« 正月料理を雪の美山荘で | Main | ツルツルの大崩山 »

January 06, 2013

朝食@冬の美山荘

【雪、つらら】
1

 寒い地にある美山荘であれど、当然暖房は利いているし、布団にはカイロも用意されていたので、なんら寒さを覚えることなく夜を過ごし、朝起きて外を見ればやはり雪の世界。つららも屋根から下がっております。

【雑煮】
2

 昨日の夕食で御節が出たので、まだ美山荘は正月ムードと思ったが、やはり朝は雑煮が出てきました。
 京都田舎バージョンというわけでなく、丸餅、白味噌仕立ての、王道的京風雑煮であった。縁起ものでもあるので、しっかりお代りをする。

【筑前煮】
3

 この筑前煮は絶品。
 素材そのものの味が良いのに加え、田舎風の甘め強めの出汁なのに、全体として見事に洗練されている。

【煮しめ】
5

 菜っぱと油揚げの煮しめも、また見事な出汁加減。
 美山荘は「摘み草料理の宿」と呼ばれるけど、その真髄は朝食によく表れていると思う。

【味噌汁】
4

 汲みだし豆腐の味噌汁。
 出来たての豆腐のふわふわした食感と、それに大豆の旨み、甘みがたまりません。

【御飯】
7

 美山荘には、「鯖のへしこ」という定番料理があり、塩のよく利いたこれが御飯のおかずとしてたまらない。炊きたて御飯がいくらでも入る入る。

 美山荘、夕食も当然美味しいのであるが、朝食もまた素晴らしいものである。
 美山荘は、日帰りで食事だけの利用も可能であるけど、宿泊して、夕食と朝食の両方を食べれば、この旅館のさらなる真価を知ることができる。


 年末年始、9日間ぶっ続けの休みをドライブしながら過ごしたが、それも本日で終わりである。京都に来るのには3日間かけてだらだらと運転してきたので楽であったが、帰るのは一日で帰らねばならない。やれやれですな。

 さて、美味い朝食食って元気をつけたのち、気合いを入れて、宮崎までの600kmの道のりを運転していくか。

|

« 正月料理を雪の美山荘で | Main | ツルツルの大崩山 »

和食」カテゴリの記事

旅館」カテゴリの記事

Comments

私が日本で一番好きな朝食はここと玉の湯の洋朝食です。それにしても春から景気がいいですね~。

Posted by: 天ちゃん | February 04, 2013 at 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/56660618

Listed below are links to weblogs that reference 朝食@冬の美山荘:

« 正月料理を雪の美山荘で | Main | ツルツルの大崩山 »