« 古今青柳で「鯛の淡々」を楽しむ | Main | 夕食は、郷土料理店「さわらぎ」@徳島市 にて »

August 12, 2012

阿波踊り@平成24年夏

【盆踊り:デパート前】
1

 四国徳島の盆は、阿波踊りを迎え、本番前の昼から独特の熱気に満たされている。そして、大気も熱気に満ちている。…以前の盆は涼しくなりかけの時期だったのだが、近年の盆って夏の暑さのさなかである。
 午後6時からの本番前から、各所で練習がてら踊っているグループもあるのだが、見ていてとても暑そう。
 阿波踊りは、けっこうな身体の動きを要する踊りであるから、やはり日が暮れてからのほうが見る方も踊るほうも楽ではあるな。

【太鼓練習】
2

 徳島の街なかは、いたるところで太鼓と笛の音が鳴っているが、本番に備えてみな懸命に練習しているのである。
 その一つ、新町川ほとりの練習場。

【徳島中央公園前】
3

 日暮れも近くなり、踊り手が徳島市中心地にどんどん集まって来た。
 すでにウォーミングアップ中の集団もいる。

【阿波踊り本番】
4

 阿波踊りは市内の中心街の道路を車両通行止めにして行われる。
 踊りは他人数のグループ(連)ごとに行われ、その連の数がまた多く、次から次へと連が繰り出されてくる。
 全部見るのに、4時間ほどかかりました。

【阿波踊り 男踊り】
13

 阿波踊りは二種類あって、浴衣に陽気、快活、勇壮に踊るのが男踊り。
 世間一般の人が思い浮かべる、「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ」の踊りはこっちのほう。
 ただし、この有名な掛け声はあんまり聞かれなかったなあ。
 一番多かったのが、ヤットサーヤットサーのほう。

【阿波踊り 女踊り】
8

 華やかな女浴衣に編笠を深くかぶり、優雅に手足を舞わせて、踊るのが女踊り。
 踊りの形は全然違うのに、これも男踊りと同じ二拍子で踊るわけで、両方の踊りを対比しながら見るのも面白い。

【阿波踊り にわか連】
6

 阿波踊り、徳島では誰もが踊れるような普遍的なものらしく、連に入っていない者でも、個人で勝手に参加することが可能。
 思い思いの服装で(基本は浴衣だが)、周りの音楽に乗って、ずらずらと踊っておりました。

【阿波踊り 盲導犬】
9

 連には様々なものがあったけど、そのなかに盲導犬に引かれて踊る人達もいた。
 目の見えぬ人も、片手で盲導犬に導かれつつ、見事な踊りで通って行く。
 この賑やかな踊りのなか、盲導犬はしづしづと自分のリズムで歩いていた。


 全国有数の大規模な祭りだけあって、たいへんな踊り手の数であり、4時間近く観ることになった。
 これだけ阿波踊りを見続けるていると、感覚が少しおかしくなり、踊り見物からの帰り道、普通に歩いている人の姿が、かえって変に見えてしまった。

 阿波踊り、量、質とも、見るだけで踊りに酔いしれてしまう、そういう魅力を持った踊りであった。

  ……………………………………


【Résumé(まとめ)】

 J'ai regardé le Awa Danse Festival.
 C'était un festival du plus grand dans niveau de Japon, et même beaucoup de gens ont dansé.
 Il y a deux genres à danser. On est une danse de l'homme et l'heroicness est une caractéristique. Par une danse de la femme, l'élégance est une caractéristique autre.
 Pour voir ces danses, j'ai complètement été charmé par une danse.

|

« 古今青柳で「鯛の淡々」を楽しむ | Main | 夕食は、郷土料理店「さわらぎ」@徳島市 にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阿波踊り@平成24年夏:

« 古今青柳で「鯛の淡々」を楽しむ | Main | 夕食は、郷土料理店「さわらぎ」@徳島市 にて »