« 梅雨のなかの走行会 | Main | 自転車:広域農道 門川→日向→都農 »

July 06, 2012

初夏の鮎

 宮崎県北の初夏は、なんといっても鮎である。
 それで、由貴亭@延岡市に鮎を食べに行った。

【おとり鮎 (そのまま食うのも可)】
1

 今年は例年になく雨の量が多く、川が濁っていて鮎が不漁気味だそうだけど、それでもきちんと数を集めるのが店主の腕の見せ所である。

【鮎塩焼き】
2

 鮎の一番美味しい食べ方は塩焼きだと思う。
 上手に焼かれた鮎は、美しい黄金色に輝く。この美しさを愛でつつ、パリっと焼かれた皮を破り、内臓をつつけば、鮎独自の藻の香りが立ち上る。ほこほこに焼けた身も鮎の味がとても豊かだ。
 今年も初夏を迎え、鮎を食べられる喜びにひたるなり。

 この店では、店主自らが釣ってきた天然鮎が出るわけだが、仕入れ、仕込み、調理まで行っている身として、鮎に対しての思い入れもあるみたいで、それで、目の前にはこういう色紙が張ってあった。

3


 「身は焼かれてもあなたの喜ぶ顔がみたい」とのこと。
 釣られ、食われる立場の鮎が本当にそう思っているとはとても思えぬが、それでも、そう思って食うのも鮎に対する礼儀ではあるのだろうなあ、とも思いました。

|

« 梅雨のなかの走行会 | Main | 自転車:広域農道 門川→日向→都農 »

和食」カテゴリの記事

延岡」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/55157190

Listed below are links to weblogs that reference 初夏の鮎:

« 梅雨のなかの走行会 | Main | 自転車:広域農道 門川→日向→都農 »