« レ・ミゼラブル感想:エポニーヌ(3) エポニーヌが終幕に再登場する意味について考えてみてみる | Main | 新築祝い+ベルエポックケータリング »

August 25, 2013

サーラカリーナ@8月

 8月のまだ強い日差しで庭園の緑が生き生きと輝くサーラーカリーナにてランチを。
いつものごとく、本日のお勧めの品々をアラカルトで。

【パスタ1】
1

 夏らしい彩りで、唐墨、烏賊、パブリカのスパゲッティ。
 鮮やかな原色がパスタの上に華やかに開く、見て楽しく、香りもよく、そして食べればもちろん美味しい、二度も三度も愉しい料理。

【パスタ2】
2

3

 今井シェフの自慢の新作だそうで、本日一番のお勧め料理。
 オマール海老のラビオリで、外から見るとなにやらよく分からない料理だけど、割ってみるとまた複雑な料理である。
 オマール海老、白身、ホタテと魚介類を練りこんだものを包み、それに野菜にニョッキをあわせ、海老のソースを添えるという、サーラカリーナにしては珍しく濃厚系の料理。
 でも、もちろん全体のバランスは絶妙で、美味このうえなし。

【パスタ3】
4

 〆のパスタは、強めの料理で、タリアテッレのポロネーゼ。これは赤ワインによく合います。

 このほか、前菜盛り合わせ、魚介類のフリット、ニョッキなども頼み、ランチといえど、よく飲みよく食べ、いつもながらの大満足のサーラカリーナであった。


 ところで、サーラカリーナの最新のニュース。
 免許皆伝のお弟子さんが独立して店を出すことの多いサーラカリーナであるが、今度阿蘇の瀬の本に、直営の支店を開店するとのこと。
 場所は高級旅館の界ASOとかフレンチのアマファソンとかある、熊本の食好きの者なら誰でも知っているあの界隈であって、そこに新たにイタリア料理店がまた加わるわけだ。
 なぜ瀬の本?というのは、今井シェフが元々そういった高原の地が好きだからだそうで、いずれはそこに住むのでは、なんて話も出ていた。
 10月末にオープンとのことで、宿泊も一室あるというオーベルジュでもあり、これは訪れてみないといけませんな。

|

« レ・ミゼラブル感想:エポニーヌ(3) エポニーヌが終幕に再登場する意味について考えてみてみる | Main | 新築祝い+ベルエポックケータリング »

イタリア料理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サーラカリーナ@8月:

« レ・ミゼラブル感想:エポニーヌ(3) エポニーヌが終幕に再登場する意味について考えてみてみる | Main | 新築祝い+ベルエポックケータリング »