« 海鮮和食@海里村上(壱岐湯本温泉) | Main | 尾鈴山滝めぐり »

October 21, 2012

紅葉の大船山@平成24年

 今年は九重の紅葉が素晴らしいとのことで、しかも週末が好天の予報だったので、大船山を訪れた。

【雨ヶ池】
1amagaike

 長者原から坊がつるを経由で大船山に登ることにする。
 途中の窪地、雨ヶ池は、ススキがいい具合に実っていて、風に波のごとくに揺れている。

【大船山 段原から】
2

 大船山の稜線に出たところが段原で、ここから見る大船山は見事に紅葉に染まっている。とりわけ、ドウダンの赤色が印象的。

【大船山 稜線から】
3

 稜線を歩いていき、大船山に近づけば、紅葉はさらに赤みを増してくる。

【大船山山頂】
6

 大船山山頂では、法螺貝の響きが。
 美しき紅葉の前に、自然への感謝をこめての儀式のようであった。

【山頂から 御池】
4

 九州に紅葉の名所は数あれど、そのなかでトップクラスの名所は、ここ大船山の御池。
 山頂の噴火口跡の池に、紅葉が様々な色に染め上り、その姿を池に映している神秘的光景。

【御池の紅葉】
5

 御池まで降りていけば、この紅葉と、それを映す池のコントラストがはっきりと分かる。
 1786mを登って来た人しか見ることのできない、自然の造形美。
 これ、ライトアップすると極上の美しさになるとは思い、…ならば満月の時なんかは、途方もなく美しい光景が見られるのでとも思った。
 いつか、見てみよっと。

【大船山 下山】
7

 紅葉の時期の九重は美しさの極みというところがあるが、ただし問題点は人の多さ。
 九重は、ミヤマキリシマと紅葉の時期は、1日に1万人以上が山に登るという、少々常軌を逸した登山密度を示す山域となるのであるが、本日もそうであった。
 山頂から段原までの登山道は写真に示すように、ずっと人に満ちての渋滞状態。
 おかげで、いつもに比べやたらに時間のかかった山行になったが、それはそれで、またよしである。

【三俣山】
8

 大船山に登っていたころから、ずっとヘリコプターの音がしていたので、紅葉取材のヘリかなと思っていたが、坊がつるから見るヘリの姿は、懸命に稜線上で位置を探っており、遭難救護のヘリのようであった。
 やがて、ヘリは何度かのトライからようやくウィンチを下ろし、そして遭難者の回収に成功したようで、夕暮れ間近の空を飛び去っていった。
 三俣山は、それ自体は巨大なヘリポートみたいな山なので、本来は大鍋小鍋あたりで救助すればいいのだろうけど、そうはいかない事情があったのでしょうね。
 あの風が強く、かつ複雑に吹く稜線上で、見事に救助に成功したプロの技術に感心。


 1年半ぶりに訪れた大船山であるが、長者原からのルートがずいぶんと変わっており、九重って、本当に崩落の激しい山と思った。
 それでも魅力多き山なので、人々の努力で九重の道は維持されており、ありがたいことである。

|

« 海鮮和食@海里村上(壱岐湯本温泉) | Main | 尾鈴山滝めぐり »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 紅葉の大船山@平成24年:

« 海鮮和食@海里村上(壱岐湯本温泉) | Main | 尾鈴山滝めぐり »