« December 2011 | Main | April 2012 »

January 2012の記事

January 31, 2012

広島編(4):広島市→宮浜温泉 石亭 27.7km

【朝食】
1_3

 シティホテル系のバイキングスタイルの朝食は、たくさんの種類の美味しそうなものが並んでいて、それらでワインなりビールなりを飲むとじつに優雅な午前を過ごせるなあとよく思うが、じっさいにそれをすると一日が使い物にならなくなってしまうので、自転車走行のカロリー分のみを食べることにする。
 今日は隣の廿日市市までの30km弱程度の短距離なので、朝食(+昼食ぶん)はこれくらいにしておこう。

【ドービニーの庭@ひろしま美術館】
2_3

 ホテルの近くに、ひろしま美術館がある。この美術館にはゴッホの晩年の傑作「ドービニーの庭」がある。この絵は数奇な来歴をたどり、日本に今あるのが奇跡のような絵なのであって、広島の宝といってもよいものである。
 この絵に描かれている建物、植物、木々、人、庭、その全てが、この世に存在することの喜びに満ちあふれた、ゴッホ特有の生命が輝く、生命讃歌のような絵である。
 ただしこの絵の完成後2週間してゴッホが自殺したのも、作品に複雑な陰を与えている。

 この絵には色々と謎があり、その一番の謎に「消えた黒猫」がある。
 ゴッホの手紙からは、この絵には、絵の精神の核となる黒猫が、絵の左下に描かれていたはずだが、現存の絵にはその姿はない。
 「黒猫はどこに行ったのか?」の謎を、ひろしま美術館は徹底して科学分析を行い、その謎をほぼ解明しており、その詳細な資料が美術館に置かれてある。

 そのネタバレはここではしないけど、絵が好きで、ミステリも好きな人にはたまらないストーリーであり、そういう人は広島市を訪れたとき、ぜひともこの美術館にもよりましょう。

【原爆ドーム】
3_3

 絵をみたあと、宮浜温泉に向けて出発。途中に、世界遺産の原爆ドームがあった。
 人が人に対していかに残虐になれるのかを今に伝える、この貴重な遺産は、現在修復中であった。

【石亭@宮浜温泉】
4_3

5_2

 料理が美味しいことで有名であり、一度訪れてみたかった「石亭」に到着。
 この旅館、国道から少し離れた小高いところにあり、そこまでの道が10%を超える急傾斜であり、立ちこぎしないと登れなかった。着いてから「自転車で来るには大変な宿ですねえ」と言ったところ、「すみません、でも自転車で来る人は滅多にいません」と答えられた。まあ、そうでしょうね。

 石亭はその名庭で有名でもあるが、たしかに背景の瀬戸内海と宮島とよく調和した見事な庭である。惜しむらくは、冬ゆえ樹が枯れているが、これはこれで風情がある。

【夕食@石亭】 
6_2

7_4

8

9

10

 さて、お目当ての夕食。
 ・・・量と種類が半端じゃねえな。
 そしてお造り、八寸、椀物、焼物、その全てが美味く、それらを全部食べて、それからの〆の名物料理穴子飯までしっかり食う。

 〆の穴子の炊き込み御飯は穴子で満ちていて、穴子+穴子の味をたっぷり吸った御飯とで、まさに穴子!飯である。
 腹いっぱいになって、満足至極。

【夜の庭】
11_2

 庭は夜はライトアップされていて、枯れかけた紅葉の木がそれに映え、美しい。
 庭を眺めたのち就寝。

 ・・・と真夜中に目が覚めた。
 障子を隔てた隣の部屋になにやら気配がする。ごそごそと不規則なリズムでなにかが歩いているようで、もしや幽霊?とか思ったが、足のある幽霊も変だし、幽霊なら人に危害も与えないだろうと、そのまま寝ることにしたが、やっぱり気になって寝られない。そういう不気味なものがこっちの部屋に突然入って来るようなことがあるといやなので、その正体を調べるために起きて、障子を開けてみた。
 しかし何もいない。それで明かりをつけてよくよく観察すると、エアコンの振動にあわせて、机の置物が妙なリズムで音を出していたことが判明。
 ほんとに幽霊だったら、一生使える話のネタにはなったのだが、いわゆる枯尾花というやつであった。
 原因を取り除き、それから改めてぐっすりと眠った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2012

広島編(3):尾道市→広島市 88.7km

【リーガロイヤル】
1_2

2_2

 尾道からは幹線道路の国道2号線をひたすら走って広島市に到着。
 広島市ではリーガロイヤルに泊。城側の部屋だったので、広島城を見下ろせ、これはとてもいい眺めである。
 そして部屋も広くて、ゆったりした気分で過ごせる。
 リーガロイヤルって、施設のレベルの高さのわりには値段はそんなに高くなく、CPのいいホテルだなと常々思っている。

【吉鮨】
3_2

 広島市は食の都でもある。美味しい店が多くある。
 さて、なにを食うかなと思ったら、まずは「吉鮨」が思い浮かび、それから先に進まない。
 それで電話をかけると、あっさりと予約がとれた。中国地方を代表する寿司の名店のわりには、予約のとりやすい店なのである。

 ツマミは、煮蛸、ナマコ酒煮平、目、子鰯、子持ち昆布、穴子、鱈白子焼き、などなど。
 握りは、瀬戸内海の魚をうまくとりまぜての鮨であり、いつもながらの高い位置での安定した美味さ。じつに見事である。

 店主と、自転車で巡った各地の寿司店のことなど雑談しながら、それらのなかでもトップレベルの鮨を食いながらの楽しい時間を満喫した。

【広島の夜景】
4_2

 ホテルに戻って、広島の夜景を堪能。
 広島市は観光都市でもあり、見るべき場所は多いけど、大部分は私は既に訪れており、そのなかで今まで訪れたことのなかった宮浜温泉(厳密には広島市ではないが)に明日行くこととした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2012

広島編(2)鞆の浦→尾道 31.8km

【朝食@鴎風亭】
1

 鞆の浦での朝食は、洋風のこってりしたもの。いかにもホテルの朝食といった感じである。
 本日の目的地は尾道なので距離は短く、それで午前午後とゆったりと鞆の浦を散策してみた。

【一夜干し】
11

 漁師町でもある靹の浦は一夜干しが名物で、浜辺に、カマス、カレイ、サヨリ等がたくさん干されている。なかでも、サヨリがキラキラと光り、たいへんきれいである。
 食べても美味しいのだろうけど、見るだけでも名物になりうるものだ。

【仙酔島】
2

3

32

 鞆の浦は、近くにユニークな地質を持つ仙酔島という島があり、鞆の浦から「平成いろは丸」という船ですぐに渡ることができる。船の名前はもちろん、坂本龍馬が所有していた船に由来。この地で沈没してしまった、という少々縁起の悪い船なのだが、まあ気にしないでおこう。

【トンネル】
4

 鞆の浦からは海沿いの道を行き、途中の小高い峠を越えるさいにトンネルがある。
 このトンネル「崖の上のポニョ」に出て来るトンネルのモデルのものらしい。
 映画でのこのトンネルの役割は、一種の異次元空間への入り口であったわけだが、この古いトンネルは言われてみれば、たしかにそういう雰囲気がある。

 もっとも自転車乗りにとっては、トンネルそのものがモンスター的存在であり、長く暗いトンネルでは、ここ無事生きて出られるか?などと(特に交通量の多いとこでは)、よく思うわけで、…トンネル恐いなあ。

【尾道】
5

 鞆の浦からは2時間ほど走って尾道到着。
 尾道は中国地方屈指の観光名所であり、私も何度も泊まったことがあることから、今回はpassしてもいいのだろうけど、訪れたい店があったので、尾道泊とした。その店は、串揚店「一口」。尾道の新鮮な海産物を抜群の技術で揚げる店として、名が響いている。

【一口】
6

 この店は予約不可なので、確実に料理を食べたいなら、開店前に並ぶ必要がある。
 5時半開店なので、5時から寒いなか並びました。
 なお、とても人気があるというわけでもないらしく、待っていたのは私だけであった。

【一口の串揚げ】
71

 さて30分待って一番の客として入り、そこで食べた一口の串揚げは、
 ・・・いやはや、美味しかったです。メニューがずらりと壁に載っているのだけど、どれも大変美味しかったので、ほぼ全部制覇しました。20本以上は食いました。
 タコ、トリガイ、イワシ、キス、カキ、アナゴ一本、ニシ、イカ、エビ、牛、トンカツ、クジラ(素揚げと串揚げ)、コバシラ、レンコン、シシトウ、アサリ、などなど。

 特に海鮮系は微妙な味付け具合と、絶妙な揚げかたで、逸品としかいいようのない揚げ料理となっていた。いわゆる「串揚げ」とは一線以上画した別の範疇の料理。
 尾道はラーメンと海産物が有名なので、尾道を訪れたときは、ラーメン店か料亭に寄っていたが、これからは尾道に来たときは「一口」に限ると思った次第。

 一口の店主は大阪の寿司屋で勤めたのち、尾道で50年くらい前に自分の店を開店。
 寿司屋で始めると設備投資が大変なので串揚げ屋にしたとのこと。修行した寿司店は、握りばかりというわけでもなく、揚げ物もするので、その時覚えた技術と、それからの独自の工夫でこの店のスタイルを築き上げたそうである。

【浅蜊の唐揚げ】
7_3

 一口のスペシャリテの一つである、浅蜊の唐揚げ。
 これは危険なほどビールが大量に飲めてしまう、酒盗ならぬビール盗的料理。ひたすらぐいぐいとビールが飲めた。

 もっとも、隣の席の常連客は、「自分は呑み助なんだけど、この店では料理が美味すぎ、酒を飲むとせっかくの料理を食う量が減ってしまうから」と言って、その言葉通りウーロン茶一杯で大量に串揚げを食べていた。
 見習いたい態度に思えるけど、修行不足の私にはとても無理だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2012

広島編(1)倉敷→鞆の浦 58.6km

【国道2号線】
1

 倉敷市からは靹の浦を目指し、国道2号線を走っているのだが、朝からずっと福山雅治の曲「Hello」が頭のなかでエンドレスに鳴っている。
 もちろん道路にずっとある「福山」の標識のせいなんだが、この景気のよい音楽が妙にペダルを回すリズムとあっており、余計にスピードが出てしまう。
 まあ、福山を抜けるまでの辛抱か。

【参考:Hello】

【鞆の浦港】
2

 靹の浦港に到着。
 鞆の浦は、瀬戸内海の海の交通の要所であり、万葉集の昔から歌に詠まれるほどの重要な港であり、この一帯は古くから栄えていた港町である。
 たしかに江戸時代からの建物が、港の周りには多く、風情ある景色をつくっている。

【鞆の浦 常夜燈】
3

 これは鞆の浦港のシンボルである、常夜燈。
 建てられたのは安政六年という、由緒あるものである。

【鞆の浦港】
4

 鞆町には、小高いところに歴史民俗資料館があり、ここは資料が豊富であり、鞆の浦の歴史がよく分かる。
 そして、ここからは鞆の浦港を一望することができる。

【ささやき橋】
5

 歴史ふるき町靹の浦には、いくつも名所があり、その一つがこの「ささやき橋」。
 神話時代の恋人の会瀬に由来する、由緒ある橋なんだが、…なんとも小さな橋である。
 全長にして、せいぜい1mくらい。
 「こりゃ、ささやき橋じゃなくて、ささやか橋だな」と、観光客が橋を見て言ったが、うまいこと言うと思った。

【鴎風亭】
6

 本日は靹の浦のホテル「鴎風亭」に宿泊。
 高級感ただよう居心地のよい部屋である。瀬戸内海を眺めながら、のんびりと過ごす。

【夕食】
7

8

9

10

 夕食はホテルのレストランにて。
 メニューは創作系の会席で、かなり洋のテイストの入ったものであった。
 二食付きで一泊35000円という宿泊料だったので、料理の値段はどんなに頑張っても5000円クラスと思い、料理にはあんまり期待していなかったが、技を多彩に使い、飽きない料理がずっと出てきた。
 部屋や接客のレベルも高く、CPはたいへん良いと思われ、予約の難しい人気ホテルという理由もよく分かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2012

岡山編(6) 鷲羽山→倉敷市 33.8km

【ぶっかけうどん】
1

 「うどん県」香川から瀬戸内海を渡って岡山に来ると、名物のうどんは讃岐うどんから他のものに変わる。
ホテルに貼ってあった案内をみると、倉敷名物「ぶっかけうどん」だそうだ。
 所変われば名物も変わる。それはそれでよいのだが、値段がなんと600円!
 香川で一玉100円の世界にすっかりなれていたので、海を渡ると、こんなに値段が違うことに驚いてしまう。香川でこんな値段でうどんが出されるようになったら、動乱が起きますぜ、まじに。

【鷲羽スカイライン】
2

 鷲羽山からは、岡山の観光名所倉敷市へと向かう。
 海沿いに行くとあんまり面白くなさそうなので、山越えのスカイラインを選択したが、これがけっこうハードな道であり、かなりの高さを登ることになった。
 おかげで眺めはいい道であった。

【倉敷市へ】
3

 スカイラインを通り、山を下って平坦な道を通り、倉敷市へと向かう。

【倉敷市】
4

 倉敷市は町並みの保存が素晴らしく、街全体として保存していることは素晴らしい。
 他の観光地だと、眺めよい街並みは、通りに面したところだけということが多いが、倉敷は小さな路に入って行っても、古き家々が残っている。

【倉敷市】
9

 倉敷市は、その町並みが美しい。
 しかしながら、その美しさゆえ、観光客がたくさんいるため、やや情緒不足ではある。
 けれども、その風情ある町の面積が広いので、ひょいと小さな通りに入ったとき、エアポケットにはまったように、人訪れること少なき静かな通りを見たりもする。
 この白い漆喰の蔵の並ぶ通りは、ユトリロの絵のようでもある

【菊寿司】
5

 夕食は、宿近くにあった「菊寿司」という寿司店にて。
 岡山名物といえば、ママカリであろうが、これを肴に一杯かたむける。

【シャコの握り】
8

 この店の名物寿司はシャコの握りとのことでそれを頼んでみる。
 そして出て来たものは、生シャコの握りであった。しかも頭つきである。
 たぶんこの店でしか出ないようなspecial menuであった。
 …シャコは普通に茹でたほうが美味いとは思うのだが、しかしやはり地方の寿司店では、地方の食材と地方の手技を組み合わせた鮨を食ってみたいものであり、その意味ではこの鮨は頼んで正解であったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2012

岡山編(5) 丸亀→高松→鷲羽 59.4km

【国道11号線】
1

 本日はほぼ一周した四国を脱出する日である。
 丸亀からは高松港まで瀬戸内海に沿って国道11号線を走った。四国では、香川県に入ると、うどん店が一挙に増える。そして国道11号線は幹線道路であるため、この道路に並ぶ店はドライブインなみに大箱で、だから看板も大きい。
 国道走ると、「うどん」「うどん」「うどん」「うどん」…いつまで行っても「うどん」の看板ばかりであり、さすが「うどん県」と感心してしまう。

 そのうち、ちょっと変わったうどん店の看板を見つけた。
 「ふとん」、である。
 ふとん? うどんでなく? …あ、そうか、太いうどんの店なのか、とか思い、やがてその店の横を通り過ぎたのだが、そこで「寝具」の品名が店の壁に書いているのを見て、「あ、ふとんって、ふとんのことなんだあ」と何だかわけの分らん感想をもってしまった。あまりにうどん店ばかりだと、文字の感覚がおかしくなってしまう。

【竹清のうどん】
6

 高松港に行く前に、栗林公園近くのうどん店二軒に行ってみた。
 四国に上陸したとき、最初に讃岐うどん店をいくつか訪れたが、この二軒「竹清」と「さか枝」とで、香川では計9軒まわることが出来た。
 つるつる、もちもちの、歯ごたえある代表的讃岐うどんである。

【さか枝】
2

 竹清と並び、有名うどん店の「さか枝」。
 このように平日でも、昼飯時には行列ができるのが、香川の讃岐うどん店の特徴である。ただし、店の回転が速いので、どんどんと客がはけていくのもまた、こういった店の特徴でもある。

 ところで、香川は讃岐うどんの本場であり、多くの観光客もそれを目的に訪れるわけだが、香川の讃岐うどんそのものに関しては、香川の独壇場というものでもない。今は、他県でも1、2軒は本格的な讃岐うどん店があり、うどんの味や質に関しては、それらの店は十分追い付いていると思う。
 しかし、他県の讃岐うどんと香川のそれが、圧倒的に違うのは値段である。
 他県と香川では倍どころか三倍以上も値段が違う。なにしろ、香川ではうどん一杯が100円程度だからだ。
 それでどうやって利益を出しているかといえば、独自のセルフ方式による人件費節約、トッピングでの利益、および薄利多売、等によるものだろうけど、ここまでCPが良いなら県民食になるのも当然といえる。

【高松港】
3

 昼食で、しっかり本場の讃岐うどんを食ったのち、高松港に到着。
 ここからフェリーに乗って、岡山宇野港へと出発である。
 私は四国を時計回りにほぼ一周したわけだが、自転車で走ると、四国が一つの大きな山であることがよく分かった。
 そして四国は全体的に景色の変化に富んでいて、またお遍路さんのおかげで道の整備もよくされており、自転車での旅に向いたところであった。
 次回訪れるときは、ツーリングバイクでなく、ロードバイクで走ってみたいものだ。

【児島へ】
9

 四国フェリーで、小雨のなか岡山県の児島へと。
 この児島は瀬戸大橋を介して、ほぼ丸亀市の正面にある。
 今朝丸亀市を出発したわけだから、高松を経由したことで、ルートラボの地図をみてもよく分かるように相当大回りしたことになる。
 それというのも、瀬戸大橋、鳴門大橋のせいで、香川県から岡山県に渡るフェリーが高松港→児島港にしかなくなったしまったため、こういう大回りをせねばならなくなったわけである。
 以前は四国中国間には数多くのフェリーが就航していたのだが、本州四国連絡橋のせいで、自転車乗りにとってはずいぶんと不便になってしまった。
 そして、自転車のことを抜きにしても、この連絡橋が地元民を本当に便利にしているのかどうか、けっこう疑問に感じるところがある。

【鷲羽山から】
7

5

 児島からは鷲羽山に登ってみた。
 ここは瀬戸大橋の絶好のビューポイントである。瀬戸大橋は、優美さと機能美をあわせ持つ、橋の傑作である。 日本の技術の高さを象徴する建造物であろう。

 …しかし、交通量少なすぎ。
 この橋の造った手間と費用を考えると、哀しくなるほどに少ない交通量である。

【ホテルから】
8

 本日は、その鷲羽山のふもとにあるホテルで一泊。
 建築物としては比類なき、瀬戸大橋を眺めながらくつろぐことにしよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 25, 2012

香川編(4) 新居浜市→四国中央市→丸亀市 77.0km

【朝食】
0

 リーガロイヤルで、バイキング形式で優雅な朝食を。
 …って、あんまり写真では優雅には見えないが、シティホテルの朝食らしい良質なベーコン、ハムに、それにパンであり、美味なり。

【新居浜市】
1

 ホテルから眺める新居浜市の風景。
 四国有数の工業都市である新居浜市は、工場群の高い煙突から威勢よく煙が立ち上っている。

【国道13号線】
2

 新居浜市からは東に向かい、瀬戸内海に沿っての走行。
 愛媛の東部は山が海まで迫っている地形であり、いくつも坂を越えてのきつい道である。
 そしていちばんの大物の坂を越えると、そこからは四国中央市だ。

【四国中央市】
3

 峠から、四国中央市を一望できる。
 「中央」という名前がつくだけあって、ここはほぼ四国の中央地点。そうなると、瀬戸内海も奥のほうである。それゆえ海の色も、今治までのマリンブルーと異なる、グリーンがかった色になる。
 栄養分が多そうな海であり、魚もたくさん獲れそうだ。

【国道11号線】
4

 四国中央市を越えると、また道は海にせまった山を縫うような形になり、そこを走って行く。そうして、小さめの峠を越えると讃岐平野が広がり、本日の目的地丸亀市である。

【讃岐富士】
5

 島一つが巨大な山となっているような四国で、唯一の広大な平地が讃岐平野。
 だから四国で香川県だけが、妙に平っぺたい印象を受ける。
 この讃岐平野に、ヘソのようにでんと据えられているのが讃岐富士(飯野山)。円錐型の形のいい山である。

【丸亀城】
9

 地方都市の名所には、必ずといって「城」あるいは「城跡」というものがあり、私もこの旅行でけっこうな数を訪れた。それらは特殊なもの以外はどれも同じような形で、さすがにもう飽きてきた。丸亀城も、まあ普通の城である。

【城壁から】
6

 さきほど、城にはもう飽きたと書いたが、そこからの眺めは別である。
 城は、その地方で一番偉い人が住んでいただけあって、抜群のロケーションに建てられるのが原則なので、眺めは良いことが多い。
 そして、丸亀城の眺めは、それらのものなかでもトップクラスに良いと思う。
 海沿いの平地の高台にあるため360度の広大な眺めが楽しめる。瀬戸内海、瀬戸大橋、讃岐富士、讃岐平野、四国山地、などなどがぐるりと一望できる。
 丸亀市に来たら、この城は必ず訪れるべき。

【丸亀市商店街】
8

 本日宿泊の丸亀市での風景。
 駅前商店街はいずこも過疎化が問題になっているが、丸亀市の丸亀駅前の商店街はまたすさまじい寂れ方であった。
 午後7時半の時点で開いている店が理髪店一軒のみ。商店街の通りは、本格的シャッター通りとなっている。

 丸亀市といえば高松市と並ぶ香川の雄である。それがこんな有り様とは…
 (高松の商店街はそこそこ栄えていたけど)

 地元の人の話によれば、丸亀市の商店街は元々寂れていたけど、近郊に大型商業施設ができて、それが決定打になってしまい、ここまで閑散としてしまったとのこと。
 イオン、ゆめタウン等々、全国津々浦々で生じている現象ではあるが、ここまで極端なものは初めて見た。

【骨付鶏@一鶴】
7

 丸亀市は香川県にあり、高松市の近くであることから、讃岐うどんが名物と思われるだろうけど、「骨付鶏」が第一の名物。全国へ広めるべく、町起こしの材料ともなっている。
 その骨付鶏、名前は聞けど、食べたことがないので地元の老舗店「一鶴」に行ってみた。
 そして出て来た骨付鶏。これって、要するに骨付きの鶏腿肉で、それ自体は珍しいものでもないのだが、過剰に味付けを行い、独自の鶏料理になっている。人によっては、塩ょっぱすぎる、ニンニクの香りが邪魔だ、とか思う人もいるかもしれないが、このジャンキーなテイストとパリっと焼いた腿肉は、ビールのツマミとしてはたいへんよく合っている。それで、ビールをぐいぐいと飲みながら、丸亀名物を堪能するのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛媛編(4) 松山市→今治市→新居浜市 85.8km

【松山市】
1

 松山市、ホテルの高いところで朝食。
 近頃、外は寒さを増していき、とくに朝の冷え込みは厳しく、自転車で走るのが億劫になる。自転車にとって寒さは大敵なのである。
 そして、地球温暖化がいわれているのに、本年度は記録的に寒い冬となり、自転車旅行の身としてはついていなかった。

【海岸線】
2

 松山市からはいったん海岸線に出て、それからはずっと海に沿っての走行。
 この季節、風は西から吹くのであり、ひさしぶりに追い風のなかの走行であり楽であった。

【海岸風景】
3

 今治市に出て、大井浜では洋上に変な形の巨大な建造物が浮かんでいた。沖に小さく見えているのがそれである。すぐ近くに新來島ドックがあるから、そこでの建造中の巨大船というのが正解なんだろうけど、なんでドックの中でなく洋上で造っているのであろう? 不思議だ。

 今治市からはしまなみ海道を使えば、自転車で本州の尾道に抜けることができる。しまなみ海道は自転車乗りにとっても人気の道なので、そこを通りたくもあるが、四国一周にはまだ200kmほど残っているので、今治市は通りぬけることにして、さらに東へと向かう。

【リーガロイヤルホテル】
6

 午後からはついに小雪が舞いだした。とりあえず、今日は新居浜市に宿を取ることにする。宿を検索すると「リーガロイヤル」がある。このホテルって、政令都市クラスのところくらいでしか見ないホテルなので、「何故新居浜にリーガロイヤルが?」と不思議に思い、本物かどうか実際に見てみようとネット予約。
 着いてみれば、「なんちゃってリーガロイヤル」でなく、本物のリーガロイヤルであった。

 ここでサプライズ。
 予約は当然シングルなのであったが、ネットの手違いでじつは既にシングルは満室だったそうだ。ところが、空きのある部屋がスゥイートしかなく、私にスゥイートが用意されていた。これに関しては私の落ち度でないため、料金はシングルのまま。
 をいをい、という感じだが一応得をしたわけだ。しかし独り身には無駄に広い。バス・トイレも笑ってしまうくらいゴージャスである。

 ちなみに、「何故新居浜市にリーガロイヤルが?」の解答だが、サービスの人もよく聞かれるそうだ。
 答えとしては、まず第一に、新居浜はみなが思っているほど田舎ではなく、けっこう栄えている都市であること。そして第二は、新居浜市は大企業住友の城下町なのであり、リーガロイヤルは住友の関連企業なので、それゆえここに建てられたとのこと。

【ファミレスにて】
4

 ホテルのスウィートは冷蔵庫のなかのものはアルコール類を含め、全て飲み放題となっていた。
 これはルームサービス頼んで、ビールを全部飲んでみるのも手だが、私はそれほど図々しくもないので、ホテル近くのファミレスへと夕食に行った。
 ビールのツマミにオニオンフライを頼んだが、…やっぱり、一人には多すぎるなあ。一人身にはファミレスは使いにくい。

【外の風景】
5

 夜になっても雪は降り続く。
 電飾で輝く樹々と白い雪は、いい取り合わせで、きれいなのであるが、寒いのには困る。この寒波が一過性のもので、今年は暖冬だったらいいのになあと思ったけど、結局今年は記録的な寒い冬となり、この後寒さは増す一方となったのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2012

愛媛編(3) 八幡浜市→松山市 69.3km

 四国は暖かいところと勝手に思っていたが、1月になり寒い日が続いており、今朝から小雪が降っている。
 雪の降るなかを自転車で走るのは辛いのだが、走らねば進まない。きっちりと防寒対策をして出発。

【八幡浜市】
1hatiman

 八幡浜市は天然の良港であり、周囲を山に囲まれた地形になっているので、ここを出るためには山を越えねばならない。
 ただし、四国は北と南では地形が異なっており、愛媛~香川は高知と比べて地形がなだらかなので、山越えもそんなに厳しくはない。

【山越えの道】
2

 八幡浜市からは378号線を道なりに走行。
 愛媛ではこのような海沿いの斜面のところは蜜柑畑となっているのが約束事である。

【トトロ】
3

 走行中、海岸線で見かけた微笑ましいオブジェ。
 地元の小学生がつくってみたものらしく、造りは雑なところがあるが、それがかえっていい味を出している。
 ディズニーとかは著作権にやたらうるさいようだが、ジブリはそういうものには鷹揚なようで、ジブリキャラクター、なかんづくトトロは全国各地、いろんなところに出没している。

【378号線】
4

 山を越えれば、378号線は基本的にはフラットルート。
 この区間では風は南西から吹いていて追い風である。たいへん楽をさせてもらった。

【ふたみシーサイト公園】
51

5

 走行中、海岸の見晴らしのよい公園があったので、ここで休憩。
 園内には小さなモアイ像もある。
 観光地でよく見かけるモアイ像の群は普通はみんな同じ方向を見て並んでいるけど、ここのは各々が微妙に向きを変えており、妙な不均衡さがあって面白い。

【松山市】
6

 海沿いのフラットな道を走り、松山市の手前で小さな山を越えて、松山市へ到着。
 小高い丘に松山城が見える。
 松山市といえば道後温泉であるが、寒い中行って帰るのも面倒くさく、そしてホテル内の大浴場は奥道後温泉の湯を引いているとのことで、ここで温泉を楽しみ、冷え切った身体をあたためた。

 松山市での夕食は、「寿司すみもと」にした。
 この自転車旅行は、「全国有名寿司店食べ歩き(走り)」というテーマもあり、各県訪れるたびに有名どころは大体探訪したのだが、四国では全国レベルで名の知れた寿司店って「すみもと」くらいしかなく、今回が四国に来て初めてそのテーマの実行となる。

【寿司 すみもと】
7

 店主は東京で鮨の修行をして、そしてツマミ系統は大坂で修行して、腕をみがいた。
 そして、地元で美味い寿司屋をやるぞとの意気込みで帰ってきた職人。
 ツマミ、寿司とも微妙なツッコミどころはあるのだが、そのへんについて聞いてみると(6時から7時半までは貸し切り状態だったもので)、それぞれに独自の工夫があることを知り、なかなか面白かった。
 私が現在自転車で全国の寿司店を巡っている途中で、どこそこの寿司店に寄りましたとかの話をすると、あそこの店主は私の兄弟子だったのですがどうでしたかとかの突っ込みもあり、この世界は狭いなあと改めて実感。

 食事の内容は、ツマミは、太刀魚南蛮漬け、蒸し鮑、鮑肝、子持ち昆布、造り(鯛、平目、鯵)。握りは平目こぶ締め、鯛、コハダ、赤身ヅケ、中トロ、大トロ、車海老、鯖こぶ締め、ウニ、椎茸(名物)、煮ハマ、キスこぶ締め、穴子、厚焼き卵、赤貝とかんぴょう巻きで〆。
 ひさしぶりに真っ当で本格的な鮨を食べられ、満足いたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2012

愛媛編(2) 宇和島→八幡浜 52.3km

 宇和島は旧城下町。いちばん見晴らしのよい所に宇和島城があるので、行ってみた。

【宇和島城】
1castle

 宇和島藩は7万石の中程度の藩であったが、幕末に伊達宗城という名君が現われ藩政を執ったため、幕末において重要な役割を果たしている。宇和島藩は幕末の時点で近代化を独自に進め、蒸気船をも自力で造っているのだからたいしたものである。
 こんな小さな城の藩が、そこまでの技術力を持っていたというところに、今に伝わる日本の技術力の底力を感じる。

【天守閣から】
2view

 日本全国、城の数は多かれど、明治維新のときの廃城令により多くの城が廃され、江戸時代のものがそのまま残っている城は珍しい。
 宇和島城は、その残ったものの一つで、重要文化財である。
 高台にある城で眺めは良く、宇和島市を一望できるが、…吹きっさらしなので寒い寒い。

【ほづみ亭】
3hodumi

 宇和島に来たら、「ほづみ亭」で鯛飯は食うべきであるとのadviceをFace Bookで受けていたので、昼食は「ほづみ亭」で取ることにした。

【鯛飯】
4don

 宇和島の郷土料理店「ほづみ亭」の名物は、郷土食の「鯛飯」である。
 鯛飯というものは、普通は鯛の炊き込み御飯のことなんだろうけど、宇和島では海鮮丼のようなものになる。
 写真の通り、鯛の刺身がヅケ汁に入っており、それに卵をかき混ぜて、熱々の御飯にかけて食べるというもの。
 新鮮な鯛のツルツルした滑らかな食感がよろしい。いい鯛がふんだんに手に入る宇和島ならではの美味しい名物料理であった。

【国道56号線】
6road

 宇和島からは八幡浜を目指し、国道56号線を道なりに走り、途中で376号線に入り海岸線沿いに走った。

【国道378号線】
5mikan

 国内有数の蜜柑の産地である愛媛では、当然蜜柑が大規模に栽培されている。
 蜜柑は潮風を受けたほうが品質が良くなるため、海岸線に出ると、蜜柑畑ばかりとなる。

【県道45号宇和島名浜線】
7

 このまま海岸線沿いに走行するつもりであったが、この道路は非常にくねくねしており、予想以上に距離がありそうである。この道を使うと、八幡浜に着く頃には日が暮れる可能性があったため、山を一つ越えてのショートコースカットに変更した。

 その山越えの部分が県道45号宇和名浜線なのであるが、…この道路、巨大な蜜柑畑の一部のような道路で、蜜柑畑を支える城壁のような形になっていた。

 蜜柑は潮風をたっぷり浴びて育ったものが高品質となるため、どういうところが最も栽培に適しているかというと、海に面した急斜面となる。そういうところでは、一本一本にきちんと潮風が当たるため、蜜柑の糖度が増すのだ。
 ただ、それには段々形式に強固に整備された急斜面を構築する必要があり、その構築物の一部として高い基礎を持つ道路が九十九折りに走り、蜜柑畑のなかに「万里の長城」とでもいうべき、威風堂々たる姿になっている。

 写真では、その本質的な姿をまったく伝えられていないが、これは是非とも実物を見るべき光景。
今回の自転車旅行で、じつはこの「蜜柑畑の万里の長城」が、日本全国中最も私に印象深かった光景である。

【八幡浜市】
10hatiman

 300mほどの高さを登り、それからはだんだんと下って行くようなルートで、八幡浜市に到着。八幡浜市は、四国で一番の水産物の水揚げを誇る漁業の町である。

【ちゃんぽん@ロンドン】
8chanpon

 八幡浜市の食の名物はなにかといえば、チャンポンである。八幡浜市はチャンポンの町としてよく宣伝されており、ホテルのフロントにも、町なかに数多くあるチャンポン店の案内図があった。
 それらのなかで一番の有名店であり、老舗店でもある「ロンドン」に行って、チャンポンを食べてみた。(ロンドンって、チャンポン専門店かと思っていたら、定食屋であったのは意外であったけど)
 そのチャンポン、八幡浜市は漁業の町なので、海鮮物たっぷりのチャンポンを予想していたら、豚肉と野菜たっぷりのチャンポンであった。出汁はあっさりした鶏ガラ出汁であり、大量の野菜とあいまい、優しい感じの料理であった。これもチャンポンで有名な長崎市のチャンポンとは、またずいぶんと違うものであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2012

愛媛編(1)竜串→宿毛→宇和島  101.2km

 竜串からはしばらくは海岸線に沿っての走行。
 地形が入り組んでいて、アップダウンもけっこうあり、体力を要するルートが続く。

【叶岬】
1_2

 走るうち、形のよい岬が見えてきた。
 これが足摺岬に続く、岬の名所の叶岬である。
 ここからは海岸線を離れ内陸部に入るが、高知特有の地形で内陸部はすぐ山なので、やはり険しい道が続く。
 宿毛あたりでようやく道は平坦になるが、宿毛からまた海岸線に道は入り、ここもまたアップダウンが激しい。

【スルメ】
2_2

 その厳しい海岸線には、このようなスルメの大群がいくつもあり、心を和ませてはくれる。
 こういう潮風に干されたスルメは、さぞ美味しいであろうな。

【県境】
3

 国道56号線を走るうち、ようやく県境に達した。
 このトンネルの向こうは愛媛である。
 これでようやく高知県から出ることになる。高知県は大きかったなあ。四国は香川・徳島・高知と走ってきたが、高知は別格に大きかった。四国の半分は高知が占めていると思うくらい。
 じっさい、四国って県のバランスがどうもおかしい。

 愛媛をずっと走り、本日の宿泊地宇和島に到着。
 久々に走行距離は100kmを越え、さらに相当な高さも登ったので、かなり疲れてしまった。四国の自転車行では、今回のルートが最もハードであった。

【江戸風 男鮨】
5

 夕食は宇和島では有名な寿司店らしい「江戸風男鮨」にて。
 ここは江戸風と名前がついているが、白身魚の熟成が売りであった。近くに良港のある宇和島では、鮮度のよい魚が手に入るのだが、それを敢えて寝かすことにより旨みを増させ、新鮮な魚に慣れた地元の人に新たな魚の魅力を提供しているみたい。
 じっさいに、素材もなかなかよくて、それに熟成の手間をかけることにより、店主独自の鮨となっていました。

 ここの店主と話をしていて、宇和島の名所などを教えてもらううち、私が「宇和島の有名な人物って、伊達宗城しか私は知らないんですけど、誰か他にいますか」とたずねると、「ここではないけど、近くの八幡浜市が二宮忠八の出身地です」とのこと。航空機設計の先駆者である二宮忠八氏とは、ずいぶんマニアックな人が有名人になっているんだなあ。
 さらに店主は、「あ、そうだ。今はもっと有名な人がいます。宇和島徳州会病院の万波医師です。なにしろ、あの人の手術を受けるために、全国からたくさんの人が宇和島を訪れていますから」とのことであった。

 どの地方も、時代の流れにより、いろいろな姿をみせているのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2012

高知編(6)四万川中村→足摺岬→竜串 89.8km

 四国には「是非見るべき名所」が二つあり、一つは祖谷渓、もう一つは足摺岬である。本日はその足摺岬を通るコースである。

【雨中のお遍路さん】
1

 土佐山を出てから、このところずっと雨である。
 雨の中考えた疑問「お遍路さんは雨のときはどういう格好をしているのだろう?」の解答が前を歩いておりました。
 笠と雨合羽なんですね。さすがにクラシックな蓑姿ではありません。

【足摺岬へ】
2

 足摺岬は足摺半島の突端にある。
 半島というものがたいていそうであるように、この足摺岬もアップダウンの多い道である。その疲れる道を越えて、足摺岬へと到着。

【足摺岬】
4

 雨のなかの足摺岬。
 太平洋をにらんで立つ銅像は、幕末に活躍したジョン万次郎のもの。
 幕末のなか、ジョン万次郎ほど数奇な人生を歩んだ人もいなかったろうが、これほど優秀な人物を時代が使いきれなかったのは、あの頃の歴史書を読んでいて、いつも残念な思いをする。

【足摺岬燈台】
5

 四国のもう一つの有名な岬、室戸岬が地形が緩やかで、あんまり岬っぽくないのに比べ、足摺岬は巨大な断崖絶壁が、太平洋に屹立しており、「いかにも岬!」という感じの、じつに立派な岬だ。

【足摺岬】
3

 足摺岬は燈台を載せた岬以外の岬も伸びており、幾重にも岬が連なる形をしている。
 「天狗の鼻」という展望所から眺めると、その全貌がよく分かる。

【竜串 見残し海岸】
6

 足摺半島を周回し、土佐清水市を抜け、竜串へと到着。
 竜串は名勝地であり、地層構成が複雑になっており、それが海水に浸食されたため、変化に富んだ風景をつくっている。
 見どころ多い海岸であるが、弘法大師が四国を旅したとき、ここに寄り損ねたので、それを悔やんだため「見残し海岸」という名前が付けられている。

【竜串 味彩の宿「ホテル南国」】
7

 本日の宿泊は、竜串の「ホテル南国」。
 このホテルは「サラリーマン転覆隊お遍路編」で知った。ママチャリでお遍路をしているときに、彼らはこのホテルに泊まったのであるが、宿を出発したその日に竜巻が直撃し、建物が半壊したというエピソードが載っていた。一日ずれていたら、えらい目にあっていたところであった。そして、その後修復工事を行い再開したという復興の話も載っており、そういう物語のあるホテルを訪れてみたかったのである。


 ホテル南国では、一泊二食つきで12000円のプランにしたけれど、味彩の宿というだけあって、夕食の量と質が半端なものではなかった。

【最初のセッティング】
13

 夕食の時間に食堂に行くと、テーブルに最初にあったのが、
 ・五目鍋の具(タイ、豚、鶏、タラコ、野菜、豆腐)
 ・造り(アジ、タイ、ヒラメ、ヨコワ、ヒオウギガイ)
 ・鰹のたたき
 ・ちゃんばら貝
 ・トコブシ煮
 ・ナマコ酢の物
 と、たいそうな量であった。
 ついでなので、いくつかの皿を、それだけの写真で紹介。

【刺身】
12

【鍋の具】
10

【ちゃんばら貝】
11


 民宿などによくある、最初にどっと出てそれで終わりのパターンかなと思ったら、なんのなんの、これからもいろいろと料理が出て来た。

【アラカブの煮漬け】
14

【川海老とウツボの唐揚げ】
15

【ヒオウギ貝の焼き物】
16

【寿司五貫】
17


 海鮮もの、フルコースである。
 さらに〆として、このあとに白御飯と味噌汁が出てくるはずだったが、さすがにもう結構と、降参いたしました。
 いやはや、高知というと、料理がいっぱい出て来る皿鉢料理なんてのが有名であったが、そのご馳走攻撃的な乗りを十分に感じとれました。

 このホテルの料理は二代目がつくっていたけど、素材もいいし、料理の流れもいいし、観光に加え、料理目的でも訪れる価値のある宿でありましょう。

 …………………………………
 味彩の宿「ホテル南国


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2012

高知編(5)土佐久礼→四川万中村 69.7km

【国道56号線】
2

 四国南側の幹線道路国道56号線は土佐久札から海岸線より離れ、山に入っていく。本日も天候はよくなく、小雨が降っている。

【七子峠へ】
3

 道はずっとゆるい登りであったが、だんだんと勾配を増していく。この登りはいつまで続くのだろうと思っていたら、「七子峠まであと3km」との標識あり。
 登り始めから数えて、この峠へは約5kmの距離をかけて登っていく、けっこう大きな峠である。

【七子峠へ】
4

 峠への道は当然ながらずっと登り道であり、雨が降ってるなか体力を消耗させてくれる。

【七子峠】
5

 どんな峠であっても、ペダルを回すうち必ず着くわけで、なんとか到着。
 ここから下りと思いきや、ちょっとした高原みたいな地形であり、平坦な道が続いた。

【鹿島ヶ浦】
10

 道はようやく下りになり、下り切ったところで、ポンと海岸線に出た。
 鹿島ケ浦という湾で、なかなか風光明媚なところだ。
 これからしばらく眺めのよい海岸線に沿って走るが、それからまた山に入っての走行になる。

【また山道】
7

 山道は下りが滑りやすいのでいやなのだが、さいわい午後からは雨は上がり、道路も乾いてくれた。
 本日は、四万十市というところに泊。
 「四万十市」というと分かりにくいけど、四国の旧中村市といえば分かりやすい。有名人がけっこう出ている都市だし。(幸徳秋水とか、中島丈博氏とか、森雛二氏とか)

【鰻白焼き】
8

 四万十市はその名前のとおり、四万十川のほとりにある街で、鰻、ゴリ、川海老、鮎なんかが名物だ。
 今の季節は鮎はいないので、鰻を食おう。
 宿近くの居酒屋に行き、まずは鰻の白焼きを肴にビールを飲む。

【ちゃんばら貝】
Chanbara

 これは高知の名物、ちゃんばら貝。
 貝の蓋が刀みたいな形をしているから、そういう名前がついているそうだが、コリコリした食感がよく、ビールのつまみとしてもgood。

【川海老】
9

 四万十川の川海老を唐揚げで。
 これもじつにビールによくあうつまみである。
 ひたすらビールを飲んだ夜であった。

【四万十川佐田沈下橋】
11

 翌朝は、四万十川名物の佐田沈下橋を見に行った。
 正面から見ると、「沈下橋」らしい侘しさのようなものがある。

 沈下橋は低予算で簡易的に造られる橋で、大雨のときは水没することが特徴である。
 全国に200くらいあるそうだが、そのなかでこの佐田沈下橋が最も有名。おそらく沈下橋にしては、規模が大きいからであろう。

【側面像】
12

 この佐田沈下橋、横のほうから見ると、橋脚はけっこう高くずいぶん立派に見える。
 これが沈下するときって、よほどの大水害レベルが起きたときじゃないの?と不思議にも思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2012

高知編(4)高知土佐山→須崎市→土佐久礼 59.9km

【オーベルジュ土佐山 朝食】
8

 高知土佐山、高知の山のなかのオーベルジュの朝食は、麦トロ飯。
 オーベルジュだからといって朝食は洋食、というわけでもないのである。
 自然薯は香りが豊かで、粘りも強く、朝から元気が出そうな料理だ。

 天気予報によれば今日は一日中雨とのことで、じっさいずっと雨であった。
 雨具を着て、国道56号線をずっと行く。

【須崎市】
3

 山道を過ぎたところが須崎市であった、ここではマスコットであるニホンカワウソの絵が所々にあった。
 高知名物の特別天然記念物ニホンカワウソは、この地が本場であったようだ。
 それで、どこかの水族館みたいなものがあって、そこでニホンカワウソが飼われていないかなと、それらしい施 設を探しながら走ったが、見つからずに、結局須崎市を素通りしてしまった。

 …のちに分かったことだが、ニホンカワウソは2012年に絶滅が確定され、1970代で既に地球上から姿を消していたとのこと。
 「高知にニホンカワウソが居る」というのは、それまでは常識みたいなものであったので、残念なことであった。

 (そのときの感想を書いたページ

【海沿いへ】
4

 須崎市から海沿いの道になる。
 海沿いとはいえ、それなりにアップダウンのある道だ。
 本日は雨中の走行ゆえ、ときおり雨が強くなると、とても走れなくなるときがある。そういうときはどこかに雨宿りする必要があるのだが、四国の幹線では、定期的にお遍路さんの休憩所が置かれているので、たいへん助かる。

【お遍路休憩所】
5

 というわけで、驟雨のなか、自転車入れて休憩所にて雨宿り。
 ここは、なにもお遍路さん専用というわけでもないだろうし。
 …それにしても雨の日ってお遍路さんはどういう格好で歩いているのだろうか? 雨合羽は似合わないし、といってクラシカルな簑姿も変だし。
 今の季節、歩きお遍路さんはマレであり、さらに雨の中歩いている姿も見たことないゆえ、少々疑問に思った。
 (のちに雨の中のお遍路さんを何人も見たが、お遍路の装束+雨合羽でした。さすがに蓑姿の人はいなかった。)

【土佐久礼】
12_2

 高知市からは四万十川→足摺岬→宿毛というルートを通る予定であり、今日は四万川くらいまで行こうかとは思っていたが、ずっと雨だったので、60km走ったところで走る気もなくなり、土佐久礼というところに宿を取ることにした。
 ちなみに四国というところは、お遍路さんのおかげで、お遍路さんのコーズ上にはどんな小さな町でも一軒くらいは宿があるので、たいへん楽である。

 この土佐久札という町、なんの事前知識もなかったが、そこそこ栄えている町で、町内には鮮魚店が多く、魚の品揃えも豊富であった。漁業の盛んな町のようである。

【雨具等々】
6

 宿は、町中の「福屋旅館」という素朴な旅館。
 強い雨と風だったので、雨具は当たり前のこととして、中身もそうとうに濡れており、まずは雨具に衣服を乾燥させる。
 ノースフェイスの上下雨具に、ノースフェイスのフリース、ブラックダイヤモンドの手袋、とけっこうな本格的な重装備なんだけど、これでも雨が浸み行ってくるから、雨中の自転車走行ってつらい。

【夕食】
7

 町の雰囲気からして、夕食は鮮魚攻撃?とも思ったが、民宿などによくあるパターンの「普通の家でちょっと大事にしないといけないときに出す家庭料理」であった。
 ちなみによく知らなかったのだけど、高知はイチゴが名物だったそうである。

【土佐久礼の町】
13

 翌朝は、町中をしばし散策。
 この町には「昭和通り」という通りがあり、そこそこ有名だそうだ。
 そして、この通りの壁にいくつもの看板があったが、…たしかに昭和の香りがする懐かしいものばかりであった。

【へんろ道】
14

 四国にはお遍路さんのルート上の町には、このような「へんろ道」の標識があって、道迷いしにくいようになっている。
 四国はお遍路さんを大事にしている所なのだ。
 そして、散歩からの帰り道、宿をたつ人の装束姿を見て、もう一組泊まっていた客がお遍路さんということを知った。
 こういう小さな町の宿って、やはりお遍路さんが主力の客であろう。そしてお遍路さんは基本的に一回きりだから、人生一回の、一期一会の宿というわけなんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2012

高知編(3) 高知市→土佐山 19.6km

【高知市】
1_2

 高知市の朝。
 高層ホテルの窓から眺める、と高知市の形がよく分かる。
 太平洋が嚢状に陸地に割り込んで湾をつくり、その湾のまわりに都市をつくっている。
 だから目の前を流れているのは川というより湾の細くなったところが正しい表現か。

【はりまや橋】
2_2

3_2

 高知の名所「はりまや橋」は昨夜見たが、明るいときにも来てみた。
 日本三大がっかり名所の一つとして有名である、はりまや橋。
 三大がっかり名所のうち、「札幌市時計台」と「長崎オランダ坂」は訪れたことはあるが、「はりまや橋」は初めてである。
 がっかり云々はともかくとして、名所になることがおかしいような、なんということもなき橋ではある。
 ただ高知市の、ど真中にあるものゆえ、目立つといえば目立ちます。

【高知城】
4_2

5_2

 高知市を散策したついで、高知城にも登ってみた。
 土佐藩の城、高知城は江戸時代からの建物が残存しており、重要文化財の指定も受けている。
 天守閣からは、高知市を一望でき、広々とした風景を楽しめる。

【山に向かって】
6_2

 高知で有名な料理店といえば、私は「オーベルジュ土佐山」しか知らないので、今夜はそこに泊まり、夕食をとることにした。
 「オーベルジュ土佐山」は高知市郊外に位置していたが、自転車を走らせると、えらい山奥にあった。「土佐山」という地名なんだから、山で当然なんだろうけど、…高知の山はけっこう深い。いったん山に入ると、ずっと山である。

 高知は海岸線が長くて、海に面しているところがずっと続くが、そのわりには平地は少なく、実質上は山国なのである。
 土佐藩は土佐二十四万石と称されていた。四国の半分ほどの面積を占める、大きな藩のわりには石高が少ないなと漠然と思っていたが、高知に来たらその理由がよく分かった。

【オーベルジュ土佐山へ】
7_2

 オーベルジュ土佐山へは、山奥へ、山奥へと入っていくのであるが、そんな山奥を訪れる人は、オーベルジュ土佐山に泊まる人しかいないので、標識は要所要所にしっかりとあり、迷うことなくたどり着ける。

【オーベルジュ土佐山】
8_2

9_2

 山を登って行き、ようやく到着。
 川ぞいの山荘風の洋館であり、温泉施設もあった。
 人里離れ、のんびりとくつろぐ、そういう使い方をする宿のようである。

【夕食】
11_2

 オーベルジュ、というからには洋食系の料理が出て来るかと予想していたけど、和・洋、混じった創作系の料理であった。
 こういう山奥に料理宿を出すだけあって、素材には相当なこだわりがあり、メニューには各素材ごとに生産者の名前が書かれてあった。

【夕食】
14_2

 創作系ばかりというわけでなく、土瓶蒸しも出て来た。
 そういえば今シーズン、土瓶蒸しを食べるのは初めてだな。

【夕食】
12_2

 料理はいずれも良かったけど、とくにこの鶏のソテーは、見た目がリズミカルで、そして味も変化に富んでいて面白い料理であった。

【部屋】
10_2

13_2

 オーベルジュ土佐山の部屋は、木材を多用したロッジ風であり、音の反響が大変良い。そして部屋には高性能CDプレイヤーが設置されていて、CDの貸出しもしている。
 グールドのCDがあったので、そのイタリア協奏曲を鳴らしてみたら、予想通りに大変良い音で響いた。
瑞々しく、生命力豊かで、霊感にあふれた音。

【不思議物件】
1light

 オーベルジュ土佐山で見かけた不思議物件を紹介。
 この宿は山奥にあるので、周囲には明かりはほとんどなく、夜には漆黒の闇につつまれる地である。
 ただ、その闇の中、川を越えた山の頂近く、裸の木が一本、枝まできちんと見えるくらいに金色に輝いている。
 おそらくは、よく反射する素材で造った人工の木を、ライトアップしているものと思われるが、高知の山奥、一面の闇のなか、そのようなものが深夜から夜明けまで、ぽつんと輝いていているのは、なんともシュールな光景であった。
 梶井基次郎的世界というか、なんというか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2012

高知編(2) 室戸岬→高知市 96.6km

【宿「うまめの木」より】
1

 台風の名所でもある室戸岬。
 台風の時期ではないのだが、それでも朝から風が強い。そして、西風なので向かい風である。冬になってからは、風向きはずっと西風だな。

【ブーゲンビリア】
2

 本日は太平洋沿いに国道55号線をずっと走行する予定。
 黒潮の国高知は、亜熱帯のイメージがあったけど、走行中見つけましたブーゲンビリア。…でも、なんで今の季節に咲いているのだろう?

【港にて】
3

 高知は太平洋に面しているため、漁業が盛んである。
 港も多く、そしてある港では、底引き網を整理修繕しているようだが、港いっぱいに広げていた。
 …底引き網ってでかいなあ。

 それに海岸線が凹状にずっと延びているが、先の遠いこと。高知県が大きなことを実感。海岸線の遥か先端が足摺岬なわけだが、予定では、あそこまで行き、さらに瀬戸内まで行くのである。はあ、大変だ。

【お大師さまが見ています】
4

 四国一番のトップスター弘法大師は、いろいろなところにその行跡が残されているのだが、こういう看板も。
 「ゴミを捨てないで下さい!! お大師さまが見ています」
 四国では、弘法大師は現役の存在なのである。

【高知安芸自転車道】
6

5

7

8

 国道55号線を走るうち、サイクルロードが並走していたので、それを使っての走行とした。
 海岸線沿い、松林のなか、堤防の上、等変化に富んでいておもしろい道であった。

 この道をもう一人サイクリストが走っていた。
 長距離ライドの格好をしていたが、それは、ママチャリの前かごに荷物を満載し、後ろの台には毛布と布団をくくりつけていた。そして漕ぎ手は、どう見ても10代の少年であり、なんか家出少年の雰囲気であった。

 荷物多載のサイクリストは珍しい存在なので、遭遇したら会話をかわすことが多いのだけど、今回ばかりは、この少年にはどうにも複雑な事情がありそうであり、とても声をかけられなかった。
 今回の彼のサイクリングがただの青春の冒険の一頁ならいいのだけど、たぶんそんなもんじゃないのだろうなあ。

【浦戸大橋】
14

9

 高知の有名な名物といえば二つあり、そのうちの一つ「坂本龍馬の銅像」を見に、桂浜へと向かった。
 桂浜へは、浦戸大橋を渡っていかねばならないのだが、この橋、上下の部分がやたらに急傾斜であり、自転車では渡るのに苦労をした。

【坂本龍馬像】
10

 太平洋をじっと睨みつける坂本龍馬の銅像。
 坂本龍馬は全国を駆け巡った人であり、あちこちにその名を刻んだ場所がある。
 しかし、よく考えれば桂浜って、龍馬の活躍とはあんまり縁のない場所とは思うのだけど、…まあ、「坂本龍馬」は高知の観光財みたいになっているので、これはこれでよいのか。空港だって、その名前になってるし。

【高知市】
11

 桂浜を過ぎ、本日の宿泊は高知市。
 県庁所在地って、どこも似たような造りであるな。

【土佐鮨処康】
12

 夕食は、地元の人気寿司店らしい「土佐鮨処康」へ行ってみた。
 高知に来て、なぜ鮨?という突っ込みはあるだろうが、ここ三週間ほど鮨を食っていなかったので、食いたくなったのである。
 それに高知の名物料理といえば、「鉢皿料理」なんだろうけど、あれを一人で食う気はしない。

 この店の鮨で地元のネタは、清水サバ、金目鯛、ノドグロ(金目鯛を取るついでに少ないながら取れるそうだ)といったところ。
 シャリ、ネタあわせ全体的には、いかにも地方の鮨という感じである。

【はりまや橋】

 13

 食事を終え、高知のもう一つの名物「はりまや橋」に寄ってみた。
 「日本三大がっかり名所」の一つであるが、最初から小さい橋という予備知識を持っていたもんで、それほどがっかりできなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2012

高知編(1) 日和佐→室戸岬 82.7km

 日和佐からは国道55号線を走って、四国を代表する名所室戸岬へと向かう。
 この道は四国の周回道路みたいなもので、お遍路さんたちも使うので、お遍路道でもある。

【日和佐トンネル】
1

 日和佐からはゆるい坂を登って、日和佐トンネルへと至る。
 お遍路道ゆえ、所々に写真のごとくお遍路さんの休憩所が設けられている。
 ところでトンネルとは自転車乗りにとっては天敵のごときもので、

 ・暗くて視野が悪い
 ・車が走ると音響がトンネルに満ち、後ろから来る車の位置が分かりにくい
 ・狭くて隣が壁なので、大型車がぎりぎり横を走ると逃げ場がなく、巻き込まれそうになる
 ・道の端にはペットボトルなり弁当箱なり、いろいろとゴミが捨てられており、これを踏んで転倒する危険が常にある

 等々、走行に大変厳しい条件に満ちており、じっさいトンネルでの自転車事故は多く、命を失った人もいる。激坂や、ダートの悪路などが好きな自転車乗りはいても、トンネルの好きな自転車乗りってまずいないだろう。

 しかしながら、日本全国のうち四国のトンネルは、トンネル内の明かりがけっこう明るく、また道がよく掃除されていてゴミが少ない、といった特徴があり、ずいぶんと助かった。

 もちろんこれはお遍路さんたちのために整備されているからであろう。お遍路さんたちもトンネル内を歩いていくゆえ。

【お遍路さん用注意】
2

 このようにお遍路さんたちの安全のために、トンネルの出入り口には反射タスキが用意されている。
 四国とは、お遍路さんたちのための地でもあるのだ。

【さぬきうどんコンビニ】
3sanuki

 国道55号線で見つけた看板。
 じつは私は香川県でこのような、さぬきうどんも食べられるコンビニが必ずあると思っていた。あれほど、うどん大好き県だから。
 しかしながらそのようなコンビニは一軒も見つけられず、…ようするに、香川にはうどん店がたくさんあるからコンビニで食わずともいいとのことだったんだろうな。
 そして、香川でなく、徳島で「さぬきうどんコンビニ」を発見。
 なんとなくうれしくなった。

 ちなみに、自転車乗りのオアシスであるコンビニは、四国ではローソンとファミリーマートはよく見かけたが、セブンイレブンは一軒もなかった。
 なぜかはしらぬが。

【県境】
4

 徳島内で峠を越えて、あとは小さなアップダウンのある道を走っているうち県境があった。
 徳島高知の間には四国山脈があるはずだが、ここの県境はずいぶんとあっさりした県境であった。

【室戸岬】
5

【室戸岬 海岸】
Muroto

【室戸岬 中岡慎太郎像】
Nakaoka

 高知では国道55号線は全体的に平坦となりそして四国の南東端、室戸岬に到着。
 足摺岬と違って、室戸岬はどこがどう岬になっているか分かりにくい。
 とりあえずは燈台まで登ってみた。

【室戸岬燈台】
6forn

 高台を漕いでいき、かなりの距離を登ったところに燈台がある。
 眼前には茫洋たる太平洋が広がっている。

【最御崎寺】
7temple

 燈台の近くに、四国八十八箇所霊場の第二十四番札所である最御崎寺(ほつみさきじ)がある。
 若き空海が修業を行った地に近き、由緒ある寺である。
 本日は道路には歩きお遍路さんはまったく見かけなかったが、さすがに札所にはお遍路さんたちが何人も集っていた。

【最御崎寺への道】
9

 お遍路さんを書いた本はたくさんあるが、そのなかに「ママチャリお遍路1200km サラリーマン転覆隊」というものがある。
 私も愛読している「サラリーマン転覆隊シリーズ」は、とある広告会社の多忙なサラリーマンたち(webもある)が、激務のなか知恵をひねって時間をつくりだし、色々と過激な遊びを楽むさまを書いた本であり、そのシリーズのなかに、(遊びではないのだが)ママチャリで四国八十八ヵ所を回る話がある。

 彼らはあの重たいママチャリで八十八ヶ所全部まわったわけだが、彼らが最御崎寺へ行く道は私も本日通ったけど、国道55号線から寺への道は、10%を越える激坂が九折に延々と続く道であり、…これをママチャリで登るのは並の脚力では無理である。(私だってママチャリではたぶん登りきらない)
 サラリーマン転覆隊の人達、本を読んでいるときに、ただ者ではないとは思ってはいたが、やはりただ者ではなかった。

【夕食】
8

10

 民宿「うまめの木」にて夕食。
 高知は当然のことながら魚の宝庫であって、獲れたての新鮮な魚がたっぷりと出て来た。刺身はイサキにカンパチ。それにアカネキントキの潮汁。あと、つみれ揚げや、肝や貝の煮ものなどなど。

 室戸岬は観光地ゆえ、観光ホテルのごときものがけっこうあるのだが、せっかくお遍路の本場みたいなところなのだから、お遍路さんも泊まっているであろう民宿に泊まったのであるが、この寒い1月はお遍路のオフシーズンなので、客など今日どころか、今年に入ってまったくいないのであった。

 そして、宿の人によれば、お遍路さん自体が全体的に年々減ってきており、観光県高知としては、四国独自の新たな観光資源を開発しないと、いずれどうしょうもなくなるとのことである。
 うーむ、それは大変ですねえ。
 ただ、お遍路さんって、「讃岐うどん」以上の四国の最大級の観光コンテンツであり、これに代わるようなものがそうそう開発できるわけもなく、結局はお遍路さんの数を増やすような方向で努力しないとどうにもならないような気もするわけで。
 …なんかいい知恵ありますかねえ。

 とりあえず、高知は魚美味いっす。
 お遍路をしようかと思っている人で、魚が好きな人がいれば、これもついでの目的として、ぜひ高知まで来てはいかかがでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2012

徳島編(6) 鳴門市→徳島市→日和佐 81.9km


【鳴門の朝】
1

 鳴門の朝。
 瀬戸内海が窓の外から見える。
 冬なのでとても寒い朝だが、海岸に流れ着く流木を拾って焚火をしている人たちがいた。なんとはなしに、心あたたまる風景。

【朝食】
2

 鯛丸の朝食。
 さすがに朝から鯛は出ない。

 朝食を食ってから出発。
 本日より、いわゆる四国一周のルートに入る。
 鳴門市からは国道55号線を使って、徳島市→阿南→日和佐と走ることにしよう。

【吉野川大橋】
3

 徳島県に入ってからは、吉野川の上流から下流に向けて自転車を走らせたので、私はけっこう吉野川に詳しくなっている。
 この吉野川はたいへん大きな川であり、四国というそれほど大きくない地域にとってはオーバースペックといってもいい川だ。その大きな川が徳島県を南北に切断しているので、徳島県はやたらに大きな橋が多い。橋だらけの県である。
 その多くの橋のなかでも最長の橋が国道11号線にかかる1kmを越える吉野川大橋。
 長いのはまあいいとして、この橋は何も遮るもののない吹きさらしの場なので、風がとんでもない強さである。油断すると自転車が倒れそうになってしまう。「横風注意」という標識があるが、ずっと注意しとかないと危ない。
 私はこの橋を通るのは一回だけだからまだよいが、この橋を使う地元の人はこんなものと毎日戦っているわけで、まったくもって大変である。

【徳島大学】
4

 徳島市内に入り、徳島大学の前を通る。
 するとこの知らせが。
 そうかあ、1月15日は、この日だったんだ。
 相当前に私も経験したわけだが、ま、あんまりいい思い出はないですな。

【阿波おどり会館にて】
5

 徳島市といえば、名物は「阿波おどり」。
 徳島市最強の観光資源である。
 とはいえ季節限定のものであり、8月の数日しかこれの本物は見ることはできない。
それでもせっかくなので、徳島市の「阿波おどり会館」に寄ってみて、その歴史みたいなものを勉強してみた。

【日和佐へ】
6

 徳島市からは国道55号線を使って、日和佐へと。
 街のなか、山のなか、小さなアップダウンを繰り返しての道であった。

【大浜海岸】
61

 日和佐は、以前NHKの朝ドラマ「ウエルかめ」の舞台となったところである。
 アカウミガメが産卵のために上陸する浜であり、この浜全体が天然記念物になっている。
 アカウミガメが上陸する季節には、産卵の邪魔をさせないように、辺り一帯は明かりをつけないよう規制が入るくらい、きちんと保護されているそうだ。
 もっとも、冬にはアカウミガメは来ないので、ここで待っていても上陸は見られない。

【ウミガメ博物館】
8

 浜にはウミガメは上がって来ないけど、ウミガメ博物館があり、いろいろな種類のウミガメが泳いでいるのを見ることが出来た。
 さすが陸ガメと違って、どれも大きいっす。

【博物館より】
7

 博物館の二階からは大浜が一望できる。
 以前はこの浜にぞろぞろとアカウミガメが上陸してきたのだが、近年はその数は減る一方だそうだ。

【夕食】
9

 宿泊はウミガメ博物館そばの国民宿舎にて。
 ウミガメが名物のところゆえ、夕食はウミガメが出て来るかと思いきや、いわゆる普通の民宿風料理。
 じつはウミガメって、アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイ等、その全ての種が絶滅危惧種に指定されており、ワシントン条約にて食用はおろか捕獲も禁止されているのである。
 だから、フランス料理で高級料理として有名であった「海亀のスープ」って、今では幻の料理となっているそうだ。

 日和佐ではウミガメの飼育技術は確立しているようなので、この規制を逆手に、ウミガメの完全養殖に成功し、食用に供せるようになれれば、日本はおろか、海外からも海亀愛好家が集まって来る、有名どころになれるのに、とか思った。
 街おこしに関しては、NHKの「ウェルかめ」ではぜんぜん観光客は来なかったようだが、こちらのほうがずっと集客力があるのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2012

徳島編(5) 鳴門市 大塚国際美術館

 四国に渡っての私の最大のお目当ては、さぬきうどんツアーでも、古今青柳でも、壺中庵でもなく、鳴門市が世界に誇る「大塚国際美術館」である。
 この美術館は全世界の国宝級の美術品のレプリカを膨大な数展示している。
 レプリカといっても侮るなかれ。
 最高度の複製技術を用いて、原画を陶板に焼き付けたレプリカは、本物よりも本物らしい生々しさと迫真性を持っている。
 それが巨大な美術館内に、古代から現代までの作品1000余点が並べられているわけで、作品そのものと、そしてその数に圧倒されてしまう。
 この美術館は、香川の鳴門市という、全国レベルでは少々不便なところにはあるけど、美術好きな人なら一度は絶対に訪れねばならぬ、三つ星クラスの施設である。

【システィーナ礼拝堂】
1

1_2

 エスカレーターを上がって最初の部屋が、システィーナ礼拝堂のレプリカである。
 ミケランジェロ作の「創世記」「最後の審判」のみならず、礼拝堂までもレプリカをつくり上げるという、その企てのスケールの大きさにまずは驚いてしまう。

【フェルメール】
2

 世界に30数点しかない希少なフェルメールの絵も、一室にずらりと並べられている。
 ターバンの青さも、真珠の銀色も、見事な色で再現されている。

【最後の晩餐】
3

 最後の晩餐は、修復前と修復後の2点が対峙するように展示されている。
 見比べるといろいろな違いが見えてきて、興味深い。
 個人的にはこの絵は修復することによって、精神性の深みの部分が失われていしまっているような気がした。

【レンブラントの部屋】
4

 この美術館には古代から現代までの絵画の、その時代での最も素晴らしいものが選ばれているわけだが、時代を追ってそれらの名画を見ていると、絵画という芸術の頂点が、バロックのときに来ているのがよく分かった。
 中世がホップ、ルネサンスがステップ、そしてバロックで一挙にジャンプするという感じである。
 近代、現代の絵画の歴史の流れは、絵画という芸術がバロックという偉大な時代を過ぎ、拡散して、各々で袋小路に入っていく過程に思えてしまった。


 大塚国際美術館、一日で全て見る予定であり、後半は早足で歩き、なんとか全部の階と部屋をまわれた。
 開館から閉館まで、6時間以上ずっと立ちっぱなし歩きっぱなし、それに休憩なしで、そうとうに疲れた。

【鯛丸】
5

 大塚美術館でヒートアップした頭を、酒と食事で落ち着かせることにしよう。
 本日の宿は、鯛丸。
 大塚国際美術館の近くにある宿で、美術館、それに鳴門海峡を訪れるには便利な宿である。

【造り】
6

 鳴門は鳴門海峡が目の前にあるところゆえ、どこの宿も魚がメインのようだ。
 この宿の造りは、いわゆる標準的な造り。
 壺中庵、古今青柳と比べるとけっこう違うが、これはこれなりに、ほっとするような料理でもある。

【五目鍋】
7

 鍋はハタハタやらタラバやら、なんでも入れた五目鍋。

 料理は全体的に混沌としていて、造り、鯛シュウマイ、フグの唐揚げ、牛ステーキ、五目鍋、それに鯛茶漬けといった、なんでもあり、という感じのものであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2012

徳島編(4) 神山温泉→梨の峠→鳴門市+古今青柳 72.0km


【朝食】
2012_01_13_07_39_04

 温泉ホテルゆえ、朝からしっかりと温泉に入ったのち朝食。
 温泉大浴場はそこそこにぎわっているホテルであるけど、朝の食堂をみるかぎり、客は少なく、二組のみ。
 観光シーズンではないからなんでしょうね。

【創造の森】
5

4

 神山温泉のホテルの裏山は「創造の森」と名付けられ、現代アートのオブジェが色々と展示されている。
 朝、あまりに寒いので、日が高くなって少しでも暖かくなってから出発しようと思い、しばし散策することにする。
 下の写真は創造の森に至る田圃道だが、霜が降りて、地面はカチカチに凍っている。

【創造の森 アート群】
6

7

 創造の森-というか雑木林のなかに、写真に示すような「アート」が置かれている。どこがアートなんだい?という突っ込みは、やはり入れたくなります。
 まあ、分かる人には分かるんでしょうね。


 いつまでたっても暖かくなる気配はないが、だらだら居続けても仕方ないので、出発することにする。
 さて、本日の予定は鳴門市である。
 徳島県には有名な和食店が二つあり、そのうちの一軒「壺中庵」は昨日訪れたので、本日は鳴門の「古今青柳」を予約した。有名度でいえば「古今青柳」のほうがはるかに高く、全国的にも有名な店である。ただ、あんまりいい噂もきかないのは事実であり、それはそれで行ってのお楽しみということで。
 「古今青柳」で食うからには、宿は「ホテルリッジ」が便利なので予約しようとしたら、オンラインでは満室になっていた。客室が10しかないホテルとはいえ、平日に満室か~と感心して、他のホテルを予約した。
 …ちなみにあとで知ったのだが、こういうリゾート系のホテルは、食事の用意の関係上、満室でなくとも前日の午後くらいにはオンラインの予約を締め切ることが多いのである。だからオンラインで満室でも直接電話すると空いていることがあるので、簡単に諦めてはいけない。このあと訪れた沖縄・奄美ではこのパターンばかりであった。以上、私が今回の旅で知った豆知識。
 これに対して、シティホテルやビジネスホテルでは、オンラインで満室の時は、ほぼ間違いなく満室である。


【梨の峠】
8

 本日は2つ峠を越えて、瀬戸内海側の東かがわ市まで出て、それから鳴門市に出る予定とした。
 そして最初の峠が「梨の峠」。
 しかし、山間部を走るうち雨が降ってきて、止む気配もなく、強くなる一方である。それで、梨の木峠を越えたところで予定を変更して、国道192号線を走り、徳島市経由で鳴門市に向かうことにした。
 この手の一般道は走っていて面白くはないが、雨のなかの峠越えはもっと面白くないので仕方ない。

【吉野川】
9bridge

 徳島市方面に出て、それから四国一の川吉野川を渡る。
 吉野川のはるか上流から河口付近まで自転車で走ってきたわけだが、広くて、長くて、そして変化に富んだ川である。
 治水、たいへんだろうなあ。

【鳴門大橋】
1naruto

 徳島市から北上し、突き当たったところが鳴門大橋。
 一週ほど前に淡路島側からこの橋を眺めたが、今回は四国側から眺めてみた。
 この橋、絶対に四国側からのほうが良い。
 なにしろこちらのほうが潮の流れが激しく、そして時間によっては鳴門名物の渦潮を見ることが出来る。
 今も丁度橋の真下で激しい海流が起き、渦がいくつも巻き、遊覧船が渦の上で遊んでいる。

 このあと近くの記念館に寄ったら、意外と見ごたえある施設で、鳴門大橋の建設の過程や、うず潮の出来る理由などを、様々な模型や写真、そして立体映像などを使って説明しており、全て観るのに相当に時間がかかってしまった。

【古今青柳】
9

 夕食は、予定通りに古今青柳。
 昨夜の壷中庵と同様に、部屋は料亭の雰囲気である。
 しかもこの部屋は瀬戸内海と鳴門大橋に面しているので、本来なら素晴らしい風景も楽しめるはずである。
 しかし今は冬なので、6時開始の時点で、外は真っ暗な闇に沈んでおり、風景もへったくれもなし。残念。

【鯛の造り】
3tukuri

 古今青柳は元々は徳島市にあったのだが、そこから何故この辺鄙な地に移転したかといえば、すぐ直下に「鳴門鯛」のあがる漁港があり、毎朝そこでいい鯛を直ちに仕入れることができ、仕入れ仕込みに大変便利だからだそうだ。
 なお、瀬戸内海のこの界隈は「明石鯛」が有名であるけど、明石海峡よりも鳴門海峡のほうが潮の流れが早いので、「鳴門鯛」の方が身が引き締まっており、美味だそうだ。

 たしかに、この鯛の造りは美味い。鮮度といい、味といい、一流のものだ。
 ただし私は昨日、極上といってよい鯛の造りを壺中庵で食っていたため、感激までには至らなかった。

【文箱八寸】
2hassun

 古今青柳の技術の冴えを知らせてくれる、文箱八寸。
 小さな、細工菓子のような、色美しい数々の料理が文箱にぎっしりと並べられている。
 箸をつけるのが勿体なくなる、美術工芸のごときもの。
 これ、酒の肴としても最強に近きものであり、これだけでも相当に飲んでしまった。

【鯛の淡々】
4tanntann

 古今青柳の看板料理、「鯛の淡々」。
 鳴門鯛のうち最も美味しいとされる2kgくらいのサイズの鯛の頭を使ったもので、通常の兜煮のように甘辛く煮つけるのでなく、酒と塩、それに昆布出汁で煮たものである。あっさり目の汁に、鯛の旨みが溶けだし、それにより旨くなった汁がさらに鯛の旨みを高める。
 単純にして複雑、薄いようで濃厚、いくつも要素が絡み合い、独自の高みに達している、古今青柳でしか味わえぬ料理。
 これは素晴らしい。まさにノックダウン級の料理である。
 これを食べるためだけでも、徳島鳴門の古今青柳に来る価値はある、そういうものであった。

 その他、椀もの、焼きもの、揚げもの等々は、それなりに美味いものではあったが、文箱八寸と鯛の淡々のインパクトが強すぎ、あんまり印象に残っていない。


 さて、古今青柳はサービスが丁寧であり、一人で食事している私に、貫禄あるサーブの男性が付きっきりで料理の説明を丁寧にしてくれた。おかげで鳴門の素材と調理法については詳しくはなった。ただ、カウンター割烹ではともかく、料亭では初めて経験する珍しいパターン。
 ついでにその人に「一人で来る客は多いですか?」と聞いてみた。すると「2~3ヶ月に一回ほど、そういう人が来ます」とのことであった。ようするに、けっこう稀なことらしい。
 もしかしたら、私はフードライターみたいなものに間違われていたかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2012

徳島編(3) 美馬→阿波土柱→神山温泉+「壺中庵」 49.7km


【朝食】
1breakfast

 ひなびた地のビジネスホテルの朝食は、なにも期待していなかったが、けっこうまともなものであった。
 大手のビジネスホテルよりも、個人が経営しているようなビジネスホテルのほうが案外といい飯が出たりする。

【阿波の土柱】
1_2

2

 美馬を出発したあとは、まずは徳島名物、阿波の土柱に寄ってみた。
 130万年の年月をかけ崖の礫層のうち柔らかい部分が流れ、硬い部分がセメント化して柱状、尖塔上に残ったものである。
 たしかに奇勝であるが、「雨に削られた崖」だけのようにも思える。
 ただし、このたぐいのものが崩壊せずに長い年月残るのは稀なる現象のようで、この土柱のような地形は世界に三か所しかないそうである。

【ホテル跡】
7hoterl

 土柱は上まで登れるので、とりあえず登ってみた。
 阿波の土柱は観光地としてそれなりに栄えた時代があったようで、頂上部にはホテル跡があった。
 もう廃墟となって、10数年は過ぎたような建物である。
 土柱自体が崖の廃墟みたいなものだが、人間の造りし廃墟のほうもそれなりに味がある。

【神山温泉へ】
2road_2

 土柱を見たのちは、本日の宿泊地の神山温泉へと向かう。
 神山温泉に至る193号線は、ここが入り口になるが、けっこうな激坂である。
 地図でみてもここからは坂また坂の区間なのであるが、最初からこれでは先が思いやられるところだ。

【後藤田正晴軌跡公園】
3road

 193号線の坂をひたすら登って行くうち、少しばかり平たいところにあり、そこに「後藤田正晴氏軌跡公園」なるものがあった。
 こういう写真入りの顕彰碑ってけっこう珍しいものであり、記念に写真に撮っておいた。

【国道193号線】
4road

 いつまでたっても峠が見えてこない山道を行くうち、道路には雪がみえだしてきた。
 四国の山のなかって、寒いところなのである。

【経の坂峠】
5pass

 とんでもない坂でも、ペダルを回していけば、やがては峠に着く。
 「経の峠」は標高770m。弘法大師がここで修業して経をよんだという由緒ある峠である。
 由来はともあれ、とにかく疲れた。
 あとは下りなので、体力的には楽だが、しかし道路にはシャーベット状の雪がまだ残っており、油断するとすぐ転倒しそうなので、慎重に下っていこう。

【下り道】
8slope

 こんな感じで下り道にも雪が残っていて、用心が必要。
 そして、登りのときにはなにも思わなかったが、下りだと運動しないので寒いったりゃありゃしなかった。

【神山温泉:四季の里】
6room

 寒い寒いと思いながら、ようやくたどり着いた神山温泉。
 ここのホテルは観光ホテルであり、けっこうアメニティが良かった。
 そして温泉は、場所的には沸かしの循環だろうなと思い、湯質には期待していなかったが、入ってみれば弱アルカリのぬるぬるした湯で、案外と良かった。冷え切った身には、こういう芯から温もるポカポカ系の湯はたいへん有難かった。

【夕食:壺中庵】
3

 夕食は、徳島の和食の名店「壷中庵」にて。
 この店は、12月の名古屋での忘年会の時に、食通の方々が口をそろえて「四国に行ったら、必ず訪れるべき店です」と言われ、そのとき知った。
 それゆえ今回の四国サイクリングで一番の候補に入れておいた。

 「壺中庵」は山のなかの一軒屋みたいな存在ゆえ、近くには宿などはなく、一番近い宿が8km離れた神山温泉の「ホテル四季の里」であったのだが、フロントでタクシーの予約をしたさい、「タクシーに壺中庵っていって分かりますかね」と聞くと、「このホテルに泊まってから訪れる人はけっこういます。大丈夫です」とのことであった。
 「壺中庵」、遠方からわざわざ泊まってから来る人がいるわけで、三つ星クラスの店みたいですね。

 さて、タクシーに乗れば壺中庵にはあっさりと着いたが、この店、まさに徳島の山のなかの一軒家であり、外見は田舎の民宿っぽかった。
 それでも中に入れば、部屋は一流料亭のそれであった。
 床の間には月次の茅の輪が置かれ、金の俵の置物もあり、初春の慶賀な雰囲気。山のなかで、こういう雅な気分を味わえるとは。

‎【造り】
5

 鯛、車海老、ミズイカ。
 造りを見て私は驚いた。このように美しい鯛の造りを私は今まで見たことがない。
 鯛自体が鮮度よく身の締まった上物なのに、さらに切った断面がじつに艶やかでかつ滑らか。
 そして食べれば、甘みと旨みが見事に混交した、鋭くかつ豊かなもの。
 いやはや。たいしたものです。
 正直、徳島の山ゆえ、造りのたぐいはあまり期待していなかったが、まさかこのようなものを経験できるとは。

【椀物】
4

 椀は、渡り蟹の蟹真蒸椀。
 渡り蟹は個性の強い蟹だけど、その渡り蟹特有の蟹の味の強さは抑え気味にして、ホコホコした優しい食感を残したまま、上品な京風の椀に仕立てている。

【焼き物】
6

 焼物は真名鰹の酒盗漬け。
 真名鰹の良さはもちろんだが、その味付けと焼き加減が一流。
 見事なものである。

【炊きもの】
7

 穴子と海老芋の炊き合わせ。
 どれも素材の味をストレートに出して、それを薄味の出汁で調え、爽やかかつ奥深い料理となっている。

【蛤雑炊】
8

 〆は蛤雑炊で。
 蛤の味の豊かさと、御飯そのものの美味さの調和。
 しみじみと美味しい。

 いやはや、いずれも完成度の高い、熟練の極みのような料理の数々であった。
 これならば、遠方からも壺中庵だけを目当てに徳島の山の中に人が訪れるのも当たり前であろう。

 しかも、じつは壺中庵の本領はまだ他の時期にある。
 壺中庵は、嵐山吉兆直系の店主が、出身地である徳島の美味い素材を供するために、この地に出した店である。そして、地元の食材の真価は「鮎」と「鰻」だそうで、だからこそこの不便なロケーションなのであった。
 今回は、思いっきりそれを外した時期に来てしまったが、それらの料理を味わうためにも、また来たいと思った次第である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2012

徳島編(2) 祖谷渓→大歩危→三好→美馬 78.1km


【朝食】
1

 ホテルかずら橋の朝食は、夕食同様に囲炉裏端にて。
 冬はこれがけっこうあったまってよろしい。
 朝食後、寒いなか自転車で出発。
 女将さんと番頭さんからお見送りのときに「また来てください。今度は車でいいですよ」と言われた。
 この界隈はかずら橋以外にも、剣山という名所があるので、また訪れてみたいものである。…さすがに今回は何の装備も持参してないので、登るのは無理だし。

【祖谷渓入り口】
2

 秘境祖谷渓を訪れるには県道32号線からは、祖谷口から祖谷街道を通るのと、大歩危駅方向から県道45号線を通って行く二つのルートがある。
 入るときに祖谷街道を使ったので、出るときは県道45号線を使った。どちらもアップダウンの激しいルートである。アップを終え、ひたすら下ったところに、茅葺のゲートがあった。いかにも秘境祖谷渓への入り口という構えである。

【大歩危駅】
4station

 県道45号線が32号線に入るくらいのところに大歩危駅がある。
 鉄道マニアが好むような、山間の小駅というたたずまいの、味のある駅である。

【大歩危峡】
3ooboke

 県道32号線は、吉野川の中流域に沿って走っている。
 ここで吉野川は、大歩危(「おおぼけ」と読む)という長大な渓谷となっており、風光明媚な光景を楽しめる。
 これを眺めながらの走行は気分のいいものであった。

【赤川橋】
5bridge

 かずら橋を典型として、吉野川水系は地形が厳しいため、簡易なつくりの吊り橋が多くかけられている。
 写真は吉野川の小歩危峡にかけられた木板渡しの簡素な吊り橋、赤川橋。
 なんでも地元の山林王の赤川さんという人が個人でかけた橋だそうで、その後自治体に寄付されたものとの由来が書いてあった。
 現在は水道局が水源管理に使っているそうで、「観光客は渡ってもいいけれど、自己責任でお願いします」てな標識が立てられていた。
 とりあえず通ってはみたものの、橋自体の恐さでは、かずら橋のほうが上であった。でも渓谷の眺めはこの橋のほうが上であった。

【うだつの町】
7

 このあと三好市で東へ90度向きを変え、徳島市方面へ走ると、強い西風が追い風となり、自転車が走る走る。その勢いで行くと徳島市まで行きそうになってしまうが、途中で観光地があるので、いったん「うだつの町」に寄る。
 「うだつの町」は山間の静かな地であるが、以前はここが阿波地方の交通の要所であったため、商業が栄え、江戸時代当時の町並がよく保存されている。

【うだつ】
6udatu

 観光地「うだつの町」は、「うだつ」のたくさんある町である。
 じつは私はまったく知らなかったのであるが、「うだつ」とは建築物のことで、一階の屋根と二階の屋根の間に置かれた防火壁のことなのである。
 写真の赤矢印で示す漆喰の壁のことであり、これにより火災の際の類焼を防ぐことができる。
 「うだつ」は財産を守るために作るわけで、ということは財産がないと作る必要はなく、すなわち、うだつが上げられない。すなわち、ここから「うだつが上がらない」との言葉が生まれたそうだ。
 ここに来なければ、知ることもなかった「うだつが上がらない」の語源であった。

 ちなみに写真で示す家は、将棋の第十二代名人小野五平の生家。
 私の知る将棋史においては「無能の人」というイメージしかないけど、あとで調べなおすと近年は再評価の向きもあるそうだ。

【美馬市】
10miuma

 そのほか吉野川周囲の公園を走ったりしたあと、本日の宿泊は美馬市にて。
 ホテルに着くと自転車姿の私を見て、フロント係の人が「寒かったでしょう」と温かい缶コーヒーをくれた。
 今年の1月の四国って、じっさいとても寒かった。
 そして美馬は、山のなかの鄙びた地であり、なにもないところであった。
 近くに居酒屋を見つけることも出来ず、コンビニでコンビニ弁当を買い込み夕食とした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2012

徳島編(1) 琴平→三好→祖谷渓 59.8km


 四国で有名な所といえば、(1)足摺岬(2)祖谷渓谷の二つがまず挙げられるであろう。
 本日は祖谷渓谷を目指して出発。
 琴平からは県道32号線の坂を登って行く。

【道の駅 空の夢】
Photo

 坂の途中に道の駅があったが、そこに「二宮忠八飛行館」なる小博物館のごときものがあった。こんな山のなかになぜ飛行館?と思い興味を持ったが、館は閉っていた。それで二宮忠八なる人物の名前を頭の片隅に入れておいたが、のちに宇和島に行った際に寿司屋の会話でこの人物の名前が出て来た。
 私が「宇和島の有名な人物って、伊達宗城しか私は知らないんですけど、誰か他にいますか」とたずねると、「ここではないけど、近くの八幡浜が二宮忠八の出身地です」とのこと。「二宮忠八って、香川の人じゃないんですか? 記念館みたいなものがありましたけど」と私が言うと、「いや、八幡浜の人です。飛行機を日本で初めて設計した、郷土の誇りの人です」という答え。
 …四国じゃ、有名な人のようであった。

【県境:香川県側】
Photo_2

【県境:徳島側】
Photo_3

 猪の鼻峠のトンネルを越えたところで県境である。
 下の写真では逆光になっていて分かりにくいが、ここから徳島県である。けっこうな高さを登ってしまった。
 西日本に入ってからは、地形が平たくなっているため、東日本のような険しい県境はなくなっていたが、四国では、四国山地がまんなかにあるので、ひさしぶりにハードな県境であった。

【箸蔵寺】
6

5

 猪の鼻峠からは吉野川の岸、三好市まではずっと下りである。
 その途中に「箸蔵寺」があり、ロープウェイで簡単に上の寺まで登れるので寄ってみた。
 寺までつけば、境内は雪で埋もれている。
 季節は1月、そして四国山地は雪の積もる地なのである。
 …じつは南国高知のイメージが強すぎ、「四国は暖かいところ」と私は勝手にイメージしていたが、ぜんぜんそうではなかったことをこの後ずっと思い知らされた。

【祖谷口】
7

 三好市から祖谷渓谷にかけては、また登りが始まる。
 祖谷口から、祖谷渓谷沿いのくねくね道をひたすら登って行こう。

【祖谷街道】
8

 祖谷街道は祖谷渓谷を眼下に眺めながらのひたすらな登り道。
 ホテル祖谷温泉がいったんの峠になるはずだが、いつまでたっても着く気配がない。

【小便小僧】
9

 やがて祖谷名物、小便小僧がある。
 名物、とは書いたが、じつはこの像ってとても小さく、存在が分かりにくい。私はこの像の横を通りすぎたときは、なにやら小さな銅像があるなくらいに思っただけであった。ところが、少し行くと「小便小僧」という大きな看板があったので、その存在が判明。写真でいえば、中央に小さく写っているのが小便小僧である。

【ホテル祖谷温泉】
10

 祖谷街道の峠にホテル祖谷温泉がある。
 ここは祖谷温泉の源泉の宿で、ケーブルカーで渓谷の露天風呂に下りていくことでも全国的に有名だ。
 だから本当はここに泊まりたかったのだが、本日の目当ては「祖谷かずら橋」なのであり、そこまで行ってしまうと引き返すのが大変なので、今回はパス。
 (あとで地元に人に聞くと、今の時期は露天風呂はぬるくて入れたものじゃないからパスして正解だったよと言われた。源泉かけ流しの宿ゆえ、そういう事情もあるんだな)

【ホテルかずら橋】
16_2

 祖谷ホテルからはずっと下って行き、まずは本日宿泊の「ホテルかずら橋」に荷物を預け、自転車を軽くした。
 山の奥にあるホテルゆえ、自転車で来るような客は滅多におらず、女将は驚いていた。

【祖谷かずら橋】
11

 ホテルからは少々の登りを経て、ようやくたどり着きました、祖谷かずら橋。
 日本三大奇橋の一つであり、徳島県の名所である。

【かずら橋を渡ってみる】
18

12

 橋まで来れば渡らねばならないが、この橋、渡し木の隙間がけっこうあり、高所恐怖症の人なんかは通るのは厳しいだろうな。
 それでもそのおかげで真下に祖谷渓の美しい流れを見ることが出来る。

【ホテルかずら橋 ケーブルカー】
13

 寒いなかでもこれだけ走り、橋も渡れば、汗もたっぷりかいているので、宿に着いたあとはすぐ風呂である。
 このホテルの露天風呂もケーブルカーを使う。こちらは祖谷温泉ホテルが渓谷に降りるのに対し、山の中腹に登って展望を楽しむもの。

【露天風呂】
14

 露天風呂からの眺めはなかなかのものである。
 祖谷渓谷に、中国山地。
 山には雪がうっすらと積もっている。

【夕食】
15

 予約のときに当宿は蕎麦がたくさん出ますがアレルギーは大丈夫ですかと聞かれたので、蕎麦は好物ですと答えた。
 だから、蕎麦がき、蕎麦稲荷、蕎麦豆腐、蕎麦揚げ、とかずらずらと出るのかなあと思っていたけど、蕎麦メニューはかけ蕎麦のみであった。ま、いいんだけど。
 このホテルの食事は蕎麦はメインでなく、山の幸シリーズが豊富なもの。山菜、野菜、川魚がたんまりと出て、しかも天婦羅、煮物の類いは出来立てのものがすぐ供され、しっかりした調理である。そして焼き物は目の前で炭火で焼いてくれたりもする。山のなかの宿にしては、そうとうにレベルが高かった。
 そして料理も良かったが、食事の途中に食事処に女将が現れ、祖谷の民謡も歌うとか、ベタなサービスもよかった。

 このホテルは気にいったので、また祖谷に来ることがあれば寄ってみようと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2012

香川編(3) 高松→坂出→琴平 56.9km


 香川人は朝昼夕三食うどんを食うということで、それにならって朝飯はうどんにしようと思い、しばし近くを散策するが、朝から開いているうどん屋を見つけることができず、どのうどん屋も、せいぜい9時くらいからが開店時間であった。
 香川人が朝からうどんを食うのというのは、ただの噂話であった、…というわけではなく、家で食っているのでしょうね。

 これが福島の喜多方のように、ラーメンを朝から食う食文化のあるところだと、朝からラーメンつくるのは一般家庭には無理だから、朝食食べにラーメン店に出かけるわけだが、うどんに関しては、家でもそこそこのものは作れるので、朝は普通に家で朝食うどん、ということになっているんだろうな、と思った。

【五色台展望所へ】
Photo

 本日は、香川県の名所「琴平」に宿泊を予定している。
 まずは県道16号線を坂出市に向かい、海沿いの道を走行。

【五色展望所】
Photo_2

 五色台展望所は、瀬戸内海に半島状に突き出ており、眺めのよいところなので、岡山から坂出までずらりと並ぶ瀬戸大橋群が見られるはずである。
 しかし本日は、冬なのに気温が高いせいで大気が霞んでおり、せっかくの晴天なのに橋群はぼんやりとしか見えなかった。

【瀬戸大橋郡】
14

 展望所ではあまりよく見えなかった橋群ではあるが、県道16号線をずっと走行して、坂出市に近づいたころは、さすがによく見えるようになった。

【昼食】
13

 朝食にうどんを食い損なっていたので、昼食はうどんにした。
 昼食の時間ころに、走っているそばに製麺所を見つけ、その隣にうどん店があり、そこで冷やぶっかけうどんを。

 このあと丸亀市方向に走ると、讃岐うどんの有名店「おか泉」の前を通ることになる。
 寄ってみようかとなと考えてはいたが、いざ前まで行ったらずらりと大行列が並んでいたため、あきらめた。

 丸亀市の手前で向きを南に変え、国道438号線を走り、琴平へと向かう。
 この途中、車道から歩道に入るさいの段差で前輪をとられ、転倒してしまった。
 それなりの速度は出ていたので、自転車から投げ出され、手のひらと右膝に擦過傷をおってしまった。
 長い自転車旅行で落車による怪我は十分にあり得ることであるが、さいわい走行に支障をきたすような怪我ではなかったのは、不幸中の幸いであった。

【旅館:琴平花壇】
12

 琴平温泉に到着。
 宿泊は老舗旅館の「琴平花壇」にて。
 『花壇』とつく旅館って、なにやらバブリーなイメージを持ってしまうが、普通に真っ当な旅館であった。

【露天風呂】
11

 琴平花壇の露天風呂は讃岐平野を一望でき、眺め、それに雰囲気よし。
 温泉好きな者として、四国では、温泉は琴平の後は祖谷と道後を訪れる予定である。四国の有名どころの温泉はたしかそれくらいだから、四国とは温泉巡りには便利なところではある。
 これが九州だと、温泉地の数たるや膨大なものだからなあ。

【金毘羅宮入り口】
Photo_3

 琴平といえば、金毘羅宮。
 ここは香川県なので、やはりうどん店がある。
 さて、名物の石段を登って行こう。

【名物石段】
Photo_4

 金毘羅宮の石段は、山の神社によくある、ひたすら苦行のごとく登っていくタイプのものではなく、周りに土産店なり、休憩所なりがあるので、ゆったりと観光気分で登れる。

【金のスクリュー】
Photo_5

 階段の途中にはいろいろと見ものがあり、その一つに巨大な金のスクリューがある。
山のなかに何故こんなものが?と思うが、金毘羅宮は海上交通の守り神なので、こういうものがあるそうだ。

【本宮への階段】
5

 金毘羅宮は本宮まで785段の石段を登って到着。
 さすがに人でにぎわっている。

【本宮からの眺望】
7

 金毘羅宮本宮からは讃岐平野を一望することができる。
 讃岐平野に、そして形よき讃岐富士。

【奥の院】
8

 785段登って本宮まで着いて、で終了というわけではなく、階段にはまだ続きがあって、階段頂上の奥の院まではあと583段残っている。
 金毘羅宮の石段は、本宮までは高齢の方もたくさん登っていたが、さすがに奥の院に続く階段ではほとんど見かけなかった。

 さて、合計1368段の階段を登って奥の院に着くと、そこは予想に反して琴平山の山頂でなかった。
 だから山頂に行く山道がどこかにあるかと思い、しばし探し、それらしい山道を進んでいくも、どんどん下っていくので、それ以上進むのは諦めた。

【琴平花壇 夕食】
9

95

 石段を登って、下って、汗をかき、温泉に入ってそれから夕食。
 琴平花壇では夕食のメニューはいくつもあり、そのなかから選ぶようになっている。香川の名物は、讃岐うどん以外には、「讃岐コーチン」「讃岐豚」「讃岐牛」だそうで、なんでも「讃岐」ってつければいいもんでもなかろうにと、他県民は思ったりするのだが、とりあえず讃岐コーチンコースにしてみた。

【鍋に満月】
10

 「讃岐コーチンコース」は、カルパッチョ、石焼き、はす蒸、鍋と出てきた。
 まあ、普通に美味しい鶏であります。
 そして今夜御馳走は鶏に加えて、讃岐平野を照らす満月。
 写真の右側の小さな円がお月様で、一人窓際のカウンターでもくもくと鍋を食っている私に、静かで美しい風景を見せてくれるのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2012

香川編(2) 高松市 讃岐うどんサイクリング 60.2km


【土庄港】
Photo

 土庄港。
 四国側からはこの港が小豆島の入り口である。
 歓迎文が、英語・ハングル・中国語2種で書かれており、外国の人がけっこう訪れるみたいであった。

【高松市】
Photo_2

 フェリーで進むうち、高松市が見えて来た。高層建築が立ち並び、けっこうな規模の都市のようである。

 予定としては淡路島経由で四国は徳島に上陸のはずであったが、結局はまったく違うルートにて四国上陸となった。臨機応変というか、行き当たりばったりというか、とにかく何とかなるものである。

 さて、香川といえば讃岐うどんの聖地である。
 自転車使って、讃岐うどんツアーをやってみよう。

【うどんバカ一代】
Photo_3

Photo_4

 高松市内の有名なうどん店ということで、まずは「うどんバカ一代」から。
 なんとも素敵なネーミングの店である。
 うどんは、いかにも讃岐うどんという感じの、腰の強いというか固いうどん。歯ごたえあります。

【穴吹製麺所】
Photo_5

Photo_6

 次は「ディープ」なことで有名な「穴吹製麺所」。
 この店、郊外のなんの目印もないような辺鄙なところにあるため、たどり着くのが大変との評判がある。
 たしかに細い農道の奥にあるので、自動車だと大変だとは思うが、そこは自転車の機動性を生かしてあっさりと到着。

 ここのうどんは、柔らかめで、そのぶん小麦粉の味がよく分かる、「腰より味」という感じのうどんであった。
 テーブルの上の大きな鍋のなかには、天ぷらがたくさん入っています。

【むぎ尾】
Photo_7

 172号線を走り、人気店の「池上製麺所」に行こうとしたら、50人以上の大行列だったので素通りし、その少し先にあった「むぎ尾」に入った。
 ここは、うどん専門店ではなく、蕎麦もやっており、田舎の定食屋という雰囲気の店であった。
 うどんもそんな感じの、標準的弾力と固さ。

【はな庄】
Photo_8

Photo_9

 むぎ尾の次は、東へと向きを変え、県道13号線を走り、人気店の「もり家」に行こうとしたが、ここも大行列であったので、途中で一軒看板を見かけた「はな庄」へと戻った。

 ここのうどんは、非常に気に入りました。
 写真でも分かるように、見た目は艶やかで、瑞々しく、たいへん美しい。
 そして食べてみれば、ぷるんぷるんと弾け、そして咽越しはなめらか。
 これは本場でしか食べられないたぐいの、完成度高い讃岐うどんに感じられた。

 さて、4軒続けて、「冷やぶっかけうどん」を食べて来たら、なにやら胃に違和感を感じだした。
 胃が冷ややっこいというか、胃に限局して寒さを感じるのである。
 これは胃を温めないと、と思い、次はかけうどんを食べることにした。

【やました】
Photo_10

 讃岐うどんの弾力は冷やで食べるが分かりやすいとは思うが、かけうどんでも、それなりにしっかりした弾力を楽しめるのであった。

【山田家】
Photo_11

Photo_12

 讃岐うどんサイクリング、最後の〆は有名店の「山田家」で。
 この店は、今までの店とは少々違っており、観光客メインでやっているような感じであった。
 外見も、店の中も「うどん高級店」という雰囲気で、そして値段も高めの設定である。
 うどんは普通に美味しかった。


 讃岐うどん、6軒回ったところで、終了。さすがに満足した。
 香川といえば、県内各地の名店を巡る讃岐うどんツアーが名物であるけど、店の多くは駐車場がないような小さな店であり、車を使うとけっこう不便であると思う。
 その点、自転車を使えば、機動性はあるし、駐車場の心配はいらないし、しかも食べた分のカロリーを自転車を漕ぐことによって消費できるので、食べる量を増やすことができる。すなわち、訪れる店を多くすることが出来る。
 というわけで、讃岐うどんツアーをする人には、是非ともサイクリングを勧めます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2012

香川編(1) 姫路港→小豆島土庄 64.8km


【朝食】
1

 姫路のホテルの朝食は、コンビニおにぎりに味噌汁、サラダバー。食い放題なのではあるが、なんか力がつかない感じの朝食。

【姫路港】
Photo

 四国へは小豆島経由でフェリーを使って渡ることになる。
 小豆島って、「二十四の瞳とオリーブの島」ということくらいしか予備知識がないのだが、まあとりあえず、なにを見て何処に行くかは、島に上陸してから考えよう。 

【小豆島】
Photo_2

 池田港から小豆島に上陸。
 1月ゆえ寒いので、サイクリストはまったく見かけない日が続いていたが、同じ船でカップルのサイクリストが一組乗っていた。さらに島を走るうち、もう一組のサイクリストも見かけた。小豆島は自転車乗りに人気のある島のようであった。

【六角燈台】
Photo_3

Photo_4

 海岸線に沿って走って行き、地理的に六角鼻の燈台に行けば、最も眺めがいいであろうと思ったが、通行止めの標識。
 少々の周り道をして、六角燈台へと到着。

【二十四の瞳 記念館】
Photo_5

Photo_6

 小豆島に来て初めて知ったが、ここはずいぶんと名物の多い島であった。予算的にたぶん一人立ちしているであろうと思われるほど、産業の活発なところであった。
 しかし、結局、小豆島の名物といえばまずは「二十四の瞳」なわけで、ここは外せない。
 小さな半島の突端部近くに、「二十四の瞳」の記念館があり、映画で使われた、学校校舎が当時のままの姿で保存されていた。

 …この木造の校舎に机、懐かしいなあ。

 私が小学生のときは、まだこれだった。廊下はギシギシいってたし、雨漏りはするし、そして机もでこぼこしていたから、下敷きなしでは紙に鉛筆書もできなかった。

【オリーブ園】
Photo_7

 小豆島の次いでの名物はオリーブ。
 山の中腹にあるオリーブ園を訪れた。エーゲ海を臨むギリシャの地に模した風景にしているそうだが、本場のカラカラした風景に比べると、瀬戸内の地は、ずいぶんとwetで、そして優しい。

【マルキン醤油】
Photo_8

 この後は小豆島南端の土庄港まで走行。そこからフェリーに乗ればさらりと四国に渡れるのだが、それも味気ないので、本日は小豆島にとどまり、土庄町の民宿に宿泊とした。

 さて、私が小豆島を訪れての印象といえば、「醤油のにおいの濃い島だなあ」ということ。町のいたるところから醤油の匂いがして、そして醤油工場に加え、佃煮工場もたくさんある。
 海産物と、水と、塩と、それらの良質なものが多くそろっている豊かな島なのである。
 あと、離れ小島のくせして、やけに野生の獣が多いことも印象的。猿とか猪とかどうやって海を渡って来たのであろうか?

【夕食】
Photo_9

 民宿での夕食は例のごとく、全部の料理が一斉に並べられている。
 造り・茶碗蒸し・鯛の兜煮・海老と野菜の天婦羅・煮麺・ワタリガニ・牛肉しゃぶしゃぶ・真名カツオ味噌和え・海鼠酢和え、である。
 とにかく温かいものからと、煮麺、茶碗蒸し、天婦羅から始め、造り等はあとで、という感じで進め、食の感覚が揺らいでしまうような感じであった。
 それでもなんとか完食。量が多いので、これを片付けるのに、酒も多くの量が必要となり、たらふく食って飲んで疲れてしまった。
 民宿の食事って、いつもこのパターンだなあ。

 ところで明日は香川うどん県に上陸し、讃岐うどんを食べ歩く予定なんだが、世間では成人の日の連休となっている。
 それで、人気店は行列は必須であり、店によっては入れない可能性がある。それで、臨機応変に食べ歩くべく、計画を練ることにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2012

兵庫編(8) 淡路島→明石→姫路 82.2km


【朝食】
Photo

 チャイニーズオーベルジュホテルの朝食は、中華点心みたいなものが出て来るのかなあと漠然と予想していたが、厚切りトーストのタワーであった。
 昨日のビジネスホテルに続き、二日続けてのトーストである。
 ひょっとして淡路島は、トースト文化?

【枯木神社】
Photo_2

 淡路島に渡ってからは強風吹きすさぶ日が続いていたけれど、本日は穏やかな天候であり、空もきれいに晴れている。
 海岸線に沿って快適なサイクリング。
 その途中に「枯木神社」なる神社あり。
 ちっぽけな神社であるが、由緒は正しく、推古天皇の時代にこの海岸に香木が流れ着いたことから、香木を御神体として祀った神社であり、日本書記にその記事が載っている。その香木は、日本で最初に発見された香木だそうだ。
 しかし、香木って東南アジアが原産地であるのだけど、そんな遠くから、九州、瀬戸内海の島々でトラップされずに淡路島に流れ着くのは無理がありすぎ、…まあその神秘性も兼ねて御神体となってのでしょうかね。

【震災記念公園】
2

Photo_3

 淡路島は阪神大震災で大きな被害を受けたのであり、そのときの被害の様を記憶として残すべく、当時被災した建物を現状の形で保存している。
 多くの建物が倒壊したなか、この家は当時の建築基準を遥かに上回る強度で建てられており、震源直上にあったのに、微妙な壊れ加減で済んだ。

【野島断層】
Photo_4

 地震の力そのものを、視覚的に実感させてくれる断層。
 阪神大震災時に地面が割れたわけだが、その地層のズレが保存され、天然記念物となっている。
 写真のごとく、0.5mの高さで二段に地面がずれている。

 この0.5mのずれで、関西ではあれだけの被害を受けたわけだが、東日本大震災では海底で50m以上も地層がずれたのだから、いかに東日本大震災が桁外れの規模の天災だったかが分かる。

【明石大橋】
Photo_5

 晴天のもとを海岸線に沿って走行を続けるうち、明石大橋が大きく見えてきた。
 ここまで来れば淡路島一周もゴールは近い。
 淡路島一周は、眺めも変化に富んでおり、名所も多く、また車も少なくて自転車が走りやすいことから、関西屈指の人気サイクルコースとなっているわけが走ってみてじつによく理解できる。

【明石焼き】
4

 淡路島を一周して、明石港へと戻る。
 明石といえば、名物は明石焼き。
 昼食は港近くの店「今中」で、明石焼きを一枚。
 あつあつ、ふわふわ、とろーり、と食えば思わずにんまりとする美味しさ。
 数は20個と多く、みな同じ味付けだから食ううち飽きそうにも思えるが、じつは時間とともに食感と味が変わるから、まったく飽きのこない美味さ。
 これはビールのツマミとしても合うだろうので、ぐいっと飲みたい気分だったが、あと30kmほど走らないといけないので、自粛。
              
【姫路のおでん】
Photo_6

 本日は姫路市に泊。
 12月に一度泊まっており、ここにまた寄る予定はなかったのだが、小豆島経由で四国に行くには姫路港に来る必要があるのだ。
 宿泊したホテルのエレベーターに「姫路は、『姫路おでん』の町です」てなポスターが貼ってあった。
姫路では『姫路おでん』なるものが名物とは知らなかったので、今夜はそれを食うことに決めた。

 フロントにあった案内表に従い、宿に近いおでん屋を順に訪れるが、いずれも満席であり、姫路はさすがおでんの町と感心した。
 そして三軒目の店「十七八」が席が空いていたので、ここでおでんを食う。
 そのおでんは、きちんとした素材を、きちんとした出汁でじっくり煮込む、極めて真っ当なおでんである。美味いのは確かだが、これのどこが『姫路おでん』なのかよく分からず、そのポイントを聞いてみたら、この店は普通のおでん屋なのであった。
 なんでも、『姫路おでん』は生姜醤油をかけて食うのが特徴なのであり、しかしそうするとどれも全部同じ味になるので、「十七八」ではしていません、とのことである。
 「十七八」は創業80年にもなる老舗おでん屋であり、現在は三代目となる70代と思える陽気な女将が店主である。その女将と話しているうち、端で飲んでいた常連の人と旅の話で盛り上る。その人は、30年以上も前にNHKのシルクロード特集の撮影に現地スタッフとして同行した経験があり、じつにいろいろと興味深い話を聞かせてもらった。

 姫路は、姫路城を工事で見損ねていたので、再建なったときはまた来ようと思っているが、その時は是非来てくださいと女将に言われたので、この美味いおでん屋にはいずれまた来てみようと思った。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2012

兵庫編(7) 淡路島南部 84.44km 


 洲本から南下。
 本当は鳴門岬から四国に渡る予定であったのだが、なんとその手段がないことが判明。てっきりフェリーがあるものと思っていたら、鳴門大橋開通にてとっくの昔にフェリーは廃止。ならば高速バスだと思ったが、徳島→淡路島→関空側ではそれが可能だが、淡路島→徳島→関空側では、淡路島にバスは止まらないのである。路線バスはさすがに淡路島には止まるが、大きな荷物を路線バスに積み込むのは迷惑行為に思える。
 いざとなれば、タクシーかレンタカーという手もあるが、それは最終手段みたいなものである。
 しょうがないので、淡路島を一周して本州に渡り、仕切りなおす方針とする。

【UFO神社】
Ufo

 淡路島の南半分は、凹凸の激しい山間ルートあり、フラットな海岸線ルートありで、変化に富んだサイクルコースであった。
 山間部には、「UFO神社」なるUFOを(たぶん)御神体とした、怪しげな神社があった。B級スポットのにおいのぷんぷんする施設であるが、怪しすぎたので、そのまま素通りする。

【モンキーセンター】
Photo

 山間部をいったん下っていった底あたりにモンキーセンターがある。
 ここからは海を眺めながらのサイクリングだ。

【ゆーぶる温泉近く】
Photo_2

 海岸線沿いの道も、適度なアップダウンがあり、走っていて楽しいところである。

【淳仁天皇淡路陵】
Photo_3

 淡路島一の有名人、淳仁天皇の御陵。
 天武天皇の孫である。
 道鏡騒ぎ、恵美押勝の乱など、政治の乱れまくった時代に生き、権力闘争に負けて淡路島に流され、ここで生涯を遂げた。
 昔は淡路島は辺境の地であり、島流しの舞台だったのである。
 それから1000年以上の時が流れ、淡路島は本州と陸続きとなっている。

【鳴門岬】
Photo_4

 鳴門岬までやってきて、鳴門大橋を望む。
 鳴門といえば渦潮。それで、名物渦潮が見られるかなあと思ったが、残念ながら、なし。(あとで分かったが、渦潮は主に四国側の現象なのであった)
 さて、ここまで来れば、四国は目の前なのだけど、自転車でこの橋は越えられないので、引き返すことにする。悔しきかな。

【チャイナガーデンホテル】
Photo_5

 鳴門岬から淡路島の西側を走行し、本日宿泊は播磨灘に面した丘のうえのホテル。
 オーベルジュとのことであり、勝手に海鮮系料理を出す宿と思っていたら、看板には台湾料理と書いている。こんな島のオーベルジュにしては珍しいパターン。
 いかなる理由によるものかと思っていたが、単にオーナーが台湾の人というわけなのであった。

【テラス】
5

 けっこう大規模なホテルであり、駐車場に自転車を止めておいたら、ホテルのテラスに止めたほうがよいであろうとそこへ案内される。
 このホテルは淡路島の西側の中間点にあるので、淡路島をサイクリングする人たちがよく利用し、自転車の扱いに慣れているのであった。
 ただし、こんな真冬にサイクリングしている者などほとんどおらす、本日の宿泊者は私一人であった。

【夕食】
Photo_6

 夕食は中華のフルコース。(それしかないのだ)
 ハム盛り合わせ、上湯、揚げ巻き、海老揚げ、スーパイコ、八宝菜、炒飯、杏仁豆腐、という、いかにもという感じの中華フルコースである。
 中華料理のコースとはたいてい量が多いが、やはり多く、これに赤ワイン一本開けると腹いっぱいとなり、サイクリングの疲れもあり、さっさと就寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2012

兵庫編(6) 神戸市→明石港→淡路洲本市  60.2km


 神戸の次は、淡路島を経由して、四国に渡ることにしよう。
 まずはフェリーの出航している明石港を目指すことにする。

【明石大橋】
Photo_2

 これを見るのは2回目だけど、日本の建設技術を世界に誇っていいような建物であるなあ。

【明石港】
Photo_3

 さて、明石港からは有名な「たこフェリー」が出ているはずだが、明石港に着くと、看板で示すように廃止になっているようだ。
 明石大橋開通ののち、たこフェリーが廃止になっていたのは知っていたけど、そののち再開されたとかの話を聞いていたのであるが、結局廃止のままだったのか。
 …ただ、たこフェリーが廃止だと、自転車で淡路島に渡すすべはないはずで、焦ってネットで調べると、ジェノバラインという客船は自転車搭乗可だそうで、ほっとした。

【チーロ】
Photo_4

 予定を変更して、ジェノバラインに乗って淡路島に渡ることにしたが、その前に淡路港に用事がある。
 以前神戸に住んでいた人から、明石に行ったら、港近くのイタリア料理店「チーロ」のピザが絶品なので、是非食べてみることとのアドバイスをFacebookで受けていたので、寄ってみた。
 ピザ・マルガリータを、眼前の瀬戸内海と明石大橋を眺めながら昼食。モチモチと爽やかな柔らかさの生地のピザで、たしかにこれは絶品ものの美味さであった。
 ただし、50人は入るような大箱の店だったのに、ランチタイムに客が私一人しかいないのは、たこフェリー廃止が影響しているんだろうなあ。

【ジェノバライン】
Photo_5

Photo_6

 明石港からはジェノバラインの高速フェリーで淡路島の岩屋港へ。
 高速フェリーというだけあってさすがに速く、快適である。
 …とはいえ、このフェリー、車は乗れない。
 淡路島へ渡る車は、船を使う選択肢はないので、強制的に明石大橋を使わねばならないわけだが、なんか変である。

【淡路大観音】
7

 岩屋港から海岸線に沿って自転車を走行すると、高さ100mはある大観音に遭遇。
 不思議物件のにおいがぷんぷんする、怪しい建造物であったが、その一帯は廃墟みたいなことになっており中に入れそうになかったので、そのままパスする。

【明日の朝食】
Photo_7

 淡路の宿は洲本のビジネスホテルにて。
 このホテル、チェックインしたときに、「朝食は冷蔵庫に入ってますのでご自由にどうぞ」とのことだったので、冷蔵庫を見てみたら、食パン2枚にサラダであった。ヨーロッパのホテルはこういうパターンが多いが、日本だとバイキングが主流なのでかえって新鮮だった。

【夕食】
Photo_8

 ホテル周辺で居酒屋を探すが、なにもなかったので、ホテル附属のレストランにて適当にツマミを頼みつつ、生ビールを飲む。
 淡路島の名物って何だろうと思って聞いてみるが、…玉葱だそうですね。
 玉葱は好きな食材だし、たしかにメニューにも堂々と乗っているが、外食で食う気もせず、普通に定番の豆腐と刺身で飲むのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2012

兵庫編(5) 京都市→神戸 71.1km


【朝食】
Photo_7

 正月3日、ホテルグランヴィアの朝食といえば、ホテルといえどやはり御節と雑煮である。
 御節は最強の酒の肴でもあるため、朝からこれで一杯やりたいところであるが、本日は自転車に乗らねばならないので自粛。

【東寺】
Photo_8

 駅前から東寺の前を通る。
 ここも正月の飾り付けである。

 京都から国道171号線に入り、だらだらした下り道を走るうち、70kmくらいで神戸市に到着。
 神戸と京都ってずいぶん近いんだな。

【夕食】
Photo_9

 3日間御節を食ってたので、そろそろ正月気分をリセットと思い、宿近くのジャディアンというカレー店でキーマカレーを食った。ほどよくスパイスの利いたカレーにインドの漬物を絡めて食べるスタイル。
 スッキリした刺激で、なんだか胃袋がしゃっきっとした気分となりました。
 古いCMの、「御節もいいけど、カレーもね♪」という言葉は、なかなかに正しいのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2012

京都編(10) 京都市

【御節料理】
Photo_2

 正月2日目の朝。
 柊家の御節料理。
 祝肴は、鯛の姿焼き、はじかみ、赤飯、黒豆、田作り、数の子、たたき牛蒡、結び真丈。
 新年を迎え、京都の老舗料理で御節を食う、幸福感と充実感を感じながら酒を飲む。

【雑煮 白味噌】
Photo_3

【雑煮 お澄まし】
Photo_4

 雑煮は京都名物白味噌とともに、所望すればお澄まし仕立てのものも出て来る。
 このお澄ましは、京料理ならでは澄み切った出汁が自慢の逸品。

【京都駅】
5

 柊家をチェックアウトしたのちは、本願寺に寄ったのち、京都駅へ。伊勢丹のデパートをうろついたのち、グランヴィアにチェックインして、昼食をホテルのイタリアンレストラン「ラ・リサータ」で。
 さすがに4日純和食が続くと、洋飯が食いたくなる。
 ただし正月に普通のレストランは開いていないので、ホテルのレストランとした。

【ラ・リサータ】
Photo_5

 眺めのいいレストランであったが、料理も普通に美味しいものであった。
 グランヴィア内のレストランはどれも実力派そろいとのことで、機会があれば他のところも試してみたいものだ。

【夕食】
Photo_6

 夕食は、ホテルの部屋で、伊勢丹地下の朽木旭屋で買った鯖寿司をアテに酒など飲む。
 この鯖寿司、好きなんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2012

京都編(9) 京都市(柊家) 元日

【御節】
Photo

【雑煮】
Photo_2

 年が明けて平成24年の元日元旦である。
 御屠蘇を飲んだのち、いかにもめでたそうな御節料理を肴に酒を飲み、そして京都名物の白味噌仕立ての雑煮を食う。
 こういう朝を迎えると、京都の正月だな~と、しみじみ感じます。

【清水寺】
Photo_3

 晴鴨楼の近くには清水寺があるので、まずは清水寺へと行ってみた。
 神社と違って、元日の寺はあんまり人はいない。

【八坂神社前交差点】
Photo_4

【八坂神社】
Photo_5

 続いては、昨夜行き損ねた八坂神社へと行く。
 昨夜ほどではないが、さすがに人は多い。
 人ごみを掻き分けて、賽銭箱へと到達し、お参り。

【春日神社】
Photo_6

 さらに、西院の春日神社へと初詣に行く。
 名だたる神社が多々ある京都において、この神社はマイナー系に属するが、吉田神社は交通安全の神様を祀っているところである。
 ならば日本縦断サイクリン中の私としては、ここは行っておくべきだろう。
 というわけで行ってみたわけだが、…マイナー系神社のわりには大賑わいである。
 世には交通安全祈願の人が多きかな、といったところか。

【柊家玄関】
Photo_7

 元旦の宿は、一昨日に泊まった柊家にまたも戻って来た。
 門松、注連縄、日章旗がお出迎え。

【柊家 部屋】
Photo_8

 元旦ゆえ奮発というわけでもないのだが、部屋は二階の広めの部屋。
 柊家らしいクラシカルな部屋であり、京都の伝統というものを実感いたします。

【庭】
Photo_9

 庭は紅葉の終わりかけであり、枯淡を感じさせる静けさに満ちている。
 柊家の庭も、京都の旅館を代表する名庭である。

【夕食】
Photo_10

 柊家元旦の料理は、いつにもまして華やかなもの。
 八寸には、伊勢海老もあり、色彩豊かな、正月の喜びを表す美しいもの。

 新しき年の初めの元日の夜は、ただただ、美味いものを食って、美味い酒をだらだらと飲んで、精神を思いっきり弛緩させて、…これからの活力を養うことにするか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | April 2012 »