« 鮨 仙八@熊本市 | Main | にしきや@臼杵市 で河豚を楽しむ »

December 23, 2012

極寒の久住山

 クリスマス連休は大寒波が九州北部に到来するので、九重は雪山となりそうである。今シーズン初の雪山を楽しむべく、久住山へと行ってみた。
 しかし、やまなみハイウエィには雪は積もっておらず、また牧ノ戸登山口でも積雪はなく、どうやら半日ほど雪の到来が遅れているようだ。

【温度計】
1

 沓掛山の手前、標高1400mほどの位置に設置してある温度計。
 氷点下10度である。
 さすがに寒波到来時、この高さまで来ると、九州といえどこれくらいの厳しい寒さとなる。

【登山道】
3

 灌木は霧氷となっている。登山道は霜柱が立っており、それが登山者により踏みしだかれ、細かいシャーベット状態。これをサクサクと踏みしめて行こう。

【登山道】
7

 久住は風の強いところであり、このように樹々は風に枝を曲げられ、風を具現化するようなオブジェ化している。

【登山道】
4

 シャーベット状の道を歩いていき、西千里ヶ浜へと出る。
 ここは星生山と久住山の2ショットが楽しめる、眺めの良いところなのだが、本日はガスが出ており、何も見えない。
 そして、いつもはぬかるんでいる道が、完全に氷化しており、ツルツルになっている。気をぬいて歩くと、滑りまくってしまうので、ここでアイゼンを装着した。

【久住避難小屋前広場】
10

 避難小屋前の広場は、風紋上に地面が凍り、ウインドクラストとなっている。
 ガスの奥のほうにうっすらと見える避難小屋にて、しばし休憩しようと思ったが、これまでの行程で凍えてしまっている人たちがたくさん休憩して、満員状態となっていたので、そのまま久住山に進むことにした。

【久住山への登り】
6

 避難小屋前からは、ひたすら斜面を登っていくことになる。
 気温はどんどん下がり、この時点では氷点下15度くらいになっていたはず。
 そして久住名物の強風はここからどんどん強くなり、この気象条件では稜線上では台風なみになるのは確実。
 そんな悪条件のなか、たとえ山頂に行っても、ガスでなにも見えないであろう久住山を、それでもゾロゾロと登っている人がいるのが、…久住山の魅力なんだろうなあ。

【久住山】
5

 山頂への稜線に出ると、風がとんでもない。
 やはり台風なみの強さであり、身体を傾けないととても歩けないし、ときおり生じる突風には吹き飛ばされそうにもなる。
 しかもその風は氷点下の温度なのであり、顔は痛くなるし、睫毛も凍って来た。
 それでもいったん登ったからには、たとえ風がどうであろうが、寒さがどうであろうが、頂上まで行かねば、気持ちが落ち着かない。
 そういうわけで、なんとか着いた久住山山頂。
 予想通り、ガスに覆われ、展望はなにもなし。
 写真だけ撮って、さっさと下山することにする。

【登山道】
12

 元来た道を歩くうち、雪が降って来た。
 氷点下の世界なので、降って来た雪は、そのままどんどん積もって行く。
 沓掛山の近くでは、雪山の雰囲気になっていた。
 明日は、九重は雪山と化すであろう。

【牧ノ戸駐車場】
9

 牧ノ戸まで降りると、駐車場と、やまなみハイウエイには雪が積もっていた。

 やまなみハイウエイは水分峠までずっと雪道であった。
 今日は午前中は雪は積もっておらず、午後になって急に雪道になっていたので、雪の用意をしていなかった車も多いようであり、雪道には車のスリップした跡がよく見かけられた。

 (雪国に暮らす人には想像もつかないであろうが、九州だとノーマルタイヤで雪道に突っ込むチャレンジャーが、けっこういます。)

 そのうち、対向車がパッシングしたので、なにか事故かなと思っていたら、少し走ったところで、ガードレールに派手にぶつけて大破し、車線をふさいでいる車に遭遇。

 雪道を走行しているとき、何が一番怖いかというと、グリップを失った対向車が車線を越えて向かってくることであり、本日はその手の車が多い可能性が高いので、用心に用心を、慎重に慎重を重ねて運転し、そして無事に雪道を脱出した。

|

« 鮨 仙八@熊本市 | Main | にしきや@臼杵市 で河豚を楽しむ »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 極寒の久住山:

« 鮨 仙八@熊本市 | Main | にしきや@臼杵市 で河豚を楽しむ »