« 初夏の鮎 | Main | 大ウナギ+金目鯛@光洋 »

July 08, 2012

自転車:広域農道 門川→日向→都農

 延岡から門川、日向、都農を経て、川南、西都へと至る広域農道(日豊グリーンライン+尾鈴サンロード)のうち門川~都農間を走ってみた。
 この農道は宮崎県海岸沿いを走る国道10号線のバイパス的役割があるけど、農道というだけあって、主に山のなかを走っているので、カーブやアップダウンが多く、車の走行量は少ない。そのぶん自転車は走りやすく、また変化にも富んでいるため、走っていて楽しいルートでもある。

【門川町】
1

 延岡からは県道226号線と一体化している日豊グリーンラインが、門川町で五十鈴川を越える橋のところで、専用の広域農道となる。

【大池トンネル】
2

2_2

 走るうち軽い登りとなり、その登りが大池トンネルでいったん終了。
 このトンネルを越えたところに、大池という小さな池がある。

【永田交差点】
3

 並走する東九州道を眺めながら、小さなアップダウンを繰り返し走るうちに、日向市に入り、国道327号線との交差点が見えて来る。
 農道はここを真っ直ぐ走る。

【休憩所】
4

 永田交差点からはけっこうな高さを登る坂が始まる。
 登りつめる手前のところに休憩所があり、ここからは日向灘を眺めることができる。

【耳川】
5

 休憩所からの下りはいったん耳川で底となる。
 耳川は椎葉から流れている川である。

【石並川の橋】
6

 耳川からはまた登って行き、そして下って、下った底は石並川となる。
 ここで農道は90度向きを変えることになる。

【広域農道】
7

 石並川からはまた登りとなる。この農道はこういう感じで山を登っては、川まで下り、そしてまた登るという感じになる。
 道は全体的に曲がりくねっているが、たまにまっすぐな道があり、一気に道の視界が広がるのがうれしかったりする。

【都農ワイナリーへ】
8

 石並川からの登りはいったんは都農ワイナリーへの曲がり道までで終わる。
 このまま農道を行けば、西都まで行けるが、本日はここで終了とした。

【都農ワイナリー】
10

 都農町はブドウの産地であり、ワインも自前で醸造している。
 都農町は、高温多湿であり、あまりブドウの産地には適していないのだが、いろいろと工夫を努力を重ね、今では質のよいワインを産する地として有名となっている。

【都農町】
11

 都農ワイナリーは高台にあるので、眺めもよい。
 こじんまりした都農の田園調風景と、それに日向灘を眺めることができる。



|

« 初夏の鮎 | Main | 大ウナギ+金目鯛@光洋 »

自転車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自転車:広域農道 門川→日向→都農:

« 初夏の鮎 | Main | 大ウナギ+金目鯛@光洋 »