde se sont détruit.
 Les scènes de detruire sont pleine de impresions foretes.
 En particulier le scène que Jérusalem est détruite par grands régler de zombies était trés passionnant.

|

« 光洋、最新作 | Main | 蛮人の内戦  not civil but barbarian war »

映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画:ワールド・ウォーZ:

« 光洋、最新作 | Main | 蛮人の内戦  not civil but barbarian war »