« 新年走行会 三社参りポタリング | Main | 祖母山ミステリ(3) 宮原登山道渡渉部の迂回法 »

January 26, 2013

雪の祖母山

 1月26日土曜日の宮崎県の天気予報は、平地部は晴れだが、山岳地方のみ雪という変な予報。
 この季節は山が最も美しいので、せっかく晴れているのなら山に登らねばもったいないが、着いたら雪が降っていたというのも感心しない。
 どうしたものかとは思ったが、外は晴れているし、とりあえず行ってみた。

【尾平から見る祖母山】
1_2

 車での走行中、平地部はたしかに晴れていたが、山に近づくとだんだんと雲がでてきた。
 そして尾平に着き、見あげる祖母山は、稜線部が雲に覆われていた。予報を信じるかぎり、あれは雪雲であり、稜線部には雪が降っていると思われる。
 ならば、登っても見晴らしなどまったく利かないわけで、あの稜線を歩く気がまったく失せてしまった。
 でもまあ、せっかく登山口まで来たので、祖母山山頂には登ってみよう。

【登山口】
2_2

 ところで、本日の登山口の駐車場は車は一台も止まっていなかった。
 この天気予報では、誰も祖母山に登る気が起きなかったとみえる。
 ただし、ということは尾平から登るのは私一人だけなので、これは誰の足跡もない雪道を登れるわけで、これはこれで幸運なことである。

【登山道1】
3_2

 標高1100mを越えたところから雪道となり、それは目論見とおり、誰も通っていない新雪なので、気持ちよく雪を踏んで登っていける。
 そして、宮原を越えると、登山道のわきのクマザサが雪に倒れて、登山道を覆っている。それでクマザサを踏みつけながら歩かねばならないわけだが、生きているクマザサの上を歩くのは、少々心苦しくなるものがあった。

【登山道2】
4_2

 岩稜帯の馬の背まで来た。
 尾平から見た風景通り、この高さまで来ると、雲が稜線を覆っており、小雪も降っている。
 岩と雪と霧氷の、硬く、峻厳な世界。
 冬の登山者だけが見ることのできる、非日常的世界である。

【登山道3】
6

 九合目小屋から山頂までの道は、雪がふきだまるところであり、雪の量も多い。
 霧氷もびっしりついていて、一面雪と氷の世界。

【祖母山山頂】
5_2

 祖母山山頂は当然のことながらガスに覆われており、展望はまったく利かず、「登りました」というだけの登頂になってしまった。
 山頂にはテントが一張り。
 本日は尾平からは私だけが登っていたのだが、北谷方面からは2名が登っていて、そのうちの一人が山頂にテントを張っていた。真冬に、こんな風の吹きっさらしの気象条件の厳しいところにテント張らんでもとは思うが、テント主は山岳ガイドの人であり、冬の特訓として登ったとのことらしい。
 今の時期は、北谷の風穴ルートは、一部氷壁化しているので、相当にハードなコースとなっているので、冬期のトレーニングとしては適しているようだ。

【テント場】
8

 北谷からの登山者のもう一名は、普通に九合目近くのテン場でテントを設営。
 風穴コースを通って来たので、見てのとおり、ハーネス、登攀具満載の重装備である。
 祖母山もコースによっては、これだけの装備は必要なんですね。
 もっとも、結局登攀具のたぐいは使わずに済み、ピッケルだけでなんとかなったとの話ではあったが。

【尾平】
7

 下山して、尾平から祖母山を見ると、だいぶと雲がはれていて、稜線の大部分が顔をのぞかせている。
 もう少しばかり天気の移りが早ければ、祖母山から素晴らしい展望を楽しめたはずだが、まあこればかりはしょうがない。

|

« 新年走行会 三社参りポタリング | Main | 祖母山ミステリ(3) 宮原登山道渡渉部の迂回法 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雪の祖母山:

« 新年走行会 三社参りポタリング | Main | 祖母山ミステリ(3) 宮原登山道渡渉部の迂回法 »