« ツールド佐伯 2012 Aコース | Main | 壱岐観光 -壱岐は訪れるところ多き島 »

October 12, 2012

ノドグロ+天然ウナギ@夢膳

 博多駅南の夢膳をひさしぶりに訪れた。
 福岡で仕入れられるトップクラスの美味い魚が供される店である夢膳では、今の季節はやはりノドグロとウナギが狙いどころである。

【ノドグロ】
1

 ノドグロのなかで、最も旨いとされる対馬の赤目ノドグロ。
 ちかごろは風の具合が悪く、いいノドグロが上がらないそうで、せっかくあがった対馬のノドグロもサイズが小さいそうである。
 片身を勧められたが、このあと鰻も食いたいため、4分の1の頭の部分を頼む。

 夢膳のノドグロは、やはり脂の乗りが尋常でなく、箸を入れると脂が滴り落ちるような脂の乗りだ。
 ただ、たしかに店主の言う通りにサイズが小さく、そしてノドグロの頭ってあんまり食うところが少なく、これでは欲求不満になる。
 そういうわけで、残りの半身も再注文することになる。

【ノドグロ2】
2

 魚は、たいていは頭周囲のほうが、頬肉とかカマとかがあって筋肉質であり、食いでがあるのであるが、ノドグロの場合そういうことはなく、かえって頭から下のほうが身が厚いぶん、食い応えがある。
 噛みしめれば、質のよい、上品な脂が口のなかいっぱいに広がる。

【天然ウナギ】
3

 夢膳の名物の天然ウナギ。
 見ただけで、美味さを主張してくる、そういうウナギである。…というか、このウナギの「おれは美味しんだ!」と放つオーラは、尋常ではないですね。
 さて、天然ウナギと養殖ウナギのどちらが美味いかといえば、これは好みとしかいいようがなく、天然と養殖ではおおいに個性が違っている。
 天然ウナギは、やはり皮と肉の弾力と香りが身上。これをおおいに楽しむためには、白焼きが一番。

【天然ウナギ白焼き】
4

 ウナギって、筋肉質な魚ということがこれを食べると分かる。
 噛めば、しっかりと返ってくる歯ごたえ、そして噛むほどに広がるウナギの香り。
 本日のウナギは球磨川の産だそうだが、球磨川の自然の豊かさと力が伝わって来るような、そういう逸品。


 気合を入れて美味いものを食いたいなら、夢膳に来ればそれは叶う、という、それがよく分かるノドグロとウナギのシリーズであった。

【コハダ】
5

 焼き物のあとは、鮨となる。
 私は鮨の写真を載せるときはコハダを出すことが多いのであるが、コハダが寿司のなかで、一番その店の個性が分かると思う。
 旨み豊富な赤シャリに、そしてほどよい〆加減のコハダが乗り、この店のコハダも、店独自の個性いっぱいの美味い鮨である。

|

« ツールド佐伯 2012 Aコース | Main | 壱岐観光 -壱岐は訪れるところ多き島 »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ノドグロ+天然ウナギ@夢膳:

« ツールド佐伯 2012 Aコース | Main | 壱岐観光 -壱岐は訪れるところ多き島 »