« 寿司:紫光@鹿児島市 | Main | 祝 延岡学園高校準優勝 »

August 10, 2013

赤ウニ@鮨匠のむら

 鹿児島市の名店鮨匠のむらはいつ行っても抜群に美味しいものが食べられるが、夏になると赤ウニが店の看板料理となる。
 ウニというものは、身が崩れるのが早いのと、とはいえ適度な熟成も必要なため、意外と「本当に美味い」状態で出されることが少ない。けれども、ここ、のむらでは、良いウニをうまく処理して、甘くて、濃厚で、豊潤そのものの「本物のウニ」が食べられ、店主が豪語するように「日本一美味しいウニ」を味わうことが出来る。

 本日のウニ、例によって100点満点での採点を店主に問うと、今回は3333点ということで、これは私の記憶するかぎり、今までで最高の点数である。
 そしてたしかに、抜群に美味しいウニであった。

【ウニ(+イカ+キュウリ)】
1

 最初はウニそのものがイカに乗って出て来る。
 ウニはまずは直接、そして山葵もちょっとのせて食べて、様々な美味さを感じましょう。

【ウニと筋子の茶わん蒸し】
2

 ウニは温められ、さらに甘さが増す。筋子は今年の初物。個性豊かな素材を、まろやかな茶わん蒸しの卵がさらに引き立ている。

【鮨】
3

 少しばかり温かめのシャリは、ウニの甘さをさらに高め、シャリとよく調和している。

【ウニとイクラの小丼】
4

 ウニとイクラの贅沢な二色丼。
 これをそのまま食べてもいいのですが、乱暴にかき混ぜて食べると、さらにカオスな味の豊かさが広がり、美味さがパワーアップ。

 ウニ、ウニ、ウニのウニ三昧であるが、もちろん鹿児島湾や東シナ海の地元の魚もたっぷり出て、贅沢至極な肴と鮨が楽しめた、相変わらずの、のむらの夜であった。


【Résumé(まとめ)】

 “Susisho Nomura”est un sushi restaurant à kagoshima ville que manie principalement des matrières de Kagoshima local.
 A ce restaurant, un oursin est delicieux spécialement en été.
 On dit que le ourisin de ce restaurant est le plus délicieux de japon.
 Les photos est de là-haut oursin frais, oursin et œufs fait couire, sushi de oursin, riz avec oursin et œufs de salmon.
 Tout est très délicieux. Je me suis amusé un merveilleux dîner.

|

« 寿司:紫光@鹿児島市 | Main | 祝 延岡学園高校準優勝 »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤ウニ@鮨匠のむら:

« 寿司:紫光@鹿児島市 | Main | 祝 延岡学園高校準優勝 »