« 阿波踊り@平成24年夏 | Main | ひょうたん島クルーズ@徳島市観光 »

August 12, 2012

夕食は、郷土料理店「さわらぎ」@徳島市 にて

 阿波踊りを見終えて、まだまだ喧騒の残る街を歩き、夕食の店を探す。
 徳島駅前通りに、よさげな小料理屋を見つけたので入ってみる。

【メニュー】
1

 店のなかは居酒屋っぽかったが、メニューを見れば地元の食材ばかりにこだわった純郷土料理店であった。

【鳴門わかめポン酢サラダ】
2

 鳴門わかめは、やはりポン酢があう。
 良い具合の歯ごたえである。

【鳴門蓮根南蛮漬け】
14

 鳴門市は蓮根の名産地だそうで、たしかにJRからは線路沿いに広い蓮畑をいくつも見かけた。

【蓮根豆腐】
16

 蓮根はいろいろな食べ方があるけど、豆腐にする手もあったのだ。
 これは独自の風味と食感があり、いけます。

【すだち酒】
12_2

 柑橘系に関しては、徳島はスダチ文化である。しかもかなり強烈な文化を持ち、大分のカボス並になんでも使いたがるところがある。
 それはそれでよいとして、酒にも「すだち酒」というものがあった。
 面白そうなので頼んでみたが、超甘口酒であり、辛党にはとても勧められませぬ。

【鮎の塩焼き】
13

 徳島の魚の名物は、鯛、鮎、鱧、鰻といったところ。
 この店の鮎は当然天然鮎であり、吉野川の支流の勝浦川という川で獲れたものだそうだ。
 きちんとした鮎の香りのある鮎であった。

【鱧の天麩羅】
15

 鱧の天麩羅は唐揚げのごとく、かなりカリカリに揚げている。
 ビールを飲むときなんかは、いい感じのツマミとなる。

【そば米】
11

 徳島の山間部の郷土料理である、「そば米」。
 蕎麦を使った雑炊である。
 蕎麦独自のもぞもぞした食感が特徴。
 こういう料理食うと、やっぱり蕎麦の実は、挽いてこねて伸ばして切って、蕎麦にして食ったがよいことが分かったりもする。


 昨夜の古今青柳の鯛と鰻に引き続き、徳島の地元料理を満喫した夜であった。


 ついでに、昼食べた郷土料理も紹介。

【たらいうどん】
17

 これは一人前であるが、本来のたらいうどんはもっと大きなたらいにうどんを入れ、多人数でいっぺんに食べるものだそうだ。
 うどんそのものについては、特殊なものというわけでもなく、宮崎の名物である釜揚げうどんと似たようなものである。茹でたてのうどんを、つけ汁で食うスタイルだ。木の香りが漂うのが特徴といえば特徴か。
 美味しいうどんであるが、これは一人前600円する。600円といえば、まあ宮崎とかでは普通の値段ではあるけど、隣の香川県ならこの量だと100~200円といったところだな。
 香川県でうどんがこの値段になったら革命が起きるぞ、てな値段であり、県が隣に移るだけでかくも違ってしまうのかと、しばし感慨にふけったりした。


 …………………………………

【Résumé(まとめ)】

 Il y a plusieurs choses dans le produit distingué du repas de Tokushima.
 Je les ai mangés dans un restaurant japonais “Sawaragi”de Tokushima-ville
 C’est un algue blune et une valeur du lotus de Naruto-ville.Sweetfish et pike congre de Tokushima-ville. Et porridge de riz et légumes du soba . C'était le plat que c'était caractéristique chacun et était délicieux.

|

« 阿波踊り@平成24年夏 | Main | ひょうたん島クルーズ@徳島市観光 »

和食」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/55497158

Listed below are links to weblogs that reference 夕食は、郷土料理店「さわらぎ」@徳島市 にて:

« 阿波踊り@平成24年夏 | Main | ひょうたん島クルーズ@徳島市観光 »