« 徳島編(1) 琴平→三好→祖谷渓 59.8km | Main | 徳島編(3) 美馬→阿波土柱→神山温泉+「壺中庵」 49.7km »

January 11, 2012

徳島編(2) 祖谷渓→大歩危→三好→美馬 78.1km


【朝食】
1

 ホテルかずら橋の朝食は、夕食同様に囲炉裏端にて。
 冬はこれがけっこうあったまってよろしい。
 朝食後、寒いなか自転車で出発。
 女将さんと番頭さんからお見送りのときに「また来てください。今度は車でいいですよ」と言われた。
 この界隈はかずら橋以外にも、剣山という名所があるので、また訪れてみたいものである。…さすがに今回は何の装備も持参してないので、登るのは無理だし。

【祖谷渓入り口】
2

 秘境祖谷渓を訪れるには県道32号線からは、祖谷口から祖谷街道を通るのと、大歩危駅方向から県道45号線を通って行く二つのルートがある。
 入るときに祖谷街道を使ったので、出るときは県道45号線を使った。どちらもアップダウンの激しいルートである。アップを終え、ひたすら下ったところに、茅葺のゲートがあった。いかにも秘境祖谷渓への入り口という構えである。

【大歩危駅】
4station

 県道45号線が32号線に入るくらいのところに大歩危駅がある。
 鉄道マニアが好むような、山間の小駅というたたずまいの、味のある駅である。

【大歩危峡】
3ooboke

 県道32号線は、吉野川の中流域に沿って走っている。
 ここで吉野川は、大歩危(「おおぼけ」と読む)という長大な渓谷となっており、風光明媚な光景を楽しめる。
 これを眺めながらの走行は気分のいいものであった。

【赤川橋】
5bridge

 かずら橋を典型として、吉野川水系は地形が厳しいため、簡易なつくりの吊り橋が多くかけられている。
 写真は吉野川の小歩危峡にかけられた木板渡しの簡素な吊り橋、赤川橋。
 なんでも地元の山林王の赤川さんという人が個人でかけた橋だそうで、その後自治体に寄付されたものとの由来が書いてあった。
 現在は水道局が水源管理に使っているそうで、「観光客は渡ってもいいけれど、自己責任でお願いします」てな標識が立てられていた。
 とりあえず通ってはみたものの、橋自体の恐さでは、かずら橋のほうが上であった。でも渓谷の眺めはこの橋のほうが上であった。

【うだつの町】
7

 このあと三好市で東へ90度向きを変え、徳島市方面へ走ると、強い西風が追い風となり、自転車が走る走る。その勢いで行くと徳島市まで行きそうになってしまうが、途中で観光地があるので、いったん「うだつの町」に寄る。
 「うだつの町」は山間の静かな地であるが、以前はここが阿波地方の交通の要所であったため、商業が栄え、江戸時代当時の町並がよく保存されている。

【うだつ】
6udatu

 観光地「うだつの町」は、「うだつ」のたくさんある町である。
 じつは私はまったく知らなかったのであるが、「うだつ」とは建築物のことで、一階の屋根と二階の屋根の間に置かれた防火壁のことなのである。
 写真の赤矢印で示す漆喰の壁のことであり、これにより火災の際の類焼を防ぐことができる。
 「うだつ」は財産を守るために作るわけで、ということは財産がないと作る必要はなく、すなわち、うだつが上げられない。すなわち、ここから「うだつが上がらない」との言葉が生まれたそうだ。
 ここに来なければ、知ることもなかった「うだつが上がらない」の語源であった。

 ちなみに写真で示す家は、将棋の第十二代名人小野五平の生家。
 私の知る将棋史においては「無能の人」というイメージしかないけど、あとで調べなおすと近年は再評価の向きもあるそうだ。

【美馬市】
10miuma

 そのほか吉野川周囲の公園を走ったりしたあと、本日の宿泊は美馬市にて。
 ホテルに着くと自転車姿の私を見て、フロント係の人が「寒かったでしょう」と温かい缶コーヒーをくれた。
 今年の1月の四国って、じっさいとても寒かった。
 そして美馬は、山のなかの鄙びた地であり、なにもないところであった。
 近くに居酒屋を見つけることも出来ず、コンビニでコンビニ弁当を買い込み夕食とした。

|

« 徳島編(1) 琴平→三好→祖谷渓 59.8km | Main | 徳島編(3) 美馬→阿波土柱→神山温泉+「壺中庵」 49.7km »

自転車旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 徳島編(2) 祖谷渓→大歩危→三好→美馬 78.1km:

« 徳島編(1) 琴平→三好→祖谷渓 59.8km | Main | 徳島編(3) 美馬→阿波土柱→神山温泉+「壺中庵」 49.7km »