« オーベルジュ ア・マ・ファソン@九重 | Main | イタリアワインと和食・鮨のコラボ@光洋 »

June 11, 2013

ふじ木@宮崎市で、今年の初鮎

 6月になり、鮎が解禁である。
 今シーズン初の鮎の塩焼きをふじ木で食おうとの集いがあり、参加。
 鮎のフルコースみたいな組立てかなと思っていたけど、今の季節の美味いもの尽くしであった。

【山菜】
1

 九州ではほぼ終わったが、東北は今が山菜の旬の時期。
 東北からの山菜のお浸し。ツワブキ、ワラビ、シオデ、ミズナなど。
 シオデはアスパラガスそっくりの風味なのが面白い。

【アワビ水貝、蓴菜】
2

 アワビは素材が最も伝わる水貝で。美味しいが、顎の疲れる料理だ。
 蓴菜の若芽はまだ小さなもので、まわりのプリプリの寒天質が、より存在感あり。これを土佐酢と一緒に味わえば、さらに美味。

【造り】
4

 造りは、南九州名物のシブダイ。
 刺身にすると上品な甘みと旨みで、トップクラスの魚であるが、希少な魚ゆえなかなか口にする機会はない。

【鮎塩焼き】
5

 そして出ました、今年初の鮎の塩焼き。
 宮崎市ゆえ大淀川の鮎かと思いきや、地元ではいい鮎が上がらなかったらしく、これは球磨川のもの。
 解禁明けすぐなのに、サイズは立派なものである。
 焼き方も上手であり、見事な黄金色に焼き上がっている。
 皮をぱちんと開けば、爽やかな川の香りが立ちのぼる。

【スッポン】
7

 今回のメインはじつはスッポン。
 たまたまいい天然スッポンが入ったとのことで、このあとはスッポン尽くしへと。

【唐揚げ】
6

 スッポンの身の弾力を味わうには、やはり唐揚げは外せない。
 こりこり、もちもちの身の食感に、そして濃厚なるスッポンの味がすばらしい。

【丸鍋】
8

9

 すでに鍋の時期は過ぎているはずだが、スッポンは鍋がないとどうにもならない。
 ゼラチンたっぷりの食感と、身の美味さ、それにスッポンのスープ。
 これはたまらない。

【雑炊】
10

 〆は、スッポンの雑炊で。
 雑炊は蟹が一番とか、河豚が一番とか、いろいろ意見はあるでしょうけど、こういうスッポンの雑炊を食えば、今までの記憶は吹っ飛び、雑炊はスッポンが一番、とか思ってしまう。


 山菜、シブダイ、鮎、スッポン。
 本日はいろいろなところからの素材を仕入れての、華やかな春の宴であった。

|

« オーベルジュ ア・マ・ファソン@九重 | Main | イタリアワインと和食・鮨のコラボ@光洋 »

和食」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/57611093

Listed below are links to weblogs that reference ふじ木@宮崎市で、今年の初鮎:

« オーベルジュ ア・マ・ファソン@九重 | Main | イタリアワインと和食・鮨のコラボ@光洋 »