« 寿司:紫光@鹿児島市 | Main | 祝 延岡学園高校準優勝 »

August 10, 2013

耐暑登山:韓国岳

 先週に引き続いての耐暑登山その2は、鹿児島霧島の韓国岳である。
 もはや亜熱帯域にあるといってよい南国鹿児島の、気温35度を超える猛暑日での登山。暑い、きついと嘆きながらの登山であったが、今回の登山にはきちんと目的があったので、なんとか心は折れずに山頂を踏むことができた。

【大浪池】
1

 ルートは大浪池経由で。
 今年の夏は全国各地、「これまでに経験したことがない大雨」が降っているのであるが、鹿児島は全く雨が降らずにカラカラの日が続いている。それで、大浪池はもしかして干上がっているかもと思っていたが、普通に水を蓄えている。ここを取り囲む山群の保水力は、このくらいの日照りではなんともないようだ。

【霧島 夏の花】
7

4

3

2

 霧島には春と秋しか訪れたことがないので、夏は初めてである。
 それでいつもは見かけぬ花をいくつも見ることができた。
 上の二つはノリウツギにナガサキオトギリだろうけど、あとの花の名は分からず。
 いずれも小さな楚楚とした花。夏の花って、あんまりやる気がない、というか華やかさに欠けているなあ。そういえば、日本アルプスでみる高山植物もこういう感じだな。

【韓国岳へ】
8

 大浪池、火口辺縁を半周して、それから韓国岳へと登って行く。
 霧島の山は基本的に観光客が多く訪れるところゆえ、登山道はよく整備されているので、歩きやすい。
 歩きやすいのではあるが、なにしろ気温は35度、日光のもとでは40度を超える猛暑日の登山ゆえ、暑いったらありゃしない。登るうち、汗がとどめなく出てきて、ウェアは経験したことがないほどに重くなる。夏といえども、長袖長ズボンは登山の鉄則なので、全身が汗びたしで重たい。脱水症対策にこまめに水を飲んでいるが、その水がそのまま汗に化けているような感じだ。

【韓国岳山頂より】
5

 暑くとも、きつくとも歩を進めて行けば、いつかは山頂にたどり着く。
 山頂からは、噴火して周囲が立ち入り禁止となっている新燃岳を見下ろすことができる。新燃岳火口は、溶岩で埋っているような写真が報道されていたが、噴火活動が弱まった今はだいぶ溶岩の位置が下がっているようであった。

【韓国岳山頂】
6

 南国鹿児島の猛暑日の韓国岳登山。
 登山としては面白くともなんともなく、他人にはぜったいお勧めできないものであるが、それでもけっこうな数の人が登っているのには驚いた。
 人間って、意外と暑さに強い生き物なのかもしれない。


 韓国岳に登ったあとは、いつもは高千穂河原まで縦走していたけれど、新燃岳噴火のせいで縦走路は通行禁止となっているため、元来た道を下っていった。
 下りになっても、やはり暑い。いつもの倍以上の疲労感を感じながら、登山口へ到着。感想は、何度も繰り返すけど、暑かった。ひたすら暑かった。

【生ビール@鮨匠のむら】
9

 今回の耐暑登山の目的、それは「美味しく生ビールを飲む」である。
 生ビールというものは元々美味しいものであるが、汗をおおいにかいて、水分への渇望を募らせたのち飲めば、さらにさらに美味しくなる。
 まあ、その汗をかくために、猛暑の日の韓国岳に登るのはやり過ぎのような気はしないでもないが、それでもそういう馬鹿らしい行為こそ、いわゆる「大人の贅沢」なのでは。


【Résumé(まとめ)】

 Mont Karakuni est la montagne à une altitude de 1700m que existe dans Kirishima montagnes de Kagoshima préfecture. Ia montagne est couvert par fleures belles (Miyamakirishima) au printemps, Ce devient un endroit célébrate.
 Je lui ai grimpé dans la saison chaud en été. Grinperant dans temps chaud, Je ai sué très. De la bière après la descente, C’etait très délicieuse.

|

« 寿司:紫光@鹿児島市 | Main | 祝 延岡学園高校準優勝 »

登山」カテゴリの記事

Comments

三番目の花、可憐だなぁ~
リンドウの一種にも見えるんだけど? 
葉っぱがないので不思議。

Posted by: 天ちゃん | August 13, 2013 09:50 PM

この花、可憐でいいですよねえ。
花の形からは、たぶんギボウシの仲間とは思うのですけど、花が茎に一つしかついていないので、ギボウシとしては珍しい一種だと思います。
山は季節ごとに、様々な装いを見せてくれて、とても楽しいアミューズメントパークではあると思いますが、…やはりこの時期はきつい。

Posted by: 湯平 | August 14, 2013 08:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 耐暑登山:韓国岳:

« 寿司:紫光@鹿児島市 | Main | 祝 延岡学園高校準優勝 »